本田 卓 (Takashi Honda)

写真a

所属

岩手大学  教育学部  数学教育 

職名

准教授

研究室住所

〒020-8550 岩手県 盛岡市上田三丁目18-33

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

非線形関数解析, バナッハ空間の幾何学

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    九州大学   医学部   医学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年03月

    京都大学  経済学研究科  経済システム分析専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    2009年03月

    東京工業大学  情報理工学研究科  数理計算専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  修士(経済学)  2004年03月23日

    学位の分野 : 理論経済学

  • 東京工業大学 -  博士(理学)  2009年03月26日

    学位の分野 : 解析学基礎

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    岩手大学   教育学部   数学教育   准教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年08月
    -
    2010年07月

      台灣國立中山大學   研究員

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 解析学基礎

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 20世紀以降の解析学 バナッハ・タルスキーのパラドックス [一般・高校生向け]

    講義の概要

    宮城県気仙沼高校(2012年)での出張講義
    岩手県立水沢高校SSH岩手大学研修の講師

  • 最適化理論に使われる数学 [一般・高校生向け]

    講義の概要

    岩手県立水沢高校SSH岩手大学研修の講師

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2012年度

    解析学特論Ⅰ

  • 2012年度

    解析学Ⅲ

  • 2012年度

    微分積分学Ⅰ

  • 2012年度

    解析学特別講義

  • 2012年度

    解析学Ⅳ

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2012年度

    卒業研究指導(学部):3人

    学位論文審査(学部・主査):3人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):2人

  • 2013年度

    研究指導(修士・主任指導):1人

  • 2014年度

    卒業研究指導(学部):2人

    学位論文審査(学部・主査):2人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

  • 2015年度

    卒業研究指導(学部):1人

    学位論文審査(学部・主査):1人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):1人

  • 2016年度

    卒業研究指導(学部):3人

    学位論文審査(学部・主査):3人

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Norm One Linear Projections and Generalized Conditional Expectations in Banach Spaces

    Takashi Honda and Wataru Takahashi

    Scientiae Mathematicae Japonicae   69 ( 3 ) 17 - 27   2009年01月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • Duality theorems and convergence theorems for nonlinear mappings in Banach spaces and applications

    Takashi Honda, Takanori Ibaraki and Wataru Takahashi

    International Journal of Mathematics and Statistics   6 ( S10 ) 46 - 64   2010年04月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • Nonexpansive retractions onto closed convex cones in Banach spaces

    Takashi Honda, Wataru Takahashi and Jen-Chih Yao

    Taiwanese J. Math.   14 ( 3 ) 1024 - 1046   2010年06月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • Strong convergence theorems and nonlinear analytic methods for linear contractive mappings in Banach spaces

    Jen-Chih Yao, Wataru Takahashi and Takashi Honda

    J. Nonlinear Convex Anal.   11 ( 3 ) 547 - 566   2010年12月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • Nonlinear projections and orthogonal decompositions in Banach spaces

    Takashi Honda and Wataru Takahashi

    Proceedings of the Sixth International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis     2010年12月  [査読有り]

    学会誌  共著・分担

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The asymptotic behavior of the orbits of nonlinear nonexpansive semigroups in Banach spaces

    口頭(一般)  Takashi Honda and Wataru Takahashi

    International Conference on Difference Equations and Application  (Kyoto university, Kyoto, Japan) 

    2006年07月
     
     

  • Nonlinear projections related to conditional expectations

    口頭(一般)  Takashi Honda and Wataru Takahashi

    Asian Conference on Nonlinear Analysis and Optimization  (Kunibiki Messe, Matsue, Japan) 

    2008年09月
     
     

  • Nonlinear projections and orthogonal decompositions in Banach spaces

    口頭(一般)  Takashi Honda and Wataru Takahashi

    The Sixth International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis  (Tokyo Institute of Technology, Tokyo, Japan) 

    2009年03月
     
     

  • Nonlinear retractions in Banach spaces

    口頭(一般)  Takashi Honda

    2009 Workshop on Nonlinear Analysis and Optimization  (National Taiwan Normal University, Taipei, Taiwan) 

    2009年11月
     
     

