西山 賢一 (NISHIYAMA Ken-ichi)

写真a

所属

岩手大学  農学部  応用生物化学科 

職名

教授

研究室住所

〒0208550 岩手県 盛岡市上田3-18-8

研究室

分子生物学研究室

研究室FAX

019-621-6243

ホームページ

http://news7a1.atm.iwate-u.ac.jp/~sec/

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

タンパク質の細胞内局在化, タンパク質の膜挿入, タンパク質の膜透過, 分泌タンパク質

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年03月

    東京大学   工学部   工業化学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    東京大学  農学系研究科  農芸化学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  工学士  1989年03月

    学位の分野 : 分子生物学

  • 東京大学 -  農学修士  1991年03月

    学位の分野 : 応用分子細胞生物学

  • 東京大学 -  博士(農学)  1994年03月

    学位の分野 : 構造生物化学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年01月
    -
    継続中

    岩手大学   農学部   附属寒冷バイオフロンティア研究センター   教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    1996年03月

      東京大学分子細胞生物学研究所   日本学術振興会特別研究員

  • 1996年04月
    -
    2004年02月

      東京大学分子細胞生物学研究所   助手

  • 2002年02月
    -
    2004年02月

      フライブルク大学生化学・分子生物学研究所   EMBO Long Term Fellow

  • 2004年02月
    -
    2007年03月

      東京大学分子細胞生物学研究所   助教授

  • 2007年04月
    -
    2009年12月

      東京大学分子細胞生物学研究所   准教授

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • タンパク質膜輸送の分子機構 [専門家(企業・研究者等)向け]

    講義の概要

    タンパク質は細胞質で生合成されますが、多くのタンパク質は生体膜を透過して分泌されたり、生体膜の中に組み込まれたりします。こうしたタンパク質膜透過・膜輸送の分子機構は、基本的なレベルではすべての生物で保存されています。大腸菌を用いて明らかとなったこれらの分子機構を詳説します。

  • 大腸菌と分子生物学 [一般・高校生向け]

    講義の概要

    多くの華々しい成果を挙げている分子生物学ですが、DNAの遺伝情報がmRNAに転写されタンパク質へと翻訳されるという、分子生物学の基礎的な概念である「セントラルドグマ」の解明は、大腸菌の研究なくしては語れません。ノーベル賞学者ジャック・モノー先生は、「大腸菌にあてはまることは、ゾウにもあてはまる!」とおっしゃいましたが、実際、生命現象の重要なイベントはすべての生物で保存されています。分子生物学の基礎を大腸菌の研究を通して解説します。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2010年度

    分子細胞生物学特論

  • 2010年度

    生命のしくみ

  • 2010年度

    分子生物学

  • 2011年度

    化学入門

  • 2011年度

    生命のしくみ

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2010年度

    卒業研究指導(学部):1人

  • 2011年度

    卒業研究指導(学部):1人

  • 2012年度

    卒業研究指導(学部):2人

    【連合農学研究科・連合獣医学研究科】 第2副指導(博士):1人

  • 2013年度

    卒業研究指導(学部):3人

    【連合農学研究科・連合獣医学研究科】 第2副指導(博士):1人

  • 2014年度

    卒業研究指導(学部):4人

    研究指導(修士・主任指導):3人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):1人

全件表示 >>

FD 研修・教育研究会における発表 【 表示 / 非表示

  • 論文投稿のヒント

    教育研究会名 : 若手研究者のためのAuthor Workshop~アクセプトされる論文とは~

    開催年月 : 2011年11月

  • 専門教育と全学共通教育との連携に向けて「生物の世界」

    教育研究会名 : 第2回 岩手大学全学共通教育シンポジウム

    開催年月 : 2011年11月

  • タンパク質分泌・膜挿入の分子機構

    教育研究会名 : 第18回農学系技術室技術職員研修

    開催年月 : 2012年12月

  • 研究不正問題を考える-もし、巻き込まれたらどうする

    教育研究会名 : 生物の世界FDセミナー

    開催年月 : 2014年02月

  • 教学IR の取り組みからみえてきた農学部の学生の現状

    教育研究会名 : 農学部FD 研修

    開催年月 : 2018年11月

学生向けの課外活動・セミナーの実施 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    CRCセミナーの企画、実施

