河村 幸男 (KAWAMURA Yukio)

写真a

所属

岩手大学  農学部  植物生命科学科 

職名

准教授

生年

1970年

研究室住所

〒020-8550 岩手県 盛岡市上田3-18-8 農学部附属寒冷バイフロンティア研究センター

研究室

7号館304号室

研究室電話

019-621-6200

研究室FAX

019-621-6200

ホームページ

http://news7a1.atm.iwate-u.ac.jp/%7Ecrcdbbt/index.htm

研究分野・キーワード

低温植物生理学

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    大阪市立大学   理学部   生物学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    北海道大学  地球環境科学研究科  生態環境科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(地球環境)  2000年03月31日

    学位の分野 : 環境農学(含ランドスケープ科学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

    岩手大学   研究員   [本務]

  • 2004年04月
    -
    2004年12月

    岩手大学   日本学術振興会特別研究員   [本務]

  • 2005年01月
    -
    2007年03月

    岩手大学   助教授   [本務]

  • 2007年04月
    -
    2009年02月

    岩手大学   准教授   [本務]

  • 2009年03月
    -
    継続中

    岩手大学   准教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

      メリーランド大学   日本学術振興会特別研究員

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 植物分子・生理科学

  • 環境農学(含ランドスケープ科学)

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 冬の植物は氷点下でどのように生きているのか? [一般・高校生向け]

    講義の概要

    普段、生き物と水との関係を考えるとき、水が液体で存在する常温でのことを考えるかと思います。が、水が凍結する温度になりますと、この凍結した水、すなわち、氷は、常温で生きていた生き物にとって色々な不都合な環境を作り出します。例えば、細胞の中に氷が出来ますと、細胞はすぐに死んでしまいます。冬の植物は、その様な環境で生きるために、他の季節とは異なる体のつくりに変化しています。講義では、出来るだけ、写真や映像を使いながら、その様子を伝えられれば、と思っています。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2009年度

    科学文献読解法

  • 2009年度

    基礎生物学実験

  • 2009年度

    科学技術英語(中級)

  • 2010年度

    物理化学概論

  • 2010年度

    科学文献読解法

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2009年度

    副研究指導(学部):1人

    学位論文審査(学部・副査):1人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

  • 2010年度

    卒業研究指導(学部):1人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

    【連合農学研究科・連合獣医学研究科】 第1副指導(博士):1人

  • 2011年度

    卒業研究指導(学部):1人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):2人

    【連合農学研究科・連合獣医学研究科】 第1副指導(博士):1人

  • 2012年度

    大学院研究生(修士・専門職学位課程):1人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):3人

    【連合農学研究科・連合獣医学研究科】 第1副指導(博士):2人

  • 2013年度

    卒業研究指導(学部):1人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):3人

    【連合農学研究科・連合獣医学研究科】 第1副指導(博士):2人

全件表示 >>

学生課外活動の指導(サークル等の顧問等)の実施 【 表示 / 非表示

  • 2017年度

    アニメ研究部顧問

  • 2018年度

    アニメ研究部顧問

  • 2019年度

    アニメ研究部顧問

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2009年度

    その他

    アウトリーチ活動:
    1. 秋田県立大曲高等学校出前講義「冬の植物は氷点下でどのようにして生きているのか」(大曲、2009年8月3日)
    2. 青森県立野辺地高等学校模擬講義「冬の植物は氷点下でどのようにして生きているのか」(盛岡、2009年10月7日)

  • 2010年度

    その他

    アウトリーチ活動:
    1. 茨城県牛久栄進高等学校出前講義「冬の植物は氷点下でどのようにして生きているのか」(盛岡、2010年10月5日)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 植物細胞壁の力学的性質に関する研究

    研究期間:

    1993年04月
    -
    1994年03月

    研究課題キーワード : 植物細胞壁

    研究制度: その他の研究制度  

    専門分野(科研費分類)

    植物分子・生理科学 , 

    研究活動内容

    学部卒業研究

  • 低温感受性植物の低温傷害と液胞膜H+-ATPaseの低温失活の関連性に関する研究

    研究期間:

