村元 隆行 (MURAMOTO Takayuki)

写真a

所属

岩手大学  農学部  動物科学科 

職名

准教授

研究室住所

〒0208550 岩手県 盛岡市上田3-18-8

研究室

食肉科学研究室

研究室電話

019-621-6287

研究室FAX

019-621-6287

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

非破壊分析(分光反射率・インピーダンス), 食肉科学(理化学特性・テクスチャー特性・官能特性), ジビエ(イノシシ・ホンシュウジカ・エゾシカ), 日本短角種(放牧仕上げ・経産牛・植物由来タンパク質分解酵素・セシーナ(発色剤無添加牛肉生ハム))

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 新潟大学 -  農学修士  1994年03月

    学位の分野 : 動物生産科学

  • 新潟大学 -  博士(農学)  1999年09月07日

    学位の分野 : 動物生産科学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年08月
    -
    継続中

    岩手大学   農学部   准教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2002年03月

      農林水産省 (国家Ⅰ種 畜産職) 中国農業試験場 畜産部 産肉利用研究室 (黒毛和種研究)   研究員

  • 2002年04月
    -
    2006年07月

      東北農業研究センター 総合研究部 総合研究第2チーム (日本短角種研究)   主任研究官

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 動物資源利用学

  • 食肉科学

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 岩手の牛、日本短角種を科学する [一般・高校生向け]

    講義の概要

    岩手には、全国に、いや世界に誇れる牛がいます。その牛「日本短角種」の魅力を科学的に解説します。また、「日本短角種」の最新の研究についても紹介します。

  • 食肉の品質を非破壊で分析する [一般・高校生向け]

    講義の概要

    食肉の品質を科学的に分析したい。でも、実験室の薬品を使って分析すると、二度と食べられなくなってしまいます。そこで、薬品などを使わずに、非破壊で食肉の品質を調べる方法についてお話しします。また、非破壊分析についての理解を深めてもらうため、講義の途中で実際に非破壊分析を体験してもらいます。

  • 「科学の力」は畜産業にどのように活かされているのか [一般・高校生向け]

    講義の概要

    産業の多くは科学技術の基に成り立っています。そこで、大学や研究機関で開発された科学技術が一次産業のひとつである畜産業にどのように活かされているのかについて、岩手県の畜産業を例に挙げて説明します。講義の中では、科学技術、つまり「科学の力」というものを理解してもらうため、簡単な実験を行います。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2006年度

    畜産物利用学実習

  • 2007年度

    基礎ゼミナール

  • 2007年度

    卒業研究

  • 2007年度

    動物科学総論

  • 2007年度

    動物科学総論

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2007年度

    卒業研究指導(学部):4人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

  • 2008年度

    卒業研究指導(学部):3人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):3人

  • 2009年度

    卒業研究指導(学部):4人

    学位論文審査(学部・主査):4人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):4人

  • 2010年度

    卒業研究指導(学部):4人

    学位論文審査(学部・主査):4人

    研究指導(修士・主任指導):2人

    学位授与者数(修士・主任指導):2人

  • 2011年度

    卒業研究指導(学部):4人

    学位論文審査(学部・主査):4人

    研究指導(修士・主任指導):2人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):2人

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 日本短角種の筋肉の理化学特性に関する研究

    研究期間:

    2006年08月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 日本短角種・理化学特性・放牧肥育・セシーナ(発色剤無添加牛肉生ハム)

    研究態様: 個人研究

    研究制度: その他の研究制度  

    専門分野(科研費分類)

    動物生産科学 , 

  • 野生動物の筋肉の理化学特性に関する研究

    研究期間:

    2006年08月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 野生動物・理化学特性

    研究態様: 個人研究

    研究制度: その他の研究制度  

    専門分野(科研費分類)

    動物生産科学 , 

  • 筋肉の非破壊分析に関する研究

    研究期間:

    2006年08月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 分光反射率・インピーダンス

    研究態様: 個人研究

    研究制度: その他の研究制度  

    専門分野(科研費分類)

    動物生産科学 , 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of dietary amino acid and metabolizable energy levels on performance of native chicken, Hinai-dori

    Muramoto, T., Fujimura, S. and Ishibashi, T.

    Japanese Poultry Science   31 ( 2 ) 93 - 102   1994年03月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Chemical analysis and sensory evaluation of free amino acids and 5'-inosinic acid in meat of Hinai-dori, Japanese native chicken.-Comparison with broilers and layer pullets

    Fujimura, S., Muramoto, T., Katsukawa, M., Hatano, T. and Ishibashi, T.

    Animal Science and Technology   65 ( 7 ) 610 - 618   1994年07月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Total sulfur amino acid requirements of native chicken, Hinai-jidori

    Muramoto, T., Fujimura, S., Kadowaki, M. and Ishibashi, T.