  • 2012年度

    CRCセミナーの企画、実施

  • 2013年度

    CRCセミナーの企画、実施

  • 2014年度

    CRCセミナーの企画・実施

  • 2016年度

    CRCセミナーの企画・実施

全件表示 >>

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    その他

    FDセミナーの企画・実施

  • 2011年度

    その他

    北水会賞受賞

  • 2015年度

    その他

    大学院学生が岩手大学学長賞を受賞

  • 2016年度

    その他

    大学院学生が学会賞を受賞

  • 2016年度

    その他

    大学院学生が学会賞を受賞

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • CdsA is involved in biosynthesis of glycolipid MPIase essential for membrane protein integration in vivo

    Sawasato, K., Sato, R., Nishikawa, H., Iimura, N., Kamemoto, Y., Fujikawa, K., Yamaguchi, T., Kuruma, Y., Tamura, Y., Endo, T., Ueda, T., Shimamoto, K., Nishiyama, K.

    Sci. Rep.   9   No1372   2019年02月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

    DOI

  • Syntheses and activities of the functional structures of a glycolipid essential for membrane protein integration

    Fujikawa, K., Suzuki, S., Nagase, R., Ikeda, S., Mori, S., Nomura, K., Nishiyama, K., Shimamoto, K.

    ACS Chem. Biol.   13   2719 - 2727   2018年10月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

    DOI

  • Structural basis of Sec-independent membrane protein insertion by YidC

    Kumazaki, K., Chiba, S., Takemoto, M., Furukawa, A., Nishiyama, K., Sugano, Y., Mori, T., Dohmae, N., Hirata, K., Nakada-Nakura, Y. Maturana, A.D., Tanaka, Y., Mori, H., Sugita, Y., Arisaka, F., Ito, K., Ishitani, R., Tsukazaki, T. and Nureki, O.

    Nature   509   516 - 520   2014年05月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Glycolipozyme MPIase is essential for topology inversion of SecG during preprotein translocation

    Moser M., Nagamori, S., Huber, M., Tokuda, H., Nishiyama, K.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   110 ( 24 ) 9734 - 9739   2013年06月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • MPIase is a glycolipozyme essential for membrane protein integration

    Ken-ichi Nishiyama, Masahide Maeda, Kayo Yanagisawa, Ryohei Nagase, Hajime Komura, Takashi Iwashita, Tohru Yamagaki, Shoichi Kusumoto, Hajime Tokuda & Keiko Shimamoto

    Nature Communications   3 ( 1260 ) 1 - 10   2012年12月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 分泌型蛋白質の細胞質膜透過実験法

    松山伸一、西山賢一、徳田元

    学会出版センター  1995年09月

    学術著書

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • タンパク質の膜挿入反応と温度依存性

    西山賢一

    温度生物学ハンドブック ( 新学術領域「温度生物学」編 )  1   16 - 16   2017年09月

    その他  

  • タンパク質膜挿入に必須の糖脂質酵素(glycolipozyme)MPIase

    西山賢一

    天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御 News Letter ( 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」事務局 )  2   10 - 10   2013年02月

    その他  

  • 膜タンパク質の鍵は糖脂質にあり-すべての生体膜挿入に必須な因子を求めて

    西山賢一、島本啓子

    月刊化学 ( 化学同人 )  68   30 - 34   2013年06月

    学術誌  

  • YidC

    西山賢一

    蛋白質 核酸 酵素 ( 共立出版 )  53   1101 - 1101   2008年08月

    その他  

  • 大腸菌における膜内在性タンパク質の膜挿入機構

    西山賢一

    生化学 ( 日本生化学会 )  79   254 - 262   2007年03月

    その他  

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • MPIase (Membrane Protein Integrase), a glycolipozyme involved in protein integration into and preprotein translocation across membranes

    口頭(招待・特別)  Nishiyama, K., Kusumoto, S., Tokuda, H., and Shimamoto, K.