    1994年04月
    -
    2000年03月

    研究課題キーワード : 植物の低温傷害

    研究制度: その他の研究制度  

    専門分野(科研費分類)

    植物分子・生理科学 , 

    研究活動内容

    修士課程および博士課程研究

  • 低温感受性植物の低温傷害と液胞膜プロトンポンプの低温失活の関連性に関する研究

    研究期間:

    1994年04月
    -
    2008年12月

    研究課題キーワード : 植物の低温傷害

    研究態様: 個人研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    植物分子・生理科学 , 

  • 生体膜の安定性に注目した耐凍性増大の分子的メカニズムに関する基礎的研究

    研究期間:

    2000年04月
    -
    2002年03月

    研究課題キーワード : 植物の凍結耐性

    研究制度: 新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業  

    専門分野(科研費分類)

    植物分子・生理科学 , 

  • 低温感受性植物の低温傷害と液胞膜プロトンポンプの低温失活の関連性に関する研究

    研究期間:

    2002年04月
    -
    2004年03月

    研究課題キーワード : 植物の低温傷害

    研究制度: 基礎科学特別研究員研究費  

    専門分野(科研費分類)

    植物分子・生理科学 , 

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Formulation of pre-extension in a practical stress-relaxation measurement of the plant cell wall

    Kawamura, Y., Hoson, T., Kamisaka, S. and Yamamoto, R.

    Biorheology   32 ( 6 ) 611 - 620   1995年11月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Alterations of intracellular pH in response to low temperature stresses

    Yoshida, S., Hotsubo, K., Kawamura, Y., Murai, M., Arakawa, K. and Takezawa, D. 

    Journal of Plant Research   112 ( 2 ) 225 - 236   1999年06月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Stress-relaxation analysis of submerged and air-grown rice coleoptiles: Correlations with cell wall biosynthesis and growth

    Kawamura, Y., Wakabayashi, K., Hoson, T., Yamamoto, R. and Kamisaka, S.

    Journal of Plant Physiology   156   689 - 694   2000年03月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Tissue specificity of E subunit isoforms of plant vacuolar H+ATPase and existence of isotype enzymes

    Kawamura Y., Arakawa K., Maeshima M. and Yoshida S.

    Journal of Biological Chemistry   275 ( 9 ) 6515 - 6522   2000年03月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • ATP analogue binding to the A subunit induces conformational changes in the E subunit that involves a disulfide bond formation in plant V-ATPase

    Kawamura, Y., Arakawa, K., Maeshima, M. and Yoshida, S.

    European Journal of Biochemistry   268 ( 10 ) 2801 - 2809   2001年05月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Plant Cold Hardiness: Molecular Biology, Biochemistry, and Physiology (Eds.: P. Li and T. Chen)

    Hotsubo, K., Kawamura, Y., Takezawa, D., Arakawa, K., and Yoshida, S. ( 担当範囲: Characterization of vacuolar H+ATPases that are sensitive and tolelant to cold )

    Plenum Press  1998年01月 ISBN: 978-030647286

    学術著書

  • Plant Cold Hardiness: Gene Regulation and Genetic Engineering (Eds.: P. Li, T. Chen and T. Palva)

    Kawamura, Y., and Uemura, M. ( 担当範囲: Changes of the plasma membrane from Arabidopsis thalianawithin 1 week of cold acclimation )

    Kluwer Academic/Plenum Publishers  2002年04月 ISBN: 978-030647286

    学術著書

  • Cold Hardiness in Plants: Molecular Genetics, Cell Biology and Physiology (Eds.: T.H.H. Chen, M. Uemura and S. Fujikawa)

    Tominaga, Y., Nakagawara, C., Kawamura, Y., and Uemura, M. ( 担当範囲: Effect of plasma membrane- associated proteins on acquisition of freezing tolerance in Arabidopsis thaliana )

    CAB International  2006年01月 ISBN: 978-085199059

    学術著書

  • Plant Cold Hardiness: from the Laboratory to the Field (Gusta LV, Winiewski ME, Tanino KK, eds)

