濱上 邦彦 (HAMAGAMI Kunihiko)

写真a

所属

岩手大学  農学部  食料生産環境学科 

職名

准教授

生年

1982年

研究室住所

〒0208550 岩手県 盛岡市上田3-18-8

研究室

水環境工学研究室

研究室電話

019-621-6190

研究室FAX

019-621-6190

メールアドレス

メールアドレス

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 水環境工学

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年03月

    九州大学   農学部   生物資源環境学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2009年03月

    九州大学  生物資源環境科学府  生産環境課程専攻  博士課程  修了

  •  
    -
    2006年03月

    九州大学  生物資源環境科学府  生産環境科学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(農学)  2009年03月24日

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年10月
    -
    継続中

    岩手大学   ■廃止組織■   共生環境課程   准教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2011年09月

      愛媛大学   日本学術振興会特別研究員

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

      九州大学   日本学術振興会特別研究員

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 農業環境工学、農業情報工学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2012年度

    基礎数学入門

  • 2012年度

    情報基礎

  • 2012年度

    環境マネジメント実践学

  • 2012年度

    農村環境デザイン学演習Ⅰ

  • 2012年度

    水理学実験演習

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 掃流土砂による付着藻類の剥離動態に関する検討

    濱上邦彦,吉岡秀和,伊藤駿吾,土谷幹,辻村元男,吉岡有美,八重樫優太

    水利科学     2021年08月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • HJB and Fokker-Planck equations for river environmental management based on stochastic impulse control with discrete and random observation

    HidekazuYoshioka, MotohTsujimura, KunihikoHamagami, YutaYaegashi, YumiYoshioka

    Computers & Mathematics with Applications     2020年06月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • A primitive model for stochastic regular-impulse population control and its application to ecological problems

    Hidekazu Yoshioka Yuta Yaegashi Yumi Yoshioka Kunihiko Hamagami Masayuki Fujihara

    Advanced Control for Applications: ENGINEERING AND INDUSTRIAL SYSTEMS     2019年08月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Hamilton-Jacobi-Bellman Quasi-Variational Inequality arising in an environmental problem and its numerical discretization

    "HidekazuYoshioka,YutaYaegashi,YumiYoshioka,KunihikoHamagam

    Computers & Mathematics with Applications     2019年04月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Evaluation of the effect of soil moisture condition on crop bioelectrical potential

    Kozue Yuge, Mitsumasa Anan, Kunihiko Hamagami and Kosuke Hamada

    Acta Horticulturae     2016年03月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 閉鎖性水域における流動・水質モデルのパラメータ最適化に関する検討

    ポスター(一般)  濱上邦彦・葛城遥佳・原田昌佳・尾﨑彰則・田畑俊範・平松和昭

    農業農村工学会全国大会 

    2021年08月
    -
    2021年09月

  • 凹凸河床における流砂による付着藻類の剥離効果に関する実験的考察

    ポスター(一般)  伊藤 潤・濱上邦彦・土谷 幹・吉岡秀和

    農業農村工学会全国大会 

    2021年08月
    -
    2021年09月

  • Ambiguity-averse regime-switching modeling and estimation of algae bloom in river environment

    口頭(一般)  Hidekazu Yoshioka, Motoh Tsujimura, Kunihiko Hamagami, Yumi Yoshioka

    EMAC2019 (Engineering, Mathematics and Applications Conference) 

    2019年11月
     
     

  • アオコが発生する閉鎖性水域における流動・水質モデルの構築

    口頭(一般)  濱上邦彦・三上悠美

    農業農村工学会東北支部第61回研究発表会 

    2019年11月
     
     

  • 供給土砂による付着藻類カワシオグサの剥離動態の定量化

    口頭(一般)  土谷幹・濱上邦彦

    農業農村工学会東北支部第61回研究発表会 

    2019年11月
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 農業農村工学会賞 優秀論文賞

    2009年08月

    受賞者:  濱上邦彦,森健,平井康丸

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 気候・地理的要因による水環境特性に基づく閉鎖性水域の水質改善技術のハイブリット化

    基盤研究(B)

    代表者:  原田 昌佳   研究分担者:  平松 和昭, 濱上 邦彦, 尾崎 彰則, 田畑 俊範

    支払支給期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2018年度・ 7,280,000円・ 1,680,000円

    2019年度・ 5,590,000円・ 1,290,000円

    2020年度・ 4,550,000円・ 1,050,000円

  • 小規模閉鎖水域におけるアオコ発生予測および藍藻類短期挙動モデルによる制御法の検討

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2017年度・ 2,200,000円・ 660,000円

    2018年度・ 600,000円・ 180,000円

    2019年度・ 500,000円・ 150,000円

  • 水生植物の繁茂する閉鎖性水域における流動-水質予測モデルの構築

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2014年04月
    -
    2016年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2014年度・ 1,400,000円・ 420,000円

