立石 貴浩 (TATEISHI Takahiro)

写真a

所属

岩手大学  農学部  応用生物化学科 

職名

准教授

研究室

土壌学研究室

研究室電話

019-621-6230

研究分野・キーワード

土壌生化学、土壌微生物学

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年03月

    鳥取大学   農学部   農芸化学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年03月

    広島大学  生物圏科学研究科  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 広島大学 -  博士(学術)  1995年12月21日

    学位の分野 : 環境動態解析

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年09月
    -
    2007年03月

    岩手大学   農学部   農業生命科学科   植物生産学   助教授   [本務]

  • 2007年04月
    -
    継続中

    岩手大学   農学部   准教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    1998年03月

      京都大学生態学研究センター   講師(中核的研究期間研究員)

  • 1996年04月
    -
    1999年09月

      平安女学院短期大学   非常勤講師

  • 1999年04月
    -
    1999年10月

      京都大学総合人間学部   非常勤講師

  • 1999年11月
    -
    2002年08月

      生物系特定産業技術研究推進機構   研究員

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 植物栄養学・土壌学

  • 地域環境工学・計画学

  • 環境技術・環境負荷低減

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 生命を支える土壌 [一般・高校生向け]

    講義の概要

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    生物元素循環論

  • 2004年度

    基礎分析化学実験

  • 2004年度

    環境土壌学

  • 2004年度

    生命のしくみ

  • 2004年度

    農学のための生物学

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    副研究指導(学部):3人

    研究指導(修士・主任指導):2人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):3人

  • 2005年度

    卒業研究指導(学部):4人

    副研究指導(学部):2人

    研究指導(修士・主任指導):2人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):3人

  • 2006年度

    卒業研究指導(学部):2人

    副研究指導(学部):2人

    学位論文審査(学部・副査):1人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

  • 2007年度

    卒業研究指導(学部):3人

    副研究指導(学部):1人

    学位論文審査(学部・副査):1人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):2人

  • 2008年度

    副研究指導(学部):2人

    学位論文審査(学部・副査):1人

全件表示 >>

FD 研修・教育研究会における発表 【 表示 / 非表示

  • 発達障害の単位認定、課外活動支援のあり方

    教育研究会名 : 平成22年度岩手大学学生指導担当教職員研修会

    開催年月 : 2010年11月

  • 発達障害学生の理解と支援

    教育研究会名 : 北海道・東北地区メンタルヘルス研究協議会

    開催年月 : 2010年11月

  • サスカチュワン大学とのデュあるディグリープログラムについて

    教育研究会名 : 岩手連大FD講演会

    開催年月 : 2012年02月

  • 大学における専門教育のあり方とその可能性ー筑波大学医学部医学類の経験から

    教育研究会名 : 生物の世界分科会FD

    開催年月 : 2012年03月

  • 学生指導に関する担任教員の留意点、ほか2題

    教育研究会名 : 保健管理センターと担任教員との連絡会

    開催年月 : 2012年09月

全件表示 >>

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学環境教育科目講義資料 廃棄物と環境

    教材種類:教材

    教材年度 : 2010年度

学生課外活動の指導(サークル等の顧問等)の実施 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    有機農業研究会顧問

  • 2017年度

    有機農業研究会顧問

  • 2018年度

    有機農業研究会顧問

  • 2019年度

    有機農業研究会顧問

  • 2020年度

    有機農業研究会顧問

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2010年度

    学生生活指導活動

    ◎1名の学部生および1名の修士課程院生に対して、状況を聞き取り、休学の手続きを行った。1名の学部学生について、病状等を聞き取った上で、退学の手続きを行った。

    ◎1名の過年度生について、面談しながら履修科目の選択を行い、学務課事務員と相談して、履修届を提出させた。

    ◎全学学生支援部門会議委員農学部兼務教員として、以下の作業に従事した
    1)2010年4月に起きた学生の事案に対する対応。兼務教員として,関係教員に連絡し、個別の対応を求めた。
    2)自転車・バイク駐輪指導を4月19日、10月12日、10月15日に行った。
    3)平成22年度担任教員・保健管理センター教員との連絡会(9月10日)に参加した。学部教員からの意見聴取ととりまとめを行い、農学部の意見として発表した。
    4)平成22年度岩手大g買う学生指導担当教職員研修会(11月20日)に参加した。
    5)大学オープンキャンパスの高校教員懇談会に参加し、高校教員からの質疑等に対応した。(10月23日)
    6)農学部クラス担任ー学生委員会連絡会を開催し、特別な支援を要する学生支援体制の構築についての現状について、ワーキング委員の立場から説明した。(平成23年3月16日)


  • 2010年度

    その他

    ◎「特別な支援を要する学生支援検討ワーキングフループ」の委員として、特別な支援を要する学生の支援体制について検討した。

    ◎平成22年度北海道・東北地区メンタルヘルス研究協議会に参加し、第2分科会「発達障害学生の理解と支援」において意見交換を行った。(平成22年11月1日〜2日)

  • 2010年度

    進路指導業務

    ◎研究室所属の4年生に関して、内定企業宛の推薦書を作成した。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Application of a molecular method for the identification of Gigaspora margarita isolate released in a field.(共著)

    Kazuhira Yokoyama, Takahiro Tateishi, Masanori Saito, Takuya Marukmoto

    Soil Science and Plant Nutrition   51 ( 1 ) 125 - 128   2005年02月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Dynamics of 13C natural abundance in wood decomposing fungi and their ecophysiological implications.

