菊地 洋 (KIKUCHI Hiroshi)

写真a

所属

岩手大学  教育学部  社会科教育 

職名

准教授

研究室住所

〒020-8550 岩手県 盛岡市上田3丁目18-33

研究室

法学研究室

研究室電話

019-621-6518

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

憲法学, 人権, 多文化主義, 先住民族の権利, 法教育

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年03月

    茨城大学   人文学部   社会科学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年03月

    静岡大学  人文社会科学研究科  法律経済専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    2009年06月

    成城大学  法学研究科  法律学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 静岡大学 -  修士(法学)  2001年03月24日

    学位の分野 : 公法学

  • 成城大学 -  博士(法学)  2009年06月30日

    学位の分野 : 公法学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年10月
    -
    継続中

    岩手大学   准教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    2011年03月

      横浜市立大学国際総合科学部   非常勤講師

  • 2011年04月
    -
    2011年08月

      室蘭工業大学   非常勤講師

  • 2011年09月
     
     

      横浜市立大学医学部看護学科   非常勤講師

  • 2018年04月
    -
    継続中

      岩手保健医療大学   非常勤講師

  • 2018年10月
    -
    継続中

      盛岡誠桜高等学校保育士専攻科「こども未来学科」   非常勤講師

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 公法学

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 憲法入門 [一般・高校生向け]

    講義の概要

    初学者を対象に、「憲法とは何か」「人権とは何か」などを具体的な事例を用いて、わかりやすく説明します。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    社会科教育内容特論B(公民系)

  • 2011年度

    現代政治と公民教育

  • 2011年度

    法と人権実習

  • 2011年度

    現代人権論特別演習BⅠ

  • 2011年度

    法学特別演習Ⅱ

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2012年度

    卒業研究指導(学部):1人

  • 2013年度

    卒業研究指導(学部):1人

  • 2014年度

    卒業研究指導(学部):4人

    学位論文審査(学部・主査):3人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):1人

  • 2015年度

    卒業研究指導(学部):6人

    学位論文審査(学部・主査):6人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):1人

  • 2016年度

    卒業研究指導(学部):6人

    学位論文審査(学部・主査):5人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):1人

全件表示 >>

FD 研修・教育研究会における発表 【 表示 / 非表示

  • 社会科で求められる「公民的資質」とは―附属中と連携した授業実践報告―

    教育研究会名 : 第13回岩手県教育研究ネットワーク会員活動交流会

    開催年月 : 2017年05月

学生向けの課外活動・セミナーの実施 【 表示 / 非表示

  • 2015年度

    担当する「国政政治学」「人権と教育」の拡大版として、『平和について考えよう!』というワークショップを企画し、学生・教員と世代を超えた意見交流の場を設けた(実施日:2016年2月15日)

  • 2016年度

    学生の国際的な人権意識を涵養するために、アムネスティ・インターナショナル(盛岡)と『教養講座 グローバル社会と人権 ―国際的な人権保障を考えよう―』を企画・実施する(開催日:2016年7月2日)。

  • 2017年度

    教養講座―選挙啓発授業の実施
    盛岡市選挙管理委員会の要請を受け、2017年11月14日(火)に「選挙啓発授業」を実施。今回は、衆議院選挙の直後ということもあり、参加者は少数にとどまったが、選挙制度などについて、学生に理解を深める機会を提供した。

  • 2018年度

    教養講座―選挙啓発授業の実施
    盛岡市選挙管理委員会の要請を受け、2018年6月28日(木)に「選挙啓発授業」を実施。選挙制度や一票の大切さなど、学生に理解を深める機会を提供した。

  • 2019年度

    教養講座―選挙啓発授業の実施
    盛岡市選挙管理委員会の要請を受け、2019年6月27日(木)に「選挙啓発授業」を実施。選挙制度や一票の大切さなど、学生に理解を深める機会を提供した。

