荒木 功人 (ARAKI Isato)

写真a

所属

岩手大学  理工学部  化学・生命理工学科  生命コース 

職名

准教授

研究分野・キーワード

領域化, 細胞間シグナリング, ニワトリ, 中脳, 遺伝子ターゲティング, トランスジェニック動物, ゼブラフィッシュ, 転写因子, 網膜視蓋投射

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(理学)  1994年03月

    学位の分野 : 発生生物学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

    岩手大学   工学部   福祉システム工学科   福祉生体工学   助教授   [本務]

  • 2007年04月
    -
    継続中

    岩手大学   ■廃止組織■   工学部   准教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1996年05月

      ハーバード大学医学部   ポスドク

  • 1996年05月
    -
    2003年03月

      東北大学加齢医学研究所   助手

  • 2000年04月
    -
    2001年01月

      ハイデルベルク大学神経生物学研究所   ポスドク

  • 2001年02月
    -
    2003年03月

      マックスプランク分子細胞生物学・遺伝学研究所   ポスドク

  • 2003年04月
    -
    2004年03月

      筑波大学基礎医学系   講師

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 発生生物学

  • 神経生理学・神経科学一般

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 性と生殖、クローン生物 [一般・高校生向け]

    講義の概要

    クローンを含む自然界における様々な生殖様式から人工的なクローン生物・技術までの解説を行う。(英語での講義も可能)

  • 脳内の化学物質の話 [一般・高校生向け]

    講義の概要

    シナプスにおける情報伝達機構がどのように記憶などの高次機能に貢献するか、またそれが精神疾患や薬物濫用によりどのように攪乱させるかを解説する。(英語での講義も可能)

  • ジュラシックパークは可能か? [一般・高校生向け]

    講義の概要

    映画「ジュラシックパーク」を通じて、分子生物学の技術の実際や限界、問題点、さらに進化について解説する。(英語での講義も可能)

  • タマゴから脳が出来上がるまで [一般・高校生向け]

    講義の概要

    動物の神経系の初期発生機構(神経誘導、極性化、領域化、神経細胞移動、神経分化、軸索ガイダンスなど)について説明する。(英語での講義も可能)

  • 発生生物学と再生医療 〜基礎研究の重要性〜 [一般・高校生向け]

    講義の概要

    応用研究の代表であるiPS細胞は、もともとはコテコテの基礎研究である発生生物学に起源があります。日本における基礎研究の危機が叫ばれる中で、基礎研究の大切さを分かりやすく説明します。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2006年度

    数値計算法

  • 2006年度

    システムバイオロジー特論

  • 2006年度

    分子生物学

  • 2006年度

    科学技術英語

  • 2006年度

    福祉工学通論

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2006年度

    卒業研究指導(学部):3人

  • 2007年度

    卒業研究指導(学部):4人

    研究指導(修士・主任指導):2人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

  • 2008年度

    卒業研究指導(学部):5人

    副研究指導(学部):2人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

  • 2009年度

    卒業研究指導(学部):3人

    副研究指導(学部):2人

    研究指導(修士・主任指導):1人

  • 2010年度

    卒業研究指導(学部):4人

    学位論文審査(学部・主査):4人

    学部研究生:1人

    研究指導(修士・主任指導):3人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):2人

全件表示 >>

FD 研修・教育研究会における発表 【 表示 / 非表示

  • FD講演会

    教育研究会名 : 理工学部

    開催年月 : 2017年12月

  • 学生支援を考える教職員FD・SD研修会

    教育研究会名 : 教育推進機構 学生支援部門

    開催年月 : 2018年12月

  • いわて高等教育コンソーシアムFD・SD研修会「教育の情報化を推進する改正著作権法への対応」

    教育研究会名 : いわて高等教育コンソーシアム

    開催年月 : 2019年12月

  • 令和2年度学生支援を考える教職員FD・SD研修会(オンデマンド配信)

    教育研究会名 : 学生特別支援室、保健管理センター

    開催年月 : 2021年03月

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 正しいデータ解釈とは?