    The 2nd International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity  (Pacifico Yokohama) 

    2013年10月
     
     

  • MPIase (Membrane Protein Integrase), a Glycolipozyme Involved in Protein Integration into and Preprotein Translocation across Membranes

    ポスター(一般)  Ken-ichi Nishiyama, Shoichi Kusumoto, Hajime Tokuda, and Keiko Shimamoto

    The 2nd International Symposium on Chemical Biology of Natural Products:Target ID and Regulation of Bioactivity  (Pacifico Yokohama) 

    2013年10月
     
     

  • タンパク質膜挿入に必須の糖脂質酵素MPIase がタンパク質膜透過反応に及ぼす役割

    口頭(一般)  Michael Moser、永森 收志、Maria Huber、徳田 元、西山 賢一

    無細胞生命科学研究会  (新潟大学) 

    2013年10月
     
     

    無細胞生命科学研究会

  • 糖脂質酵素MPIaseはタンパク質膜透過反応においてSecGの配向性反転に必須である

    口頭(一般)  Michael Moser、永森 收志、Maria Huber、徳田 元、西山 賢一 

    日本生化学会大会  (パシフィコ横浜) 

    2013年09月
     
     

    日本生化学会

  • 糖脂質酵素MPIaseはタンパク質膜透過反応においてSecGの配向性反転に必須である

    ポスター(一般)  Michael Moser、永森 收志、Maria Huber、徳田 元、西山 賢一 

    日本生化学会大会  (パシフィコ横浜) 

    2013年09月
     
     

    日本生化学会

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会奨励賞受賞

    1999年10月

    受賞者:  西山賢一

    「分泌蛋白質の膜透過分子機構に関する研究:膜透過を駆動するSecA-SecGの構造変化」

  • 日本生化学会Journal of Biochemistry論文賞受賞

    2001年10月

    受賞者:  永森收志、西山賢一、徳田元

    Nagamori, S., Nishiyama, K. and Tokuda, H. "Two SecG molecules exist in a single protein translocation machinery and undergo membrane topology inversion even after crosslinking"
    J. Biochem., 128, 129-137 (2000).

  • 平成25年度 長瀬研究振興賞受賞

    2013年04月25日

    受賞者:  西山賢一

  • 第16回酵素応用シンポジウム (天野エンザイム)研究奨励賞受賞

    2015年06月12日

    受賞者:  西山賢一

    タンパク質膜挿入に関わる糖脂質酵素MPIaseの作用原理の解明とその応用

  • FEBS Lett., Editor's Choice Paper

    2019年05月

    受賞者:  Sawasato K., Sekiya Y., Nishiyama, K.

    論文「Two‐step induction of cdsA promoters leads to upregulation of the glycolipid MPIase at cold temperature」(FEBS Lett, 593, 1711-1723)が「Editor's Choice」論文に選ばれ、Free Access論文となった。

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 大腸菌膜タンパク質挿入因子

    特許

    特願 特願2010-048520 

    出願日: 2011年03月01日

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 大腸菌におけるジアシルグリセロールの生理的意義の解明

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2009年04月
    -
    2013年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2009年度・ 1,560,000円・ 360,000円

    2010年度・ 1,040,000円・ 240,000円

    2011年度・ 1,170,000円・ 270,000円

    2012年度・ 910,000円・ 210,000円

  • 大腸菌エンベロープ形成機構の解明

    特定領域研究

    支払支給期間:

    2010年04月
    -
    2012年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2010年度・ 5,000,000円・ 0円

    2011年度・ 2,000,000円・ 0円

  • タンパク質膜挿入に必須の糖脂質MPIaseとその標的タンパク質との相互作用解析

    新学術領域・公募研究

    支払支給期間:

    2012年04月
    -
    2014年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2012年度・ 3,640,000円・ 840,000円

    2013年度・ 3,640,000円・ 840,000円

  • タンパク質膜挿入に必須の糖脂質MPIaseとその標的タンパク質との相互作用解析

    新学術領域研究

    支払支給期間:

    2013年04月
    -
    2014年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2013年度・ 3,640,000円・ 840,000円

