RAHMAN Abidur (RAHMAN Abidur)

写真a

所属

岩手大学  農学部  植物生命科学科 

職名

准教授

研究室住所

〒0208550 岩手県 盛岡市上田3丁目18-8

研究室

Abidur lab

研究室電話

019-621-6144

ホームページ

http://news7a1.atm.iwate-u.ac.jp/~abidur/Web%20page%20Japanese/index-japanese.htm

研究分野・キーワード

植物ホルモン, 非生物的ストレス,植物の成長と発達,ファイトレメディエーション

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    ダッカ大学   理学部   生化学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年03月

    ダッカ大学  理学研究科  植物生理学  修士課程  修了

  •  
    -
    2001年09月

    神戸大学  自然科学研究科  植物生理学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学 -  博士  2001年09月30日

    学位の分野 : 植物分子・生理科学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    岩手大学   農学部   農学部附属寒冷バイオシステム研究センタ   助教   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年10月
    -
    2006年09月

      マサチューセッツ大学   主任研究員

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 植物分子・生理科学

  • 細胞生物学

おすすめURL 【 表示 / 非表示

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • Plant hormone biology [一般・高校生向け]

    講義の概要

    The lecture would be aimed on making the students aware about the importance of plant study. Emphasis will be given on the general roles of plant hormones on plant growth and development and what we have learned so far. The lecture can be delivered in English and Japanese.

メッセージ 【 表示 / 非表示

  • 本研究室の主な研究内容は、最適条件下のもと様々なストレスを加え、植物の成長および発達におけるホルモン制御機構を解明することです。このために、当研究室では主に植物ホルモンであるオーキシンに注目しています。
    オーキシンは、胚形成から老化への植物の挙動に影響を与え、他のホルモンと複雑な相互作用を示します。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2007年度

    分子生物学特論

  • 2007年度

    科学技術英語特論

  • 2008年度

    英語による植物生産学

  • 2008年度

    卒業研究

  • 2008年度

    分子生物学特論

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2007年度

    補助研究指導(学部):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

  • 2008年度

    卒業研究指導(学部):1人

    補助研究指導(学部):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

  • 2009年度

    卒業研究指導(学部):1人

    研究指導(修士・主任指導):1人

  • 2010年度

    卒業研究指導(学部):2人

    学位論文審査(学部・主査):2人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

  • 2011年度

    卒業研究指導(学部):1人

    学位論文審査(学部・主査):1人

    研究指導(修士・主任指導):2人

全件表示 >>

教材作成 【 表示 / 非表示

  • Web based class lectures

    教材種類:教材

    教材年度 : 2013年度

  • Web based class lectures/active teaching

    教材種類:教材

    教材年度 : 2015年度

  • Web based class lectures/active teaching

    教材種類:教材

    教材年度 : 2016年度

  • Web based class lectures/active teaching

    教材種類:メディア教材

    教材年度 : 2017年度

  • Web based class lectures/active teaching

    教材種類:メディア教材

    教材年度 : 2018年度

全件表示 >>

学生課外活動の指導(サークル等の顧問等)の実施 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    農学部英会話クラブ WISE の顧問

  • 2017年度

    農学部英会話クラブ WISE の顧問

  • 2018年度

    農学部英会話クラブ WISE の顧問

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2013年度

    国際教育活動

    Played a lead role in establishing the summer exchange program between Faculty of Agriculture, Iwate University and University of Saskatchewan Language Center, University of Saskatchewan, Canada.

  • 2014年度

    国際教育活動

    I successfully arranged the first Iwate University- University of Saskatchewan summer program. 7 students participated in the program and highly rated the program. This program will attract more students in future.

  • 2015年度

    国際教育活動

    Dr. Hashizume and I were in charge of Iwate University-University of Saskatchewan summer program. We successfully arranged the program and 14 students participated in 2016 program.

  • 2016年度

    国際教育活動

    I was in charge of Iwate University-University of Saskatchewan summer program. We successfully arranged the program and 14 students participated in 2016 program.