    教材種類:教材

    教材年度 : 2016年度

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2008年度

    その他

    工学部国際研修のための新たな研修先の開拓のためUniversity of British ColumbiaのEnglish Language Instituteに赴き、条件等を交渉、確認

  • 2008年度

    教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項

    各学生に電子メールで、授業配付プリントおよびパワーポイントファイルを送付

  • 2009年度

    教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項

    アイアシスタント上への授業プリントおよびパワーポイントファイルのアップロード

  • 2009年度

    その他

    工学部国際研修引率

  • 2010年度

    その他

    工学部国際研修引率

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A mouse embryonic stem cell line showing pluripotency of differentiation in early embryos and ubiquitous β-galactosidase expression.

    H Suemori, Y Kadokawa, K Goto, I Araki, H Kondoh, N Nakatsuji

    Cell Differ. Dev.     1990年11月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Expression of the chicken 'δ2-crystallin' gene in mouse cells : evidence for encoding of argininosuccinate lyase.

    H Kondoh, I Araki, K Yasuda, T Matsubasa, M Mori

    Gene     1991年11月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Expression of AMD1, a gene for a MyoD1-related factor in the ascidian Halocynthia roretzi.

    I Araki, H Saiga, KW Makabe, N Satoh

    Roux's Arch. Dev. Biol.     1994年11月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Timing of the expression of muscle-specific genes in the ascidian embryo precedes that of developmental fate restriction in lineage cells.

    Y Satou, T Kusakabe, I Araki, N Satoh

    Dev. Growth Differ.     1995年11月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • An intrinsic genetic program for autonomous differentiation of muscle cells in the ascidian embryo.

    N Satoh, I Araki, Y Satou

    Proc. Natl. Acad Sci. U.S.A.     1996年11月

    学術誌  共著・分担

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • どこからどこまでが中脳になるのか?〜表現型の経時的な追跡と変異タンパク質の強制発現を併用した遺伝子カスケードの研究例〜

    荒木功人、仲村春和

    細胞工学 ( 秀潤社 )  19 ( 1 ) 146 - 152   2000年01月

    その他  

  • MyoDファミリー −その発現様式と機能調節−

    荒木功人、佐藤矩行

    細胞工学 ( 秀潤社 )  12 ( 8 ) 599 - 607   1993年08月

    その他  

芸術・技術・体育系業績 【 表示 / 非表示

  • 男子800m(35歳〜39歳の部)

    大会・展覧会:第25回全日本マスターズ陸上競技選手権大会 [スポーツ大会]

    受賞名・順位等名:優勝

    2004年11月
     
     

    発表場所:鹿児島市鴻池陸上競技場

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ニワトリ胚中脳においてEngrailedによって抑制される遺伝子として単離したA-14及びC-37の解析

    ポスター(一般)  木村淳、荒木功人、仲村春和

    日本発生生物学会第35回大会・日本細胞生物学会第55回大会合同大会 

    2002年05月
     
     

  • Isolation and characterization of zebrafish isthmin.

    ポスター(一般)  荒木功人、F Raible、EM Pera、P Aanstad、M Clark、EM De Robertis、M Brand

    日本発生生物学会第35回大会・日本細胞生物学会第55回大会合同大会 

    2002年05月
     
     

  • Isolation of two isthmin genes in zebrafish.

    ポスター(一般)  I Araki, F Raible, EM Pera, EM De Robertis, M Masu, M Brand

    3rd European Conference on Zebrafish and Medaka, Genetics and Development 

    2003年06月
     
     

  • Isthmin1はTGFβスーパーファミリーシグナリングのmodifierである

    ポスター(一般)  荒木功人、F Raible、桝正幸、M Brand

    日本発生生物学会第37回大会 

    2004年06月
     
     

  • Isthmin1はゼブラフィッシュ初期胚においてNodalシグナリングを調節する

    口頭(一般)  荒木功人、F Raible、桝正幸、M Brand

    日本発生生物学会第38回大会 

    2005年06月
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 上原記念財団ポストドクトラルフェローシップ