  • 新規糖脂質MPIaseを利用した機能的膜タンパク質の可溶化剤の開発

    萌芽研究

    支払支給期間:

    2013年04月
    -
    2015年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2014年度・ 2,210,000円・ 510,000円

    2015年度・ 1,820,000円・ 420,000円

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • タンパク質膜挿入・膜透過に関与する新規糖脂質の生合成経路の決定

    野田産研研究助成

    資金支給期間 :

    2011年04月
    -
    2012年03月

    研究内容 :

    タンパク質の膜挿入や膜透過の機構は大腸菌から高等生物まで基本的に保存されており、その分子機構の解明は細胞生物学的に最も重要な課題の一つである。また、膜の流動性が低下する低温下では、膜挿入・膜透過反応は特に強く影響を受ける。申請者らはin vivoの反応を忠実に反映した膜挿入・膜透過の再構成系を確立し、既知のタンパク質性因子だけでなく新奇複合糖脂質、MPIase(Membrane Protein Integrase)が必須であることを発見し、その構造を決定した(図1)。本研究では、MPIase生合成経路の全容を明らかにする。それらの生合成因子は抗生物質の新たな標的になるだけでなく、高分泌菌、高膜タンパク質生産菌の開発につながる。さらには植物MPIaseホモログの同定も可能になり、低温耐性植物の開発にもつながる。

  • タンパク質膜挿入反応に必須の糖脂質酵素MPIase(Membrane Protein Integrase)の構造機能解析とその応用

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2012年06月
    -
    2014年03月

    研究内容 :

    生体膜を貫通する膜内在性タンパク質(膜タンパク質)は、その強い疎水性のため、タンパク質生合成に共役して膜に挿入する。タンパク質膜挿入機構は、生物種、オルガネラ種において多少の多様性が認められるものの、その基本的な部分ではすべての生物において共通である。申請者らは、タンパク質膜挿入反応を、精製された因子のみから試験管内で再構成することに世界に先駆けて成功した。その結果、タンパク質膜挿入反応には、既知のタンパク質性の因子だけでなく、新規複合糖脂質酵素MPIase(Membrane Protein Integrase、図1)が必須であることを発見した。MPIaseはモデル生物大腸菌を用いて発見された因子であるが、すでにHela細胞ミトコンドリア画分にもMPIaseと同様の活性が検出できることを明らかにしており、高等動植物においてもMPIaseホモログが存在する可能性は極めて高い。
    MPIaseに関する研究は、「糖脂質酵素(Glycolipozyme)」という新たな概念を提唱した点で分子細胞生物学的に大きな意義をもっているだけでなく、機能未知の膜タンパク質の精製・機能解析といった新薬開発の基本的ツールの開発や、低温耐性作物の開発など、多くの応用的可能性を含有している。本研究では、まず大腸菌においてMPIaseの構造機能解析を完成させ、その知見を基に動植物MPIaseホモログの同定や変異体作製などを進める。これらを踏まえて「岩手大学ブランド」としてMPIaseの応用の可能性を探る。

  • タンパク質膜挿入に必須の糖脂質酵素MPIaseの作用原理解明とその応用

    長瀬科学技術振興財団研究助成金

    資金支給期間 :

    2013年04月
    -
    2014年03月

    研究内容 :

    膜タンパク質は疎水的な膜貫通領域をもつため、その生合成に共役して膜挿入する。膜挿入反応に関与する因子がいくつか知られているが、申請者が発見したMPIase (membrane protein integrase) は大腸菌におけるタンパク質膜挿入に必須の糖脂質である(Biochem Biophys Res Commun, 2010; Nat Commun, 2012)。MPIaseは膜挿入反応を触媒するという点で酵素様の働きをするため、MPIaseは糖脂質酵素(Glycolipoyme)であるという概念を提唱した(Nat Commun, 2012)。MPIaseの構造機能解析を予備的に進めたところ、MPIaseは膜上でまず膜タンパク質と水溶性の複合体を形成し、その後膜挿入反応が進行することが判明した。本研究では、MPIaseが膜挿入反応を触媒する分子機構をさらに詳細に明らかにすることを目的とする。また、MPIaseが汎用的な膜タンパク質可溶化剤として応用できるかどうか検討する。