全件表示 >>

学生課外活動の指導(サークル等の顧問等)の実施 【 表示 / 非表示

  • 2018年度

    岩手大学同好会「岩手大学YMCA」の顧問

  • 2019年度

    岩手大学同好会「岩手大学YMCA」の顧問

  • 2020年度

    岩手大学同好会「岩手大学YMCA」の顧問

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項

    毎回の講義では、教材としてレジュメの配布や視聴覚教材を取り入れることで、受講生の理解を促進させる工夫を行う。

  • 2011年度

    教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項

    盛岡地方裁判所での裁判傍聴や盛岡少年刑務所への施設見学など、学外の施設見学の機会を設けることで、受講生が刑事手続きや人権保障を具体的に理解できるよう試みた。

  • 2012年度

    教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項

    岩手県立杜陵高等学校のご協力のもと、講義を通じて定時制高校を取り巻く教育環境や生徒像などの理解を促進するための機会を提供した。

  • 2012年度

    教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項

    裁判所での裁判傍聴や検察庁における公判担当検事による解説、法テラス見学など、学外の施設見学の機会を設けることで、受講生が刑事手続きや人権保障を具体的に理解できるよう試みた。

  • 2012年度

    教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項

    毎回の講義では、教材としてレジュメの配布や視聴覚教材を取り入れることで、受講生の理解を促進させる工夫を行う。

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 憲法論からみた多文化主義 ―カナダ憲法を手がかりとして―

    田村武夫、菊地 洋

    茨城大学政経学会雑誌   ( 75 ) 36 - 58   2005年03月

    その他(含・紀要)  共著・分担

  • 人権条約の国内適用における私人の責任と公的機関の責任―小樽温泉入浴拒否訴訟を素材として―

    菊地 洋

    成城法学   ( 74 ) 1 - 53   2005年12月  [査読有り]

    その他(含・紀要)  単著

  • アイヌ民族の権利に対する2つのアプローチ―人権としての権利解釈と集団としての権利解釈の可能性―

    菊地 洋

    茨城大学政経学会雑誌   ( 78 ) 147 - 168   2008年03月  [査読有り]

    その他(含・紀要)  単著

  • カナダにおける多文化主義―諸個人の多様性と多文化主義条項―

    菊地 洋

    憲法理論叢書 『憲法変動と改憲論の諸相』   ( 16 ) 103 - 116   2008年10月

    学術誌  単著

  • Multiculturalism, Equality and Constitution: the role of Section 27 in the 1982 Charter

    KIKUCHI HIROSHI

    カナダプロジェクト九州セミナー論叢   ( 6 ) 59 - 62   2010年07月  [査読有り]

    その他(含・紀要)  単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 災害復興の法と法曹―未来への政策的課題

    松岡勝美・金子由芳・飯 考行3名編集代表。計13名の共著。 ( 担当範囲: 第4章「防災で問い直される『公』と『個人』-自助・共助・公助で問い直される『個人像』の変化」 )

    成文堂  2016年03月 ISBN: 978-4-7923-26

    学術著書

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 「全国民の代表」の変容―憲法学からの一考察―

    菊地 洋

    月刊マスコミ市民 ( NPO法人マスコミ市民フォーラム )  ( 442 ) 64 - 70   2005年11月

    その他  

  • カナダにおける多文化主義―憲法学からの考察―

    菊地 洋

    日本カナダ学会北海道ニュース ( 日本カナダ学会北海道地区事務局 )  ( 24 ) 3 - 5   2009年03月

    学会支部会誌  

  • 多文化主義と文化多元主義―カナダ社会の多様性―

    菊地 洋

    日本カナダ学会北海道ニュース ( 日本カナダ学会北海道地区事務局 )  ( 28 ) 1 - 4   2013年03月

    学会支部会誌  

  • 防災における「自助・共助・公助」―主体となる「住民」をどう育てるのか

    菊地 洋

    マスコミ市民(2016年3月号) ( NPO法人マスコミ市民フォーラム )  ( 566 ) 29 - 33   2016年03月

    その他  

  • 改正入管難民法をめぐる地方からの一考察

    菊地 洋

    マスコミ市民(2019年2月号) ( NPO法人マスコミ市民フォーラム )  ( 601 ) 34 - 37   2019年02月

    その他  

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • カナダにおける多文化主義―諸個人の多様性と多文化主義条項―