    1995年01月

    受賞者:  荒木功人

  • Alexander von Humboldt-Stiftung Research Fellowship

    2000年01月

    受賞者:  Isato Araki

  • ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞

    2017年07月03日

    受賞者:  荒木 功人

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 中脳発生におけるEngrailedの標的及び下流遺伝子の探索とその解析

    奨励研究A

    支払支給期間:

    1999年04月
    -
    2000年03月

  • ニワトリ胚における中脳の形成・分化の分子機構の解析

    奨励研究A

    支払支給期間:

    1997年04月
    -
    1999年03月

  • ホヤのMyoD様遺伝子AMD1の発現と機能解析

    日本学術振興会特別研究員奨励費

    支払支給期間:

    1993年04月
    -
    1995年03月

  • 視蓋発生における遺伝子ネットワークの研究

    重点領域研究(2)

    支払支給期間:

    1997年04月
    -
    1998年03月

  • 視蓋発生における遺伝子ネットワークの研究

    重点領域研究(2)

    支払支給期間:

    1997年04月
    -
    1998年03月

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • エレクトロポレーションによる遺伝子導入、遺伝子治療、局所的投薬

    中小企業振興財団 中小企業創造基盤技術研究事業

    資金支給期間 :

    1998年04月
    -
    2000年03月

    研究内容 :

  • ヴィーナス誕生2〜ニワトリ胚への遺伝子導入〜

    JSPS研究成果の社会還元・普及事業 ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ

    資金支給期間 :

    2017年05月
    -
    2017年07月

    研究内容 :

    参加者は、蛍光タンパク質としては特に明るいヴィーナス (Venus) タンパク質をコードする遺伝子を、遺伝子導入技術の一つであるエレクトロポレーション (電気穿孔) 法を用いて、ニワトリ胚の脳に導入し、観察を行う。

  • DNA鑑定団

    JSPS研究成果の社会還元・普及事業 ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ

    資金支給期間 :

    2016年05月
    -
    2016年07月

    研究内容 :

    参加者の口内の細胞からPCR法によりDNAを実際に増幅し、DNA鑑定を行う。

  • 軸索性リボソームのライブイメージング

    部局経費

    資金支給期間 :

    2016年12月
     
     

    研究内容 :

    軸索性リボソームの期限や、サブユニット会合のタイミングを解析するため、蛍光タンパク質タグ付きリボソームタンパク質の発現コンストラクトを作製し、P19細胞に導入後、レチノイン酸処理により神経誘導を行い、神経軸索におけるリボソームサブユニットのライブイメージングを行う。

  • DNA鑑定団〜あなたはお酒に弱い?それとも強い?〜

    JSPS研究成果の社会還元・普及事業 ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ

    資金支給期間 :

    2018年05月
    -
    2018年07月

    研究内容 :

    参加者自身のDNAを増幅、分析(鑑定)することにより、生命の根源がDNAであることを実感してもらう。また、ライフサイエンス分野で用いられる基本的技術であるPCRや制限酵素、電気泳動を体験してもらう。更に、 最新の科学・技術に潜む落とし穴に関する議論を通じて、科学・技術へのより正しい理解を深めてもらう。加えて、自身のアルコール飲料に対する耐性を知ることで、成人後のアルコール飲料との正しい付き合い方について、考えてもらう。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    継続中
     

    日本発生生物学会

  • 1990年06月
    -
    2014年05月
     

    日本動物学会

  • 1992年07月
    -
    継続中
     

    日本分子生物学会

  • 2014年05月
    -
    2017年08月
     

    日本神経科学学会

  • 2015年04月
    -
    2018年08月
     

    日本RNA学会

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2007年03月
    -
    2009年02月

    日本発生生物学会   運営委員

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • Development Growth and Differentiation [査読 (2006年01月)]

  • Development Growth and Differentiation [査読 (2007年07月)]

  • Development Growth and Differentiation [査読 (2007年11月)]

  • Development Growth and Differentiation [査読 (2008年12月)]

  • Development Growth and Differentiation [査読 (2009年04月)]

全件表示 >>

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 主に鳥類のための過剰発現用ベクター

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2017年度

    9月11日に本学で行われた日本学術振興会「ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞」受賞伝達式の模様が9月13日の岩手日報に取り上げられた。