  • Nonlinear retractions in Banach spaces which concern conditional expectations and applications

    口頭(一般)  Takashi Honda

    Abstract Harmonic Analysis 2009  (National Sun Yat-sen University, Kaohsiung, Taiwan) 

    2009年12月
     
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • バナッハ空間における直交分解とその数学的諸分野への応用

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2013年04月
    -
    2018年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2013年度・ 1,950,000円・ 450,000円

    2014年度・ 910,000円・ 210,000円

    2015年度・ 910,000円・ 210,000円

    2016年度・ 650,000円・ 150,000円

    2017年度・ 390,000円・ 90,000円

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2011年10月
    -
    継続中
     

    日本数学会

  • 2012年05月
    -
    継続中
     

    国際教育学会

 

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2016年度 ⼀般財団法⼈ 理数教育研究所(略 称:Rimse)

    指導等の内容 :

    「算数・数学の⾃由研究」作品コンクールの出展作品の審査、講評。岩⼿県内の⼩学⽣・中学
    ⽣による出展作品から県代表作品の選定。

  • 2017年度 ⼀般財団法⼈ 理数教育研究所(略 称:Rimse)

    指導等の内容 :

    「算数・数学の⾃由研究」作品コンクールの出展作品の審査、講評。岩⼿県内の⼩学⽣・中学
    ⽣による出展作品から県代表作品の選定。

  • 2018年度 ⼀般財団法⼈ 理数教育研究所(略 称:Rimse)

    指導等の内容 :

    「算数・数学の⾃由研究」作品コンクールの出展作品の審査、講評。岩⼿県内の⼩学⽣・中学
    ⽣による出展作品から県代表作品の選定。

  • 2019年度 ⼀般財団法⼈ 理数教育研究所(略 称:Rimse)

    指導等の内容 :

    「算数・数学の⾃由研究」作品コンクールの出展作品の審査、講評。岩⼿県内の⼩学⽣・中学
    ⽣による出展作品から県代表作品の選定。

  • 2020年度 ⼀般財団法⼈ 理数教育研究所(略 称:Rimse)

    指導等の内容 :

    「算数・数学の⾃由研究」作品コンクールの出展作品の審査、講評。岩⼿県内の⼩学⽣・中学
    ⽣による出展作品から県代表作品の選定。

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 宮城県気仙沼高校(2012年)での出張講義

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 20世紀以降の解析学 バナッハ・タルスキーのパラドックス

    2012年10月
     
     
  • 岩手県立水沢高校SSH岩手大学研修

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : Banach - Tarski の定理

    2013年09月
     
     
  • 岩手大学教育学部附属中学校 2013年度「学びの森」

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 現代解析学の黎明

    2013年11月
     
     
  • 岩手県立水沢高校SSH岩手大学研修

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 最適化理論に使われる数学

    2014年07月
    -
    2014年09月
  • 蔵前工業会による小学生対象の理科教室「くらりか」の盛岡市立仁王小学校での公開授業の補助

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 浮沈子の教室

    2014年11月
     
     

全件表示 >>

国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    外国人受入れ(私費留学生を除く)

    交流機関・事業等名 :PIM

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :交換留学生受け入れ

  • 2020年度

    外国人受入れ(私費留学生を除く)

    交流機関・事業等名 :PIM

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :交換留学生受け入れ

他大学等の非常勤講師 【 表示 / 非表示

  • 岩手県立産業技術短期大学校

    数学の講師 (

    2020年04月
    -
    2020年09月

    )

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2013年度

    教職経験者10年研修講師
    「数学的思考の意味を、微分積分学を用いて考える」

  • 2014年度

    教職経験者10年研修講師
    「数学的思考の意味を、微分積分学を用いて考える」

  • 2015年度

    教職経験者10年研修講師
    「数学的思考の意味を、微分積分学を用いて考える」

  • 2016年度

    教職経験者10年研修講師
    「数学的思考の意味を、微分積分学を用いて考える」

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年度

    広報委員会

  • 2012年度

    学生委員会

  • 2012年度

    国際交流委員会

  • 2012年度

    [その他] 高校での学部紹介

  • 2013年度

    全学共通教育部門会議

全件表示 >>