    Kaplan F, Sung DY, Haskell D, Riad GS, Popp M, Amaya M, LaBoon A, Kawamura Y, Tominaga Y, Kopka J, Uemura M, Lee K-J, Brecht JK and Guy CL ( 担当範囲: Could ethanolic fermentation during cold shock be a novel plant cold stress coping strategy? )

    CABI Publishing  2009年07月 ISBN: 978-184593513

    学術著書

  • Plant Cold Hardiness: from the Laboratory to the Field (Gusta LV, Winiewski ME, Tanino KK, eds)

    Minami A, Kawamura Y, Yamazaki T, Furuto A and Uemura M ( 担当範囲: Plasma membrane and plant freezing tolerance: possible involvement of plasma membrane microdomains in cold acclimation )

    CABI Publishing  2009年07月 ISBN: 978-184593513

    学術著書

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 植物の凍結耐性機構における細胞膜タンパク質の役割

    河村幸男, 山崎誠和, 南杏鶴, 上村松生

    蛋白質 核酸 酵素 ( 共立出版 )  52 ( 6 ) 517 - 523   2007年05月

    その他  

  • Detergent-resistant plasma membrane proteome to elucidate microdomain functions in plant cells

    Takahashi, D., Kawamura, Y. and Uemura, M.

    Frontiers in Plant Science ( Frontiers Media S.A )  4   27   2013年02月

    学術誌  

  • Plant plasma membrane proteomics for improving cold tolerance

    Takahashi, D., Li, B., Nakayama, T., Kawamura, Y. and Uemura, M.

    Frontiers in Plant Science ( Frontiers Media S.A )  4   90   2013年04月

    学術誌  

  • 植物の低温感知と馴化の制御:植物の冬季感知の理解に向けて

    開勇人,上村松生,河村幸男

    生物物理 ( 日本生物物理学会 )  60   98 - 101   2020年03月

    学術誌  

  • 植物が温度ノイズの中から冬を感知するメカニズム

    開勇人,上村松生,河村幸男

    月刊細胞 ( ニューサイエンス社 )  53   232 - 235   2021年04月

    学術誌  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 低温馴化で細胞膜に蓄積する膜タンパク質の機能解析

    口頭(一般)  山崎誠和, 河村幸男, 南杏鶴, 上村松生

    第48回日本植物生理学会年会  (松山) 

    2007年03月
     
     

  • 氷晶成長による機械的ストレスとその耐性機構

    口頭(一般)  河村幸男, 山崎誠和, 上村松生

    第48回日本植物生理学会年会  (松山) 

    2007年03月
     
     

  • Cold acclimation and plasma membrane cryobehavior in plant cells

    口頭(一般)  Uemura M, Minami A, Yamazaki T, Shigematsu S, Furuto A and Kawamura Y

    The 44th Meeting of the Society for Cryobiology 

    2007年07月
    -
    2007年08月

    Lake Louise, Canada

  • Involvement of an Arabidopsis synaptotagmin-like protein AtSytA in calcium-dependent freezing tolerance

    ポスター(一般)  Yamazaki T, Kawamura Y, Minami A and Uemura M

    The 8th International Plant Cold Hardiness Seminar  (Saskatchewan, Canada) 

    2007年08月
     
     

  • Plasma membrane microdomains respond to low temperatures

    口頭(招待・特別)  Uemura M, Minami A, Yamazaki T, Furuto A and Kawamura Y

    The 8th International Plant Cold Hardiness Seminar  (Saskatchewan, Canada) 

    2007年08月
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 東北植物学会大会奨励賞

    2013年12月15日

    受賞者:  高橋大輔,冨永陽子,河村幸男,上村松生

    GPI-anchored Proteinに着目した低温馴化応答機構の解明 ~GPI-Proteome解析を基盤として~

  • Student Travel Award, John Critser Travel Award and Peter Steponkus Crystal Award

    2014年06月02日

    受賞者:  Takahashi D, Tominaga Y, Kawamura Y, Uemura M

    Compositional and functional analyses of glycosylphosphatidylinositol-anchored protein (GPI-AP) during plant cold acclimation

  • Best Presentation Award

    2014年06月27日

    受賞者:  Takahashi D, Tominaga Y, Kawamura Y, Uemura M

    Proteomic approaches reveal diversified responses of GPI-anchored proteins to cold acclimation in Arabidopsis