    口頭(一般)  菊地 洋

    憲法理論研究会 月例報告会  (専修大学) 

    2008年03月
     
     

    憲法理論研究会

  • 1982年憲章27条〔多文化主義条項〕の持つ意味

    口頭(一般)  菊地 洋

    第1回ポスト・ドクター研究報告会  (明治大学) 

    2008年03月
     
     

    日本カナダ学会

  • Multiculturalism,Equality and Constitution: The Role of Section 27 in the 1982 Charter

    口頭(一般)  Hiroshi KIKUCHI

    Canada Project in Kyusyu Colloquia  (鹿児島国際大学) 

    2009年05月
     
     

    鹿児島国際大学附属地域総合研究所

  • 1982年憲法27条の意義と可能性―憲法学からみた多文化主義―

    シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  菊地 洋

    第35回 日本カナダ学会 年次大会  (青山学院大学) 

    2010年09月
     
     

    日本カナダ学会

  • 〔判例研究〕永住権を取得した外国人による生活保護開始決定義務づけ等請求事件(大分地判平成22年10月18日)

    口頭(一般)  菊地 洋

    東北大学公法判例研究会  (東北大学法学部) 

    2011年05月
     
     

    東北大学公法判例研究会

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 法学的視点を踏まえた防災・復興教育の検討

    教育学部プロジェクト推進事業(学部GP)

    資金支給期間 :

    2014年04月
    -
    2015年03月

    研究内容 :

    岩手県内でも沿岸・内陸で取り組みに差のある防災・復興教育について、社会科としてどのように単元で扱うことが可能であるかを学部の教科専門教員と附属中教員が連携して検討、授業案として提示をめざす。

  • 公的機関などを活用した公民科教育について―附属中における実践を踏まえて―

    教育学部プロジェクト推進事業(学部GP)

    資金支給期間 :

    2015年04月
    -
    2016年03月

    研究内容 :

    公民科の授業つくりにおいて「生徒の居住する地域に対する当事者意識をどのように高めさせることが可能であるのか」を検討する際、実際に行政に携わる方々を活用した授業が必要となる。本研究では、実際に『盛岡市政への提言』を目標にして、生徒に市民社会の形成者としての意識の高めさせるだけでなく、行政の方々にどのような協力を仰ぐことが効果的な授業につながるのかについて、学部の教科専門教員と附属中教員が連携して検討、授業案として提示をめざす。

  • 若者参加による地域の自治会活動の活性化に関する調査

    地域課題研究支援経費(解決プログラム)

    資金支給期間 :

    2016年05月
    -
    2017年02月

    研究内容 :

    地域コミュニティの最小単位である「自治会」の活性化は、今後の地域社会形成において重要な課題である。本研究では、遠野市からの依頼を受け、自治会活動の活性化を図るために、中心市街地である「上組町」の活動を定点観察しつつ、市民がどのようなきっかけで活動に参加し、市民としての意識を高めていくのかについて、調査を実施した。

  • まちづくりの当事者意識を育むために―附属中における実践を通じて―

    学部長裁量経費(学部GP)

    資金支給期間 :

    2016年06月
    -
    2017年03月

    研究内容 :

    本プロジェクトでは、社会科で求められる「(社会的な)見方や考え方」をどのように醸成させるのかを、社会科の地理的分野あるいは公民的分野で求められる「社会参画の視点」などを中心に附属中の授業実践を通じて検討するものである。具体的には、「まちづくりへの当事者意識をどのように育むか」を素材に、社会に参画する資質や能力の基礎を社会科の授業づくりと実践を通じて、附属中教員と学部教員が共同して検討にあたるものである。