  • 2017年度

    国際教育活動

    I was in charge of Iwate University-University of Saskatchewan summer program. We successfully arranged the program and 14 students participated in 2017 program.

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • オーキシン-エチレンのシグナリングメカニズム

    研究期間:

    1997年10月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : オーキシン、エチレン、流入キャリヤー、AUX1、アクチン

    研究態様: 個人研究

    研究制度: その他の研究制度  

    専門分野(科研費分類)

    植物分子・生理科学 , 

  • 設備で細胞分裂プロセスを管理することでのアクチンオーキシンの相互作用

    研究期間:

    2004年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 携帯細胞骨格、アクチン、微小管、オーキシン

    研究態様: 個人研究

    研究制度: その他の研究制度  

    専門分野(科研費分類)

    細胞生物学 , 

  • Understanding the molecular mechanism of 2,4-dichlorophenoxyacetic acid (2,4-D) effect on cellular actin organization and its impact on selective herbicidal action

    研究期間:

    2009年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 2,4-D、細胞死、除草剤

    研究態様: 個人研究

    研究制度: ライフサイエンス基礎科学研究  

    専門分野(科研費分類)

    植物分子・生理科学 , 

  • 温度ストレス下の植物の成長と発達の調節におけるオーキシンの役割を理解する

    研究期間:

    2009年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : オーキシン、低温ストレス、高温、タンパク質輸送

    研究態様: 個人研究

    研究制度: その他の研究制度  

    専門分野(科研費分類)

    植物分子・生理科学 , 

  • Elucidating the molecular mechanism of IBA action and transport in Arabidopsis

    研究期間:

    2010年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : IBA、変異体、生態型、シロイヌナズナ

    研究態様: 個人研究

    研究制度: ライフサイエンス基礎科学研究  

    専門分野(科研費分類)

    植物分子・生理科学 , 

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Structure-Function Analysis of the presumptive Arabidopsis Auxin Permease AUX1.

    Swarup R, Kargul J, Marchant A, Zadik D, Rahman A, Mills R, Yemm A, May S, Williams L, Millner P, Tsurumi S, Moore I, Napier R, Kerr ID, Bennett MJ

    Plant Cell   16 ( 11 ) 3069 - 3083   2004年10月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

    We have investigated the subcellular localization, the domain topology, and the amino acid residues that are critical for the function of the presumptive Arabidopsis thaliana auxin influx carrier AUX1. Biochemical fractionation experiments and confocal studies using an N-terminal yellow fluorescent protein (YFP) fusion observed that AUX1 colocalized with plasma membrane (PM) markers. Because of its PM localization, we were able to take advantage of the steep pH gradient that exists across the plant cell PM to investigate AUX1 topology using YFP as a pH-sensitive probe. The YFP-coding sequence was inserted in selected AUX1 hydrophilic loops to orient surface domains on either apoplastic or cytoplasmic faces of the PM based on the absence or presence of YFP fluorescence, respectively. We were able to demonstrate in conjunction with helix prediction programs that AUX1 represents a polytopic membrane protein composed of 11 transmembrane spanning domains.

  • A novel protein, SMAP1, mediates responses of the arabidopsis root to the synthetic auxin 2,4-dichlorophenoxyacetic acid.

    Rahman A, Nakasone A, Chhun T, Ooura C, Biswas KK, Uchimiya H, Tsurumi S, Baskin TI, Tanaka A, Oono Y

    Plant Journal   47 ( 5 ) 788 - 801   2006年05月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

    2,4-dichlorophenoxyacetic acid (2,4-D), a chemical analogue of indole-3-acetic acid (IAA) is believed to share a common response pathway. Here, we show that a mutant, antiauxin resistant1 (aar1), identified in a screen for resistance to the anti-auxin p-chlorophenoxy-isobutyric acid (PCIB), is resistant to 2,4-D, yet nevertheless responds like the wild-type to IAA and 1-napthaleneacetic acid in root elongation and lateral root induction assays. That the aar1 mutation alters 2,4-D responsiveness specifically was confirmed by analysis of GUS expression in the DR5:GUS and HS:AXR3NT-GUS backgrounds, as well as by real-time PCR quantification of IAA 11 expression. The two characterized aar1 alleles both harbor multi-gene deletions; however, 2,4-D responsiveness was restored by transformation with one of the genes SMAP1, which encodes a novel protein with unknown function.