  • Best Student Poster Awards

    2014年08月21日

    受賞者:  Hiraki H, Uemura M, Kawamura Y

    Low-temperature sensing of plant cells and the dynamics of cytoplasmic calcium

  • 第60回 低温生物工学会 ベストプレゼンテーション賞

    2015年05月30日

    受賞者:  開 勇人、冨永陽子、上村松生、河村幸男

    植物の低温感知におけるCa2+の動態とその役割

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 低温誘導性細胞膜修復タンパク質に注目した植物耐凍性機構の解明とその応用機構の解明とその応用

    特別研究員推奨費

    支払支給期間:

    2004年04月
    -
    2004年12月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2004年度・ 1,200,000円・ 0円

  • 植物凍結下における生理・生化学的解析と凍結傷害回避機構の解明

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2006年04月
    -
    2009年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2006年度・ 2,200,000円・ 0円

    2007年度・ 700,000円・ 0円

    2008年度・ 700,000円・ 210,000円

  • 植物に高凍結ストレス耐性をもたらす細胞膜修復の分子メカニズムの解明

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2010年04月
    -
    2012年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2010年度・ 3,120,000円・ 720,000円

    2011年度・ 1,040,000円・ 240,000円

  • 植物の低温耐性獲得および喪失における温度刺激・応答機構の高時空間分解解析

    科学研究費 新学術領域研究 (分担)

    支払支給期間:

    2010年07月
    -
    2015年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2010年度・ 1,000,000円・ 300,000円

    2011年度・ 1,000,000円・ 300,000円

    2012年度・ 1,000,000円・ 300,000円

    2013年度・ 500,000円・ 150,000円

    2014年度・ 500,000円・ 150,000円

  • 細胞膜の不均一性の意義: 低温環境応答機構への関与を例として

    基盤研究(B)

    支払支給期間:

    2012年04月
    -
    2016年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2012年度・ 1,000,000円・ 300,000円

    2013年度・ 500,000円・ 150,000円

    2014年度・ 500,000円・ 150,000円

    2015年度・ 500,000円・ 150,000円

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 植物凍結耐性における細胞膜修復の分子機構

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2009年06月
    -
    2010年03月

    研究内容 :

    植物の耐凍性機構の解明は、寒冷地における安定的な農業生産につながる、きわめて重要な課題である。凍結下では、細胞は脱水ストレスと機械ストレスに曝されるが、これまで、凍結脱水ストレス耐性に関する研究がほとんどであった。しかし、我々は、凍結機械ストレス耐性について着目し、新規凍結耐性機構である細胞膜修復を発見した。また、この機構に細胞膜タンパク質シナプトタグミンSYT1が関与することも証明した。これらの研究は、国際的にも非常に高い評価を得られ、Plant Cell誌に掲載された。しかし、SYT1はカルシウムセンサーとして働くことが知られているが、膜融合による細胞膜修復にはSNAREと呼ばれる3種のタンパク質、すなわち、シンタキシン(SYP)、シナプトブレビン(VAMP)、SNAP25様タンパク質(SNAP25-like)が必須である。本課題では、凍結耐性における細胞膜修復の分子機構に関与するSNAREタンパク質を明らかにすることを目的とする。

  • 植物の低温環境下における生命現象とその細胞生理学的解明

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2009年07月
    -
    2010年03月

    研究内容 :