    2015年度・ 1,600,000円・ 480,000円

  • 水面が植物で覆われた閉鎖性水域における3次元流動-水質予測モデルの構築

    特別研究員推奨費

    支払支給期間:

    2010年04月
    -
    2011年09月

  • 水生植物の影響を考慮した水域内の流動現象の解明

    特別研究員推奨費

    支払支給期間:

    2008年04月
    -
    2010年03月

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 東日本大震災により被災した農地と自然環境の再生のための陸水循環の総合的評価

    財団等からの助成金

    資金支給期間 :

    2013年06月
    -
    2014年03月

    研究内容 :

    東日本大震災以降,地盤沈下を被った農地では高い塩分濃度にあり,復旧の障害となっている.このような農地の塩害対策を講じるため,現状の土壌の状態を把握し,陸水を供給する降雨や地下水涵養等の水循環の実態を把握し,その挙動を考慮した対策を講じる.

  • 三陸河口域における栄養塩負荷流出量の推定

    部局経費

    資金支給期間 :

    2012年10月
    -
    2013年03月

    研究内容 :

    集水域より流入した化学物質が,三陸沿岸部へ流れる河川においてどのように輸送されるのかを検討するため,水質と流量を測定し,沿岸域へ流出する種々の化学物質の負荷量とその変動特性を明らかにする.

  • WIND-INDUCED FLOW IN A CLOSED WATER BODY WITH FLOATING CULTURE SYSTEM

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2012年07月
     
     

    研究内容 :

    国際農業工学会国際シンポジウム2012に参加する.農業用貯水池の持続可能な水質管理技術の構築に資する研究として,Soil and Water Engineeringセッションにおいて『WIND-INDUCED FLOW IN A CLOSED WATER BODY WITH FLOATING CULTURE SYSTEM』というテーマで発表を行う.

  • 津波被災都市の復興ステージにおける貫流河川のレジリエンス評価に関する研究

    農業農村工学会東北支部東日本大震災復興助成

    資金支給期間 :

    2012年09月
    -
    2013年03月

    研究内容 :

    多くの津波被災都市では都市の中心部を河川が貫流しており,復興計画とともに,河川防災や利水に関する新たな水循環秩序の構築が急務である.治水とともに,土地利用の大規模な再編にともない,農業用水をはじめ,新たな利水需給システムの構築が求められることは確実である.本研究では,山-里-海に連なる被災都市のレジリエンス要因としての河川の洪水特性,利水能力,さらに水質を明らかにし,海域にまで影響を及ぼす新たな潜在能力の発掘を念頭に置き,流域の地覆状況の改善を含めた河川の価値の再評価と深化の方途を見出すことを目的とするものである.

  • 被災都市河川のレジリエンス評価をめざした白神基準の確立に関する研究

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2012年08月
     
     

    研究内容 :

    本研究では,山-里-海に連なる被災都市のレジリエンス要因としての河川の洪水特性,利水能力,さらに水質を白神基準と比較の上で明らかにし,海域にまで影響を及ぼす新たな潜在能力の発掘を念頭に置き,流域の地覆状況の改善を含めた河川の価値の再評価と深化の方途を見出すことを目的とするものである.

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本雨水資源化システム学会

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    農業農村工学会

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    2022年03月

    農業農村工学会   2022年度学会賞選考委員会専門委員

  • 2021年01月
    -
    2021年09月

    農業農村工学会   大会講演会運営委員会

  • 2018年10月
    -
    2019年03月

    農業農村工学会   東北支部賞審査委員

  • 2016年04月
    -
    継続中

    日本雨水資源化システム学会   評議員

  • 2015年04月
    -
    継続中

    農業農村工学会   東北支部代表幹事

全件表示 >>

 

国・地方自治体等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 東北農政局和賀中央農業水利事業所

    委員会等名 : 上堰幹線用水路尻平川サイホンの水理検討委員会

    役職名 : 委員

    2019年01月
    -
    継続中
  • 日本水土総合研究所

    委員会等名 : 和賀中央地区 技術検討会

    役職名 : 委員

    2018年02月
    -
    継続中
  • 国土交通省

    委員会等名 : 岩手ブロック公共工事等総合評価委員会

    役職名 : 委員

    2014年04月
    -
    継続中
  • 東北農政局

    委員会等名 : 皆瀬頭首工調査委員会

    役職名 : 学識経験者・専門家

    2013年05月
    -
    2014年03月
 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年度

    クラス担任

  • 2018年度

    附属動物医学食品安全教育研究センター運営委員会

  • 2013年度

    情報セキュリティ委員会

  • 2013年度

    教務委員会

  • 2012年度

    教務委員会

全件表示 >>