  • Auxin, actin, and growth of the Arabidopsis thaliana primary root.

    Rahman A, Bannigan A, Sulaiman W, Oono Y, Baskin TI

    The Plant Journal   50 ( 3 ) 514 - 528   2007年05月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

    To understand how auxin regulates root growth, we quantified cell division and elemental elongation, and examined actin organization in the primary root of Arabidopsis thaliana. In treatments for 48 h that inhibited root elongation rate by 50%, we find that auxins and auxin-transport inhibitors can be divided into two classes based on their effects on cell division, elongation and actin organization. Indole acetic acid (IAA), 1-naphthalene acetic acid (NAA) and tri-iodobenzoic acid (TIBA) inhibit root growth primarily through reducing the length of the growth zone rather than the maximal rate of elemental elongation and they do not reduce cell production rate. These three compounds have little effect on the extent of filamentous actin, as imaged in living cells or by chemical fixation and immuno-cytochemistry, but tend to increase actin bundling. Our results show that IAA regulates the size of the root elongation zone whereas 2,4-D affects cell production and actin-dependent processes.

  • Virus-induced gene silencing of P23k in barley leaf reveals morphological changes involved in secondary wall formation

    Oikawa A, Rahman A, Yamashita T, Taira H, Kidou S

    Journal of Experimental Botany   ( 58 ) 2617 - 2625   2007年07月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

    P23k is a monocot-unique protein that is highly expressed in the scutellum of germinating barley seed.The role of P23k in barley physiology remains unclear. Here, to elucidate its physiological function, BSMV-based virus-induced gene silencing (VIGS) of P23k in barley leaves was performed. Expression and localization analyses of P23k mRNA in barley leaves showed up-regulation of P23k transcript with increased photosynthetic activity and the localization of these transcripts to the vascular bundles and sclerenchyma, where secondary wall formation is most active. VIGS of the P23k gene led to abnormal leaf development, asymmetric orientation of main veins, and cracked leaf edges caused by mechanical weakness. In addition, histochemical analyses indicated that the distribution of P23k in leaves coincides with the distribution of cell wall polysaccharides. Considering these results together, it is proposed that P23k is involved in the synthesis of cell wall polysaccharides.

  • Genetic Characterization of Mutants Resistant to the Antiauxin p-chlorophenoxyisobutyric Acid (PCIB) Reveals that AAR3, a Gene Encoding DCN1-Like Protein, regulates responses to the synthetic auxin 2,4-dichlorophenoxyacetic acid in Arabidopsis roots.

    Biswas KK, Ooura C, Higuchi K, Miyazaki Y, Nguyen VV, Rahman A, Uchimiya H, Kiyosue T, Koshiba T, Tanaka A, Narumi I, Oono Y

    Plant Physiology   ( 145 ) 773 - 785   2007年11月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

    To isolate novel auxin-responsive mutants in Arabidopsis (Arabidopsis thaliana), we screened mutants for root growth resistance to a putative antiauxin, p-chlorophenoxyisobutyric acid (PCIB), which inhibits auxin action by interfering the upstream auxin-signaling events. Eleven PCIB-resistant mutants were obtained. Genetic mapping indicates that the mutations are located in at least five independent loci, including two known auxin-related loci, TRANSPORT INHIBITOR RESPONSE1 and Arabidopsis CULLIN1. antiauxin-resistant mutants (aars) aar3-1, aar4, and aar5 were also resistant to 2,4-dichlorophenoxyacetic acid as shown by a root growth assay. Positional cloning of aar3-1 revealed that the AAR3 gene encodes a protein with a domain of unknown function (DUF298), which has not previously been implicated in auxin signaling. The protein has a putative nuclear localization signal and shares homology with the DEFECTIVE IN CULLIN NEDDYLATION-1 protein through the DUF298 domain.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Auxin and ethylene: collaborators or competitors