    【1.研究目的】
    これまで我々は、植物の低温適応能力に着目し、1)細胞膜の低温安定化機構、2)低温下における根の生長機構、3)低温下における細胞増殖停止機構、4)低温ストレスと開花機構、について研究を進めてきた。その結果、低温適応に関与する複数の分子を同定するだけでなく、低温下における新たな生理的現象の発見に至った。しかし、低温下における、それら分子の働きや生理現象の意味に関しては、依然、不透明なままである。一方、分子機能解明の発展には、ライブイメージングを含む顕微鏡学的研究、例えば、分子の細胞内局在や動態の観察などが不可欠である。本課題では、特に、低温ステージ付き共焦点顕微鏡システムを用いた細胞生理学的方法を発展させ、植物の低温適応に関する分子生理機構の解明を目指す。
    【2.期待される成果】
    近年、分子機能解析の方法として遺伝学的手法は主流ではあるが、それだけでは具体的な機能解明は困難である。一方、我々は、植物の低温適応機構を解明するため、生理学的および生化学的な研究方法も取り入れてきた。その研究成果は、国内外をみても非常にユニークな方向に発展しており、また、Plant Cell (impact factor 9.3) 等の国際的に評価の高い雑誌にも掲載されてきた。本課題では、その方向性をさらに細胞生理学的に発展させるため、特に、細胞レベルでの低温適応機構の理解が進み、植物寒冷バイオシステム機構の、より一層の解明が期待できる。
    【3.中期目標との関連性】
    中期目標では、「寒冷バイオシステム機構の解明と寒冷遺伝子資源の活用」を掲げており、そのためには、低温適応に関与する分子の機能解明は必須である。本課題は、植物におけるそれら分子の機能解明を細胞レベルで目指すものであり、中期目標と非常にマッチするものである。

  • 高耐凍性植物であるネギを用いた細胞膜および小胞体の凍結膜動態解析

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2010年06月
    -
    2011年03月

    研究内容 :

    植物の耐凍性機構の解明は、寒冷地における安定的な農業生産につながる、きわめて重要な課題である。凍結下では、細胞は脱水ストレスと機械ストレスに曝されるが、凍結下における細胞の生理学的な活動についてはほとんど情報が集まっていない。これまで、我々は、主にモデル植物であるシロイヌナズナを使用し、特に凍結下における細胞膜挙動について大きな成果を上げてきた。しかし、これらの実験・観察においては、技術的には不自然な状態であるプロトプラストを使用する他はなく、また、凍結耐性も-4℃までの比較的高い温度域のみでの観察であった。加えて、凍結下における小胞体膜のダイナミクスも凍結耐性上昇には必要と考えられているものの、凍結下における具体的なデーターに欠けていた。
     本課題では、カナダサスカチュワン大学のカレン・タニノ教授らと共同研究で、組織レベルでの凍結観察が容易であり、かつ、凍結耐性の非常に高いネギ(Allium fistulosum L.)を用いて、凍結下における細胞膜および小胞体の凍結動態を詳細に解析し、最終的に、サスカチュワン大学で進められているシンクロトロンによる分光学的な解析結果を合わせ、凍結下における生理学的活動の総合理解を目指す。

  • テラヘルツ波による植物・土壌中の氷晶成長の可視化とメカニズムの解明

    平成24年度 北東北国立3大学連携推進研究プロジェクト

    資金支給期間 :

    2012年09月
    -
    2014年03月

    研究内容 :

    北東北は,栽培作物が凍結枯死する凍害や,土壌が凍結し隆起する凍上による構造物破壊などに悩まされているが,凍結時における氷晶の位置や成長速度によって被害の程度が異なる.すなわち氷晶成長のメカニズムを知ることは,植物の凍害や土壌での凍上害を理解し,対策を行う上で重要な知見となる.この凍害や凍上害の原因である氷晶の発生・成長過程や分布状態をテラヘルツ(THz)イメージングで可視化する.さらに氷晶成長過程における水-氷の相変化に伴う熱的現象を解析することで氷晶成長のメカニズムを明らかにする.本プロジェクトの特色は,非破壊・非侵襲的に水と氷晶を効果的に識別しマッピングできるTHzイメージングを用いる点である

  • 凍った植物を生きたまま観る:凍結観察技術の開発と発展

    JST復興促進プログラム(A-STEP)探索タイプ

    資金支給期間 :

    2012年10月
    -
    2013年09月

    研究内容 :

    凍結耐性の高い植物は、凍結下において静的に耐えているのではなく、膜構造がダイナミックに動き、細胞内構造は大きく変化する。しかし、この凍結動態の生理的意味などに関しては未知なままである。これは、凍結下で生きた細胞を“観る”技術が不足しているからである。しかし逆に言えば、凍結下での現象を観る技術が発展すれば、これらの課題は解決され、低温生理学の分野に大きなブレークスルーがもたらされるものと期待される。本研究課題では、低温ステージとレーザー共焦点顕微鏡とを組み合わせ、草本植物における凍結下での細胞生理学的現象をリアルタイムで観る、そのための技術確立を第一の目的とする。