  • 教養教育から考える18歳選挙権―主権者を育てる大学教育とは―

    平成28年度教養教育科目委員会FD活動経費

    資金支給期間 :

    2016年08月
    -
    2017年03月

    研究内容 :

    18歳へ選挙権が引き下げられたことで、大学として、あらためて主権者である若者に対して、大学教育を通じてどのような素養を身につけさせるかが改めて問われている。首都圏(筑波または帝京大)から法教育の研究者をお招きして、主体的に判断・行動のできる主権者を育てるために、大学教育(特に教養教育)において求められていることは何かについて講演(もしくは、地元の教育関係者を交えたシンポジューム)を企画し、私たち大学教員の意識を深めることにしたい。

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2003年05月
    -
    継続中
     

    全国憲法研究会

  • 2004年10月
    -
    継続中
     

    日本公法学会

  • 2004年10月
    -
    継続中
     

    憲法理論研究会

  • 2005年01月
    -
    継続中
     

    日本カナダ学会

  • 2011年11月
    -
    継続中
     

    国際人権法学会

全件表示 >>

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2018年度

    共通教養科目「憲法」で実施している寸劇を交えた講義が、朝日新聞(全国版)2018年5月3日付の記事にて紹介される。

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2020年度

    地域課題解決プログラム(遠野市ふるさと納税)について、検討結果(考案した返礼品案)遠野市関係者へ学生と報告している模様が地元紙(岩手日報、2020年12月3日)に掲載される。

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2021年度

    「小学校社会」において、盛岡税務署(仙台国税局)と共同で実施した租税教育に関する講義が、岩手めんこいテレビのローカルニュースにて取り上げられた(2021/11/09)

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: テレビ

  • 2021年度

    地域課題解決プログラムとして取り組んでいる「若者の投票率の向上」の取り組み(奥州市選挙管理委員会との共同研究)において、水沢高校1年生の有志と岩大生がコラボして制作する「投票を呼びかける動画制作」が朝日新聞県内版にて報道される(2021/10/26)

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

 

国・地方自治体等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手県教育委員会

    委員会等名 : いじめ問題対策委員会

    役職名 : 委員長

    2018年01月
    -
    継続中
  • 岩手県立杜陵高等学校

    委員会等名 : 学校評議会

    役職名 : 学校評議員

    2019年04月
    -
    継続中
  • 岩手県選挙管理委員会

    委員会等名 : 岩手県明るい選挙推進協議会

    役職名 : 委員

    2020年04月
    -
    継続中

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 憲法記念講演会(盛岡市主催)における講師

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 「もっと知ろう!私たちの『憲法』―憲法改正を論ずる前に」というタイトルで、近時の改憲をめぐる政治動向を踏まえつつ、憲法の基本事項について市民に分かり易く解説した。

    2013年05月
     
     
  • 盛岡地区勤労者協議会における講師

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 「被災地から問う、憲法を生かす政治とは?」というタイトルで、憲法の基本的な理念を確認しながら、最新の政治動向も踏まえつつ、被災地から考えるべき憲法問題についてお話しをさせていただいた。

    2013年11月
     
     
  • 岩手県退職教職員互助会における講師

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 「憲法は何のためにあるのか?―次世代へ語り継ぐ私たちの責任―」というタイトルで、憲法の基本事項を確認しながら、教育現場で指導される憲法教育の問題点や憲法の掲げる理想を次世代へ伝える私たちの責任についてお話しし、聴講されたみなさんと対話することで通じて、今日の改憲問題について解説した。

    2013年11月
     
     
  • いわて労連が企画する講演会の講師

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 「どこへ向かう?立憲主義の危機」というタイトルで、現政権の国家観および憲法観について、市民のみなさまにわかりやすく解説した。

    2014年02月
     
     
  • 学びの循環推進事業 専門コースによる講師派遣

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : 盛岡市の「学びの循環推進事業 専門コース(岩手大学教育学部による市民対象公開講座」の一環として、上田公民館にて「憲法の平和主義と立憲主義について学ぶ」というタイトルで市民に対した公開講座を行う。