    Muday GK, Rahman A, Binder BM

    Trends in Plant Science ( Cell Press )  17   181 - 195   2012年03月

    学術誌  

  • Auxin: a regulator of cold stress response

    Rahman A

    Physiologia Plantarum ( Wiley-Blackwell )  147 ( 1 ) 28 - 35   2013年04月

    学術誌  

  • CRISPR/Cas9 and biosafety issues

    Rahman A, Ashraf MA

    Workshop hand book (1st National Workshop on CRISPR-Cas9 Genome editing Technology) by GNOBB ( Global Network of Bangladeshi Biotechnologists (GNOBB) )  ( 1 ) 29 - 35   2017年03月

    学会支部会誌  

  • CRISPR-Cas9 Genome editing technology

    Rahman A, Aslam M

    Workshop hand book (1st National Workshop on CRISPR-Cas9 Genome editing Technology) by GNOBB ( Global Network of Bangladeshi Biotechnologists (GNOBB) )  ( 1 ) 1 - 25   2017年03月

    学会支部会誌  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Auxin, actin and the growth of the Arabidopsis thaliana primary root

    口頭(招待・特別)  Rahman Abidur

    Botany and Plant Biology congress 2007, held at Chicago, U.S.A.  

    2007年07月
     
     

    American Society of Plant Biologists

  • Root morphology and hormonal responses in Arabidopsis thaliana grown under continuous mechanical impedance.

    口頭(一般)  Okamoto, T., A. Rahman, A., Oono, Y. and Tsurumi, S

    日本植物生理学会2008年度年会講演要旨 

    2008年03月
     
     

  • 恒常的な物理刺激によってもたらされる根の形態形成とホルモン応答の解析

    口頭(一般)  岡本崇,Abidur Rhaman ,大野豊,鶴見誠二

    第49回日本植物生理学会年会  (札幌コンベンションセンター ) 

    2008年03月
     
     

    日本植物生理学会

  • Genetic dissection of hormonal responses in the roots of Arabidopsis grown under continuous mechanical impedance.

    口頭(一般)  Okamoto, T., Shibasaki, K. and Tsurumi, S.

    19th International conference on Arabidopsis Research.  (Montreal) 

    2008年07月
    -
    2008年09月

  • Pinoid kinase regulates root gravitropism through modulation of PIN2-dependent basipetal auxin transport in Arabidopsis thaliana.

    口頭(一般)  Gloria, M., Poornima, S., Edward, K., Delong, A. and Rahman, A.

    37th COSPAR Scientific Assembly,   (Montreal.) 

    2008年07月
    -
    2008年09月

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Global Network of Bangladeshi Biotechnologists (GNOBB)-2017 outstanding Scientist award

    2017年12月30日

    受賞者:  Abidur Rahman

    2017年12月29日〜30日にダッカ大学で開催された第3回Global Network of Bangladeshi Biotechnologists (GNOBB)学会で、岩手大学農学部植物生命科学科のラ−マン・アビドゥ−ル准教授が優秀科学者賞を受賞しました。植物ホルモンであるオーキシンが、最適およびストレス条件下で植物の成⻑および発達に果たす役割の解明に貢献したため受賞しました。http://gnobb.org/page/3rd-gnobb-awards-2017

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高等植物におけるオーキシン様除草剤2,4-ジクロロフェノキシ酢酸の作用機構

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2007年04月
    -
    2009年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2007年度・ 2,100,000円・ 0円

    2008年度・ 1,300,000円・ 0円

  • System biology approach in unraveling the mechanism of cellular toxicity of auxinic herbicide

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2009年04月
    -
    2011年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2009年度・ 2,300,000円・ 690,000円

    2010年度・ 1,100,000円・ 330,000円

  • メリステム発生・生長におけるアクチンと植物ホルモン応答との相互作用とその理解

    特定領域研究

    支払支給期間:

    2011年04月
    -
    2013年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2011年度・ 3,200,000円・ 0円

    2012年度・ 3,200,000円・ 0円

  • 植物の寒冷ストレス応答とmicroRNA経由によるオーキシンシグナリングの解明 

    特別研究員推奨費

    支払支給期間:

    2015年06月
    -
    2017年05月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2015年度・ 1,200,000円・ 0円

    2016年度・ 1,100,000円・ 0円

  • 低温ストレス応答の分子メカニズムを基盤とした低温耐性トマトの開発

    基盤研究(B)

    支払支給期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2020年度・ 5,700,000円・ 1,710,000円

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Building a complete molecular pathway for chilling response in plant by proteomic-peptidomic study

    Iwate University president fund

    資金支給期間 :

    2008年04月
    -
    2010年03月

    研究内容 :

    Building a complete molecular pathway for chilling response in plant by proteomic-peptidomic study

  • Understanding the molecular mechanisms of cadmium and caesium toxicity in plants to engineer hyperaccumulator plants for phytoremediation

    Iwate University president fund

    資金支給期間 :

    2012年04月
    -
    2014年03月

    研究内容 :

    Understanding the molecular mechanisms of cadmium and caesium toxicity in plants to engineer hyperaccumulator plants for phytoremediation

  • Understanding the auxin-cell cycle molecular connection

    平成26年度研究科長裁量経費

    資金支給期間 :

    2012年04月
    -
    2014年03月

    研究内容 :

    In this proposed project, by taking a genetic appraoch, we aim to identify the specific links that controls the auxin mediated cell division; more precisely which components of the auxin signaling connects with or regulates the components of the cell cycle machinery.

  • Chilling stress in corn: identifying the key cellular factor for recovery

    International Research Partnership Fund, University of Saskatchewan

    資金支給期間 :

    2018年05月
    -
    2020年04月

    研究内容 :

    This project is aimed at understanding the chilling response mechanism in corn by using two contrasting chilling sensitive and chilling resistant varieties of corn. Genetic and cell biological approaches will be taken to decipher the mechanisms.

  • The role of auxin transporters in arsenic transport in plants

    Global Innovation Fund, University of Saskatchewan

    資金支給期間 :

    2018年05月
    -
    2020年04月

    研究内容 :

    This project is focused on imaging of roots to identify As distribution using synchroton facilities in Canada and USA. We also aim to understand the role of PIN2 proteins in transporting arsenite across the plant species.

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    継続中
     

    Japanese Society of Plant Physiologists

  • 1999年09月
    -
    継続中
     

    American Society of Plant Biologists

  • 1999年09月
    -
    継続中
     

    Graduate Biochemist Association

  • 2004年06月
    -
    継続中
     

    Global Network of Bangladeshi Biotechnologists

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    American Advancement of Science

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2009年10月
    -
    継続中

    PLOS ONE   Editor, PLOS ONE

  • 2011年01月
    -
    2020年03月

    Frontier in Plant Science   Editor

  • 2013年06月
    -
    2016年05月

    Bioresearch Communication   Editor

  • 2015年10月
    -
    継続中

    Journal of Plant Growth regulation   Editor

  • 2020年03月
    -
    継続中

    Frontier in Plant Science   Associate Editor, Plant Cell Biology Section

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • 第57回日本植物生理学会年会委員会事務局 (2016年03月)

    参加者数 : 1,800人

  • 1st UGAS, Iwate University International Symposium (2016年12月)

    参加者数 : 110人

  • 2nd International Symposium on Innovations in Plant and Food Science (2017年09月)

    参加者数 : 200人

  • 第7回都北植物学会 (2017年12月)

    参加者数 : 100人

  • International Conference on Biotechnolgy in Health and Agriculture (2017年12月)

    参加者数 : 400人

全件表示 >>

学会活動 2(国際会議などの座長) 【 表示 / 非表示

  • Member Secretary [International conference of Biotechnology in Health and Agriculture (2015年01月)]