    Animal Science and Technology   67 ( 9 ) 764 - 771   1996年09月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • 地鶏の生産性向上のための栄養学的研究

    村元隆行,藤村 忍,門脇基二,石橋 晃

    日本畜産学会北陸支部新潟県分会報   31   41 - 44   1996年10月

    学術誌  共著・分担

  • Establishment of special feeding standards for tasty native chickens

    Muramoto, T. and Ishibashi, T.

    The 8th AAAP Animal Science Congress   2   788 - 789   1996年10月  [査読有り]

    その他(含・紀要)  共著・分担

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 農業技術大系 畜産編 追録

    村元隆行 他

    農山漁村文化協会  2002年08月

    学術図書

  • 地域資源を活用した家畜生産システム

    村元隆行 他

    学会出版センター  2009年03月

    学術図書

  • 最新農業技術 畜産 vol. 6

    村元隆行 他

    農山漁村文化協会  2013年09月

    学術図書

  • 肉牛大事典

    村元隆行 他

    農山漁村文化協会  2013年11月

    学術図書

  • 肉牛大事典

    村元隆行 他

    農山漁村文化協会  2013年11月

    学術図書

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ビタミンAの制限が黒毛和種去勢牛の成長ホルモン分泌反応と産肉性に及ぼす影響

    中西直人,三津本充,小沢 忍,三橋忠由,後藤 治,相川勝弘,村元隆行

    畜産研究成果情報 ( 農林水産省畜産試験場 )  11   99 - 100   1997年08月

    その他  

  • 黒毛和種去勢牛への粗飼料多給が産肉性に及ぼす影響

    中西直人,相川勝弘,村元隆行,三津本充

    平成9年度近畿中国農業研究成果情報 ( 農林水産省中国農業試験場 )    325 - 326   1998年08月

    その他  

  • 育成期における粗飼料多給が産肉性に及ぼす影響

    中西直人,相川勝弘,村元隆行,三津本充

    畜産研究成果情報 ( 農林水産省畜産試験場 )  12   77 - 78   1998年08月

    その他  

  • 黒毛和種における脂肪細胞の分化調節因子PPARγ2の変異とその簡易検出法

    相川勝弘,中西直人,村元隆行

    畜産研究成果情報 ( 農林水産省畜産試験場 )  13   75 - 76   1999年08月

    その他  

  • 牛肉の日持ちが変わる

    村元隆行

    最近の主な研究成果 ( 農林水産省中国農業試験場 )    14 - 14   2000年09月

    その他  

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 黒毛和種におけるミオスタチン遺伝子の検索

    口頭(一般)  柴田昌宏,相川勝弘,村元隆行

    日本畜産学会第98回大会 

    2001年03月
     
     

  • 黒毛和種及び褐毛和種の腰最長筋におけるPPARγの発現

    口頭(一般)  相川勝弘,柴田昌宏,村元隆行,谷本保幸,河野幸雄

    日本畜産学会第98回大会 

    2001年03月
     
     

  • 肥育牛へのβ-カロチン給与が肉色安定性に及ぼす影響

    口頭(一般)  村元隆行,中西直人,柴田昌宏,相川勝弘

    日本畜産学会第98回大会 

    2001年03月
     
     

  • 黒毛和種去勢牛の産肉性に及ぼす濃厚飼料制限給与の影響

    口頭(一般)  村元隆行,中西直人,柴田昌宏,相川勝

    日本畜産学会第99回大会 

    2001年09月
     
     

  • 黒毛和種におけるミオスタチン遺伝子近傍の制限酵素地図の作成

    口頭(一般)  柴田昌宏,村元隆行,宮下哲典,桑野良三,相川勝弘

    日本畜産学会第99回大会 

    2001年09月
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本畜産学会奨励賞

    2001年03月28日

    受賞者:  村元隆行

  • 東北畜産学会大会優秀発表賞

    2017年08月19日

    受賞者:  西山萌乃、村元隆行

  • 東北畜産学会学術賞

    2021年09月06日

    受賞者:  村元隆行

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • ミスマッチプライマーおよびそれを用いた牛PPARγ2変異体の検出方法

    特許

    特願 特願平11-181471  特開 2001-8688  特許 3174854

    出願日: 1999年06月28日

    公開日: 2001年01月16日

  • 抗酸化能測定による牛肉の肉色保持日数の予測方法

    特許

    特願 特願2004-249922  特開 2006-64630  特許 4543233

    出願日: 2004年08月30日

    公開日: 2006年03月09日

    登録日: 2010年07月09日

  • 急速な酸化による変色の速さから牛肉の肉色保持日数を予測する方法

    特許

    特願 特願2004-249921  特開 2006-64629  特許 4534035

    出願日: 2004年08月30日

    公開日: 2006年03月09日

    登録日: 2010年06月25日