    2014年04月
     
     

全件表示 >>

産学官民連携活動 【 表示 / 非表示

  • 【公開講座】少年の再非行防止と立ち直り支援―地域社会で考える立ち直り支援とは―の開催

    実績年度 : 2019年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

他大学等の非常勤講師 【 表示 / 非表示

  • 放送大学

    面接科目『やさしく学ぶ「憲法」』を担当。 (

    2014年01月
     
     

    )

  • 放送大学

    面接科目『最新事例から読み解く憲法』を担当。 (

    2014年04月
     
     

    )

  • 放送大学

    面接授業「国家と人権-憲法の役割とは?」を担当。 (

    2015年11月
     
     

    )

  • 放送大学

    『憲法から考える現代社会』というタイトルで、面接授業を実施。 (

    2017年07月
     
     

    )

  • 岩手保健医療大学

    看護学部2年生の選択科目「憲法」(養護教諭二種免許希望者用)を担当。 (

    2018年04月
    -
    継続中

    )

全件表示 >>

ボランティア・寄与など 【 表示 / 非表示

  • 2015年度

    ボランティア

    岩手県立杜陵高校(通信制)からの要請により、聴覚障害を持つ生徒のために教育学部の学生へボランティアを組織し、当該生徒のスクーリング日に応じてノートテイクボランティアの派遣を実施している。

  • 2016年度

    ボランティア

    盛岡市立仁王小学校から放課後学習支援への学部生派遣について依頼を受け、地域連携コーディネーター、仁王小および本学部の3者で調整し、学生派遣体制を構築した。

  • 2016年度

    ボランティア

    岩手県立杜陵高校(通信制)からの要請により、聴覚障害を持つ生徒のために教育学部の学生へボランティアを組織し、当該生徒のスクーリング日に応じてノートテイクボランティアの派遣を実施している。

  • 2017年度

    ボランティア

    盛岡市立仁王小学校から放課後学習支援への学部生派遣について依頼を受け、教育実践総合センターの業務として位置づけし、実施するに至る。

  • 2018年度

    ボランティア

    盛岡市立仁王小学校から放課後学習支援への学部生派遣について依頼を受け、2018年5月~2019年3月まで学部生を派遣する。

全件表示 >>

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2012年度

    教職10年研修の講師(表題:震災からの復興に向けて―憲法の基本的視座―)を務める。

  • 2013年度

    教職10年研修の講師(表題:憲法の理念を理解させる授業づくり)を務める。

  • 2014年度

    教職10年研修の講師(表題:公民分野で求められる憲法学習)を務める。

  • 2015年度

    教職10年研修の講師(表題:法教育の視点から考える社会科(公民分野)の指導)を務める。

  • 2016年度

    教職10年研修の講師(表題:公民科で求められる法教育・主権者教育)を務める。

全件表示 >>

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年度

    環境マネジメントシステム内部監査委員会

  • 2012年度

    教育実習委員会

  • 2013年度

    全学委員会等のWG (環境マネジメント内部監査委員会内部監査WG)

  • 2013年度

    クラス担任

  • 2013年度

    入試委員会

全件表示 >>

その他大学運営活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2013年度

    2013年度第1回オープンキャンパスにおいて、社会科教育科の紹介および模擬授業「君はなぜ憲法を学ぶのか?」を担当する。

  • 2016年度

    平成28年度 教養教育科目委員会FD活動費(社会科目委員会)を利用して、公開学習会『大学に求められる主権者教育とは』を2017年2月17日(金)に実施。法教育の第一人者である筑波大学教授 江口勇治氏をお招きした講演会と、教育実践として、佐藤淳一氏(元 松園中学校教諭)藤澤 健氏(岩手県立杜陵高等学校教諭 )の報告を交え、盛岡周辺の中・高校教員との意見交流を行った。