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1993年12月
    -
    継続中
     

    日本植物生理学会

  • 2000年05月
    -
    継続中
     

    American Society of Plant Biologists

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    低温生物工学会

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2009年08月
    -
    継続中

    低温生物工学会   理事

  • 2013年04月
    -
    継続中

    低温生物工学会   編集委員

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • 第56回低温生物工学会セミナー・年会 (2011年07月)

    参加者数 : 70人

  • 東北植物学会第1回大会 (2011年12月)

    参加者数 : 100人

  • 第57回日本植物生理学会年会 (2016年03月)

    参加者数 : 1,800人

  • 東北植物学会第7回大会 (2017年12月)

    参加者数 : 120人

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • Physiologia Plantarum [査読 (2008年05月)]

  • Plant and Cell Physiology [査読 (2008年07月)]

  • Physiologia Plantarum [査読 (2008年08月)]

  • Physiologia Plantarum [査読 (2008年10月)]

  • Physiologia Plantarum [査読 (2008年12月)]

全件表示 >>

 

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 新学術領域研究「植物の環境感覚」第5回班会議

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 班会議の企画および準備を行った

    2012年06月
     
     
  • 新学術領域「植物の環境感覚」: 温度受容と応答に関する研究集会

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 細胞膜タンパク質シナプトタグミンが持つ細胞膜修復機能と凍結耐性について

    2012年06月
     
     
  • 低温顕微鏡観察に関する技術指導

    種類 : 教育方法指導

    担当部門(講演題目) : 低温・凍結下における顕微鏡観察方法について

    2013年05月
     
     
  • 低温顕微鏡観察に関する技術指導

    種類 : 教育方法指導

    担当部門(講演題目) : 低温・凍結下における顕微鏡観察方法について

    2013年10月
     
     
  • 低温顕微鏡観察に関する技術指導

    種類 : 教育方法指導

    担当部門(講演題目) : 低温・凍結下における顕微鏡観察方法について

    2014年03月
     
     

全件表示 >>

国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • 2009年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :寒冷バイオフロンティア研究センター客員教授

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :Dr. Karen Tanino (University of Saskatchewan、Canada)との共同研究

  • 2010年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :寒冷バイオフロンティア研究センター客員教授

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :Dr. Karen Tanino (University of Saskatchewan、Canada)との共同研究

  • 2011年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :寒冷バイオフロンティア研究センター客員教授

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :Dr. Karen Tanino (University of Saskatchewan、Canada)との共同研究

  • 2012年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :寒冷バイオフロンティア研究センター客員教授

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :Dr. Karen Tanino (University of Saskatchewan、Canada)との共同研究

  • 2013年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :Bangladesh Rice Research Institute

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :Abihijit Saha博士(Bangladesh Rice Research Institute)が、イネへの低温および高塩ストレスを軽減する方策の生理学的検討を目的に研究室に滞在し、研究交流を行った。

全件表示 >>

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年度

    広報委員会

  • 2010年度

    広報委員会

  • 2010年度

    バイオイメージングシステ仕様書策定委員会

  • 2010年度

    農学部広報委員会

  • 2011年度

    「生物の世界」分科会 小委員

全件表示 >>

その他大学運営活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    全学共通機器であるレーザー共焦点顕微鏡Nikon C2(農学部7号館302号室)の管理運営

  • 2012年度

    全学共通機器であるレーザー共焦点顕微鏡Nikon C2(農学部7号館302号室)の管理運営

  • 2012年度

    共焦点顕微鏡に関する個別指導(1階2時間程度を年5回程度)

  • 2013年度

    全学共通機器であるレーザー共焦点顕微鏡Nikon C2(農学部7号館302号室)の管理運営

  • 2013年度

    共焦点顕微鏡に関する個別指導(1階2時間程度を年5回程度)

全件表示 >>