  • タンパク質膜挿入に関わる糖脂質酵素MPIaseの作用原理の解明とその応用

    財団等からの助成金

    資金支給期間 :

    2015年06月
    -
    継続中

    研究内容 :

    タンパク質膜挿入に関わる糖脂質酵素MPIaseの作用原理の解明とその応用

  • TATタンパク質膜透過の分子機構解明に基づく異種タンパク質分泌生産システムの開発

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2016年08月
    -
    2017年03月

    研究内容 :

    TAT(Twin-Arginine Translocation)タンパク質膜透過経路(以下「TAT経路」)は、一般的なタンパク質分泌経路とは異なり、高次構造を形成したタンパク質の生体膜透過に特化した経路である。この特質を利用すれば、分泌タンパク質以外のタンパク質でも細胞外に大量に分泌生産させることが可能である。本研究では、TAT膜透過経路の分子機構を解明し、効率がよく汎用的なタンパク質分泌生産システムを開発することを目的とする。
     TAT経路で膜透過するタンパク質は、「RRモチーフ」をもつ専用のシグナル配列が付加した前駆体として合成され、TatABCからなるTAT膜透過装置を介して膜透過する。TAT経路は植物やバクテリアに広く保存されており、1990年代後半以降多くの研究の蓄積があり、膜透過に関わる遺伝子の同定も進んでいる。しかし、未だに精製TatABC等を用いたTAT経路の膜透過の再構成に成功したという報告がない。応用的にも、異種タンパク質にTATシグナルを人工的に付加して大量分泌生産に成功した例はあるが、汎用的に分泌生産が可能な状況ではない。西山らはタンパク質膜透過・膜挿入に関与する「糖脂質酵素」MPIaseを発見し、構造・機能解析を進めてきた。その結果、MPIaseは単独(Nat Commun 2012)で、あるいはSecYEG(PNAS 2013)やYidC(Nature 2014)と相互作用して機能することが明らかとなった。これらの結果は、MPIaseは特異的な因子とのみ相互作用するのではなく、タンパク質膜透過・膜挿入全般に関与することを示唆している。これまでTAT経路の再構成に成功せず、汎用的にタンパク質分泌生産が困難である大きな理由はMPIaseが不足しているためであると考えられる。本研究では、まずTatABCとMPIaseを組み合わせてTAT経路の完全再構成を目指す。その再構成系を用いてTAT経路の膜透過機構を明らかにし、その知見を効率のよいタンパク質分泌生産システムの構築に利用する。
     西山らは精製TatABCやMPIase標品を用いてTAT経路の再構成系を確立する。山田らはMPIaseを過剰生産し、TatABCの改良を行うことにより効率のよいタンパク質分泌生産システムを構築する。山田らが最近同定したアルコール酸化酵素は、2個の因子からなるサブユニ

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1990年06月
    -
    継続中
     

    日本生化学会

  • 1993年08月
    -
    継続中
     

    日本分子生物学会

  • 1993年12月
    -
    継続中
     

    日本農芸化学会

  • 2005年01月
    -
    継続中
     

    財団法人応用微生物学研究奨励会 

  • 2006年10月
    -
    継続中
     

    無細胞生命科学研究会

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2006年10月
    -
    継続中

    無細胞生命科学研究会   幹事

  • 2008年01月
    -
    2011年12月

    日本生化学会   JB Associate Editor

  • 2012年01月
    -
    継続中

    日本生化学会   JB Advisory Board

  • 2010年04月
    -
    継続中

    日本生化学会   評議員

  • 2010年04月
    -
    継続中

    日本農芸化学会   東北支部参与

全件表示 >>

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会2013年度大会 シンポジウム「グラム陰性細菌細胞表層構造の形成機構とバイオテクノロジー」 (2013年03月)

    参加者数 : 100人

  • 第11回 21世紀大腸菌研究会 (2014年06月)

    参加者数 : 100人

  • 第11回無細胞生命科学研究会 (2016年10月)