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2018年度

    2018年7月29日に開催する「ひらめき★ときめきサイエンス DNA鑑定団〜あなたはお酒に弱い?それとも強い?〜」に関し取材を受け、2018年7月13日に盛岡経済新聞に掲載された。

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

 

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2013年度 岩手生物教育談話会

    指導等の内容 :

    平成25年度第1回実験教室(PCR)の指導、superviseを行った。

  • 2013年度 岩手生物教育談話会

    指導等の内容 :

    平成25年度第2回実験教室(大腸菌の遺伝子組換え実験)の指導、superviseを行った。

  • 2015年度 東北大学浅虫海洋生物学教育研究センター

    指導等の内容 :

    運営委員会及び共同利用協議会 委員

  • 2016年度 東北大学浅虫海洋生物学教育研究センター

    指導等の内容 :

    運営委員会及び共同利用協議会 委員

  • 2017年度 東北大学浅虫海洋生物学教育研究センター

    指導等の内容 :

    運営委員会及び共同利用協議会 委員

全件表示 >>

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 青森南高校 出前講義

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : ジュラシックパークは実現可能か?(2コマ)

    2007年02月
     
     
  • 第97回もりおか生物科学の集い

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : 中脳領域化の分子機構

    2007年03月
     
     
  • 科学談話会

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : バルカン半島を往く

    2007年11月
     
     
  • 金沢小学校 出前講義

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 遺伝と発生(1時限)

    2008年11月
     
     
  • 釜石高校 出前講義

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : ジュラシックパークは実現可能か?(2コマ)

    2008年12月
     
     

全件表示 >>

他大学等の非常勤講師 【 表示 / 非表示

  • 宮城教育大学

    出口竜作教授の依頼により、大学院理科教育専修の授業科目「生物学特別実習」にて90分の講義を行った。 (

    2017年09月
     
     

    )

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    福岡高校アカデミックインターンシップ「ニワトリ胚への遺伝子導入」(2016/11/5、11/12)

  • 2016年度

    福岡高校アカデミックインターンシップ「制限酵素地図作製」(2016/9/23)

  • 2016年度

    多賀城高校アカデミックインターンシップ「プラスミドの少量調製と制限酵素地図作製」(2016/7/27-28)

  • 2017年度

    仙台向山/多賀城/福岡/一関一高アカデミックインターンシップ「アカデミックインターンシップ:プラスミドの少量調製と制限酵素地図作製」(2017/8/7-8/8)を実施。参加者は16名。

  • 2018年度

    多賀城/福岡/一関一高/盛岡中央/盛岡三高アカデミックインターンシップ「アカデミックインターンシップ:プラスミドの少量調製と制限酵素地図作製」(2018/8/7-8/8)を実施。参加者は12名。

全件表示 >>

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年度

    学科・課程等での業務分担

  • 2007年度

    学科・課程等での業務分担

  • 2007年度

    学科・課程等での業務分担

  • 2007年度

    工学部国際交流委員会

  • 2007年度

    動物実験委員会

全件表示 >>

その他大学運営活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2008年度

    国際研修実施委員会委員長(英語対応できる事務方がいないため、英語が関わる事務業務を委員長が全てやらねばならない)

  • 2009年度

    国際研修実施委員会委員長(英語対応できる事務方がいないため、英語が関わる事務業務を委員長が全てやらねばならない)

  • 2010年度

    国際研修実施委員会委員長(英語対応できる事務方がいないため、英語が関わる事務業務を委員長が全てやらねばならないなど、事務的負担が他の委員長に比べて相当重い)

  • 2011年度

    国際研修実施委員会委員長(英語対応できる事務方がいないため、英語が関わる事務業務を委員長が全てやらねばならないなど、事務的負担が他の委員長に比べて相当重い)

  • 2012年度

    国際研修実施委員会委員長(英語対応できる事務方がいないため、英語が関わる事務業務を委員長が全てやらねばならないなど、事務的負担が他の委員長に比べて相当重い)

全件表示 >>