  • 座長 [1st UGAS, Iwate University International Symposium (2016年12月)]

  • 座長 [International Symposium "Environmental Response Mechanisms in Plants and Animals" (2020年01月)]

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • Journal of Plant Growth Regulation [査読 (2008年04月)]

  • Plant Physiol [査読 (2008年06月)]

  • Plant and Soil Science [査読 (2008年10月)]

  • Journal of Plant Growth Regulation [査読 (2008年10月)]

  • Plant Physiol [査読 (2008年12月)]

全件表示 >>

研究員(受入れ) 【 表示 / 非表示

  • MEXT student (

    1人 
    2014年10月
    -
    2015年09月

    )

  • 外国人特別研究員 (JSPS) (

    1人 
    2015年06月
    -
    2017年05月

    )

  • MEXT student (

    1人 
    2015年10月
    -
    2018年09月

    )

  • MEXT student (

    1人 
    2017年10月
    -
    2018年09月

    )

  • MEXT student (

    1人 
    2018年10月
    -
    2021年09月

    )

全件表示 >>

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2017年度

    Daily Star, the most circulated English News paper in Bangladesh highlighted our research work in the front page of the news paper.
    https://www.thedailystar.net/city/genome-editing-potential-aplenty-1382935

    報道区分: 海外報道

    メディア区分: 新聞

  • 2021年度

    岩手日報

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2021年度

    Dhaka Tribune

    報道区分: 海外報道

    メディア区分: 新聞

  • 2021年度

    South Asia Monitor

    報道区分: 海外報道

    メディア区分: インターネット

  • 2021年度

    MSN, Japan

    報道区分: 全国報道

    メディア区分: インターネット

全件表示 >>

その他研究活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2017年度

    Conducted the day long workshop on CRISPR-cas9 genome editing technology in University of Dhaka, Bangladesh arranged by Global Network of Bangladeshi Biotechnologists.

  • 2020年度

    CRISPR Workshop, Iwate University

 

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 水沢高校スーパーサイエンスハイスクール共同企画英語講義

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : Defining a gene function by mutational study 2007.9.25

    2007年09月
     
     
  • 水沢高校スーパーサイエンスハイスクール共同企画英語講義

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : How to become a Scientist? 2017.11.24

    2007年11月
     
     
  • 八戸北SSH運営指導委員会

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : Judging the presentation and attending the meeting

    2015年06月
     
     

産学官民連携活動 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学COEプログラム合同セミナー

    実績年度 : 2007年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • 2007年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :マサチューセッツ大学

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :Dr.Tobias Baskin氏とThe functional analysis of 2,1-D on cell death using Arabidopsis and Zebra fish について研究交流を行った。

  • 2008年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :マサチューセッツ大学

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :Dr.Tobias Baskin氏とThe functional analysis of 2,1-D on cell death using Arabidopsis and Zebra fish について研究交流を行った。

  • 2008年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :Wake Forest University

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :Dr.Gloria Muday とMolecular mechanism of auxin transport について研究交流を行った。

  • 2009年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :Noble Foundation

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :Dr.Elison Blancaflor とMolecular mechanism of actin cell cytoskeleton について研究交流を行った。

  • 2009年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :マサチューセッツ大学

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :Dr.Tobias Baskin氏とThe functional analysis of 2,1-D on cell death using Arabidopsis and Zebra fish について研究交流を行った。

全件表示 >>

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2009年度

    Grant Review for BARD- The United States- Israel Binational Agricultural Research and Development Fund

  • 2010年度

    Grant review for ISF-Israel Science Foundation
    Grant review for NSF-National Science Foundation

  • 2010年度

    Grant review for NSF-National Science Foundation

  • 2015年度

    Grant review for United States-Isreal Bi national forum

  • 2015年度

    Grant review for Swiss Federal Institute

全件表示 >>

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    国際交流委員会

  • 2011年度

    広報委員会

  • 2011年度

    入試業務

  • 2012年度

    国際交流委員会

  • 2012年度

    広報委員会

全件表示 >>