奈良 光紀 (NARA Mitsunori)

写真a

所属

岩手大学  理工学部  物理・材料理工学科  数理・物理コース 

職名

准教授

研究室住所

〒020-8550 岩手県 盛岡市上田3-18-34

研究室

人文社会科学部 1号館 201号室

ホームページ

http://web.cc.iwate-u.ac.jp/~nara/

研究分野・キーワード

偏微分方程式論

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年03月

    東京都立大学   工学部   機械工学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年03月

    東京工業大学  大学院情報理工学研究科  計算工学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    2006年03月

    東京工業大学  大学院情報理工学研究科  数理・計算科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学 -  博士(理学)  2006年03月26日

    学位の分野 : 数学解析

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

    岩手大学   ■廃止組織■   環境科学課程   准教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

      東京工業大学大学院情報理工学研究科   特別研究員

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

      東京大学大学院数理科学研究科   特任研究員(COE,GCOE)

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

      東京大学大学院数理科学研究科   特任助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 数学解析

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    微分積分学Ⅰ

  • 2011年度

    微分積分学Ⅰ

  • 2011年度

    線形代数学

  • 2011年度

    線形代数学

  • 2011年度

    環境科学演習

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2014年度

    卒業研究指導(学部):1人

  • 2015年度

    卒業研究指導(学部):2人

  • 2016年度

    卒業研究指導(学部):1人

  • 2019年度

    卒業研究指導(学部):1人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):1人

  • 2020年度

    卒業研究指導(学部):1人

    学位論文審査(学部・主査):1人

    大学院研究生(修士・専門職学位課程):1人

    研究指導(修士・主任指導):1人

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項

    数学系の専門科目全般において、演習問題を作成して定期的に演習の時間を設け、学生の基礎学力の向上と理解度の把握に努めた。また、PowerPointやExcelを用いて視覚的な情報を補った。

  • 2012年度

    教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項

    数学系の専門科目全般において、演習問題を作成して定期的に演習の時間を設け、学生の基礎学力の向上と理解度の把握に努めた。また、PowerPointやExcelを用いて視覚的な情報を補った。

  • 2013年度

    教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項

    数学系の専門科目全般において、演習問題を作成して定期的に演習の時間を設け、学生の基礎学力の向上と理解度の把握に努めた。また、PowerPointやExcelを用いて視覚的な情報を補った。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Asymptotic behavior of spreading fronts in the anisotropic Allen-Cahn equations on R^n

    Hiroshi Matano, Yoichiro Mori, Mitsunori Nara

    Annales de l'Institut Henri Poincaré C, Analyse Non Linéaire   36   585 - 626   2019年05月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • Singular limit of a damped wave equation with a bistable nonlinearity

    Danielle Hilhorst, Mitsunori Nara

    SIAM Journal on Mathematical Analysis   46   1701 - 1730   2014年04月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • Large time behavior of disturbed planar fronts in the Allen-Cahn equation

    Hiroshi Matano, Mitsunori Nara

    Journal of Differential Equations   251   3522 - 3557   2011年09月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • Stability of planar waves in the Allen-Cahn equation

    Hiroshi Matano, Mitsunori Nara, Masaharu Taniguchi

    Communications in Partial Differential Equations   34   976 - 1002   2009年09月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • Large time behavior of radially symmetric surfaces in the mean curvature flow

    Mitsunori Nara

    SIAM Journal on Mathematical Analysis   39   1978 - 1995   2008年03月  [査読有り]

    国際的学術誌  単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 全空間における熱伝導現象と平均曲率流運動

    奈良光紀

    応用数理 ( 日本応用数理学会 )  19 ( 1 ) 4 - 15   2009年03月

    学術誌  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Asymptotic behavior of spreading fronts in the Allen-Cahn equations on R^n

    口頭(一般)  奈良光紀

    京都大学数理解析研究所共同研究集会 「非線形偏微分方程式における定性的理論」 

    2019年11月
     
     

  • Asymptotic behavior of spreading fronts in the Allen-Cahn equations on R^n

    口頭(一般)  奈良光紀

    Workshop on nonlinear PDE in Numazu 

    2019年06月
     
     

  • Asymptotic behavior of spreading fronts in the anisotropic Allen-Cahn equations on R^n

    口頭(一般)  奈良光紀

    南大阪応用数学セミナー 

    2018年10月
     
     

  • Stability of front solutions of the bidomain equation on a strip

    口頭(一般)  奈良光紀

    The 12th AIMS Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications  (National Taiwan University) 

    2018年07月
     
     

  • Large time behavior of traveling fronts in the Allen-Cahn equations

    口頭(一般)  奈良光紀

    研究集会「非線形偏微分方程式の定性的理論」  (岡山大学) 

    2017年09月
     
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 非等方性を持つ非線形偏微分方程式における界面ダイナミクスの解析

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2019年04月
    -
    2023年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2021年度・ 900,000円・ 270,000円

    2022年度・ 900,000円・ 270,000円

    2019年度・ 1,100,000円・ 330,000円

    2020年度・ 600,000円・ 180,000円

  • 非線形偏微分方程式におけるパターン形成と界面ダイナミクスの解析

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2016年度・ 1,400,000円・ 420,000円

    2017年度・ 1,100,000円・ 330,000円

    2018年度・ 1,100,000円・ 330,000円

  • 非線形偏微分方程式に現れる界面運動と特異性の解析

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2013年度・ 700,000円・ 210,000円

    2014年度・ 700,000円・ 210,000円

    2015年度・ 700,000円・ 210,000円

  • 非線形偏微分方程式に現れる界面運動の研究

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2009年04月
    -
    2012年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2009年度・ 900,000円・ 270,000円

    2010年度・ 500,000円・ 150,000円

    2011年度・ 500,000円・ 150,000円

  • バイドメインモデルの数理構造の解明

    挑戦的研究(萌芽)

    支払支給期間:

    2017年06月
    -
    2021年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2017年度・ 2,080,000円・ 480,000円

    2018年度・ 2,080,000円・ 480,000円

    2019年度・ 2,080,000円・ 480,000円

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 非線形偏微分方程式におけるパターン形成と界面運動の理論的解析

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2014年01月
    -
    2014年03月

    研究内容 :

    消散型波動方程式の特異極限問題

  • 非線形偏微分方程式におけるパターン形成と界面運動の理論的解析

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2012年04月
    -
    2013年03月

    研究内容 :

    非線形偏微分方程式におけるパターン形成と界面運動の理論的解析

  • 非線形偏微分方程式におけるパターン形成と界面運動の理論的解析

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2012年04月
    -
    2013年03月

    研究内容 :

    AIMSの国際会議(アメリカ、オーランド)にて研究発表

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2004年10月
    -
    継続中
     

    日本数学会

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    情報処理学会

 

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 数学教員セミナー

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : コンピュータグラフィックスと空間の幾何

    2013年11月
     
     
 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    総合的ファカルティ・ディベロップメント委員会

  • 2011年度

    紀要編集委員会

  • 2012年度

    総合的ファカルティ・ディベロップメント委員会

  • 2012年度

    紀要編集委員会

  • 2012年度

    広報委員会

全件表示 >>