    参加者数 : 80人

  • 第1回細胞形成研究会 (2019年03月)

    参加者数 : 30人

  • 第2回細胞形成研究会 (2020年02月)

    参加者数 : 30人

学会活動 2(国際会議などの座長) 【 表示 / 非表示

  • Ken-ichi Nishiyama [Bacterial Protein Export 2018 (The Leuven Ibstitute for Ireland, Leuven, Belgium) (2018年10月)]

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry [査読 (2010年11月)]

  • Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry [査読 (2011年05月)]

  • Nature Communications [査読 (2014年11月)]

  • J. Mol. Biol. [査読 (2015年02月)]

  • J. Biochem. [査読 (2016年12月)]

研究員(受入れ) 【 表示 / 非表示

  • 大腸菌におけるタンパク質膜挿入・膜透過の分子機構解明 (

    2人 
    2010年05月
    -
    2014年03月

    )

  • 日本学術振興会特別研究員(DC1) (

    1人 
    2018年04月
    -
    2021年03月

    )

  • 岩手大学大学院連合農学研究科研究員
    (

    2人 
    2020年04月
    -
    2021年03月

    )

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2012年度

    2012年12月13日読売新聞地域面
    「糖脂質に酵素と似た機能-岩手大など発見-低温に影響受けず」

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2012年度

    2012年12月12日 岩手日報WebNews
    「世界初、糖脂質の酵素機能発見 岩手大の西山教授」

    報道区分: 全国報道

    メディア区分: インターネット

  • 2012年度

    2012年12月13日マイナビニュース
    「岩手大など、酵素と類似した機能を持つ糖脂質「MPIase」を発見」
    http://news.mynavi.jp/news/2012/12/13/230/index.html

    報道区分: 全国報道

    メディア区分: インターネット

  • 2012年度

    文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「タンパク質の社会~機能発現と秩序維持~」元班員による研究成果
    「MPIaseはタンパク質膜挿入に必須の糖脂質酵素(glycolipoyme)である」

    http://www.protein.bio.titech.ac.jp/result/result_nishiyama.html

    報道区分: 全国報道

    メディア区分: インターネット

  • 2012年度

    Nature Japan 注目の論文
    MPIアーゼはタンパク質膜挿入に必須の糖脂質酵素(グリコリ
    ポザイム)である

    http://www.natureasia.com/ja-jp/ncomms/abstracts/41624

    報道区分: 全国報道

    メディア区分: インターネット

全件表示 >>

 

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 農学部5学科の実験講座

    種類 : 講習会

    担当部門(講演題目) : PCRでDNAを増やしてみよう

    2016年07月
     
     
  • 黒稜出前講義

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 大腸菌と分子生物学

    2016年10月
     
     
  • 花巻北高校出前講義

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 「大腸菌と分子生物学」

    2018年06月
     
     
  • 放送大学面接講義

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : タンパク質の細胞内輸送

    2018年11月
     
     

国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • 2010年度

    外国人受入れ(私費留学生を除く)

    交流機関・事業等名 :

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :博士研究員

  • 2011年度

    外国人受入れ(私費留学生を除く)

    交流機関・事業等名 :博士研究員

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :博士研究員

  • 2012年度

    外国人受入れ(私費留学生を除く)

    交流機関・事業等名 :博士研究員

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :博士研究員

  • 2013年度

    外国人受入れ(私費留学生を除く)

    交流機関・事業等名 :博士研究員

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :博士研究員

他大学等の非常勤講師 【 表示 / 非表示

  • 山形大学

    理学部講演会「タンパク質膜挿入・膜透過に関与する糖脂質MPIase の構造と機能」
    (

    2019年01月
     
     

    )

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年度

    放射線安全委員会

  • 2010年度

    附属寒冷バイオフロンティア研究センター運営委員会

  • 2011年度

    放射線安全委員会

  • 2011年度

    附属寒冷バイオフロンティア研究センター運営委員会

  • 2011年度

    大学教育総合センター全学共通教育企画・実施部門会議

全件表示 >>

その他大学運営活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    FDセミナーの企画・実施