    Ayato Kohzu, Toshihiro Miyazima, Takahiro Tateishi 他

    Soil Biology and Biochemistry   37   1598 - 1607   2006年04月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Dynamics of 15N natural abundance in wood decomposing fungi and their ecophysiological implications.

    Ayato Kohzu, Toshihiro Miyazima, Takahiro Tateishi 他

    Isotopes in Environmental and Health Studies   43 ( 2 ) 83 - 94   2007年06月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • 土壌ー植物系における臭素酸の挙動と形態変化に関する基礎的研究

    大橋史彦,颯田尚哉,立石貴浩

    環境工学研究論文集   44   107 - 113   2007年10月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • 臭素酸のコマツナ成長抑制作用に及ぼす陽イオンの影響

    川向有希子,颯田尚哉,立石貴浩

    環境工学研究論文集   45   65 - 71   2008年10月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 土壌サイエンス入門 第2版

    立石貴浩(木村眞人・南條正巳編) ( 担当範囲: 微生物バイオマス )

    文英堂出版  2018年02月 ISBN: 9784830041358

    学術図書

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 大規模不法投棄現場西側における環境水中のハロゲン酸化物濃度

    颯田尚哉、千葉和桂子、滝口直樹、米澤彩子、川向有希子、立石貴浩

    第16回地下水・土壌汚染とその防止策に関する研究集会講演集 ( 廃棄物資源循環学会 )  16   311 - 315   2010年06月

    論文に準じたプロシーディング  

  • 大規模不法投棄現場東側の対策事業が水質に及ぼす影響

    颯田尚哉、米澤彩子、朝田茜、菅原由香、立石貴浩

    第17回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集 ( 廃棄物資源循環学会 )  17   2011年06月

    論文に準じたプロシーディング  

  • 微生物の成長制御に対するパルス印加の効果

    立石貴浩、西村尚博、高橋克幸、颯田尚哉、高木浩一

    環境工学研究フォーラム講演集 ( 土木学会 環境工学委員会 )  48   125 - 127   2011年11月

    論文に準じたプロシーディング  

  • 堆肥の窒素肥効性の改善に対するアンモニア菌接種の効果

    立石貴浩、前田武己、菅嶌一輝、中居藍、颯田尚哉

    環境工学研究フォーラム講演集 ( 土木学会 環境工学委員会 )  49   66 - 68   2012年11月

    論文に準じたプロシーディング  

  • 臭素酸の土壌への吸着特性に関する基礎的検討

    颯田尚哉、立石貴浩、草刈裕佳、宮野幸子、小林幹桂

    地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集 ( 日本水環境学会 )  19 ( 1 ) 186 - 190   2013年06月

    論文に準じたプロシーディング  

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 寒冷荒廃地の黒ボク土に含まれるリンの可給化に対するアーバスキュラー菌根菌の寄与について

    ポスター(一般)  伊藤浩平, 西野徹哉,立石貴浩

    日本土壌微生物学会2005年度大会  (東北大学) 

    2006年06月
     
     

    日本土壌微生物学会

  • 担子菌Coprinus sp.の窒素利用特性の評価と窒素不動化資材への応用の可能性

    ポスター(一般)  立石貴浩、滝沢崇幸、登尾浩助

    日本土壌微生物学会2005年度大会  (東北大学) 

    2006年06月
     
     

    日本土壌微生物学会

  • 糞尿還元連用牧草地における亜酸化窒素の発生実態と影響因子の検討

    口頭(一般)  佐藤正明、颯田尚哉、登尾浩助、立石貴浩、古賀潔

    平成18年度農業土木学会大会講演会  (宇都宮大学) 

    2006年08月
     
     

    農業土木学会

  • 寒冷荒廃地に定着する先駆植物群落の土壌微生物を介した養分動態

    口頭(一般)  立石貴浩、西野徹哉、伊藤浩平,

    日本土壌肥料学会2006年度秋田大会  (秋田県立大学) 

    2006年09月
     
     

    日本土壌肥料学会

  • 大規模不法投棄現場東側における環境水中の塩素・臭素濃度

    口頭(一般)  颯田尚哉,立石貴浩,工藤優太,大橋史彦

    第13回地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会  (京都大学) 

    2007年06月
     
     

    廃棄物学会,地盤工学会,日本地下水学会,日本水環境学会,土壌環境センター

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第52回環境工学研究フォーラム優秀ポスター発表賞

    2015年11月29日

    受賞者:  立石貴浩、伊藤莉句、築城幹典、前田武己、颯田尚哉

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 黒ボク土と土壌菌類を利用した家畜ふん尿処理のためのバイオリアクター開発

    萌芽研究

    支払支給期間:

    2004年04月
    -
    2007年03月

  • 寒冷地に定着する植物ー微生物共生系の養分・水獲得機能を利用した荒廃地の環境修復

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2005年04月
    -
    2009年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2005年度・ 1,800,000円・ 0円

    2006年度・ 900,000円・ 0円

    2007年度・ 700,000円・ 210,000円

    2008年度・ 200,000円・ 60,000円

  • 産業廃棄物の不法投棄地に起因する農業生産への影響低減化手法の開発

    基盤研究(B)

    支払支給期間:

    2008年04月
    -
    2012年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2008年度・ 5,100,000円・ 1,530,000円

    2009年度・ 6,200,000円・ 1,860,000円

    2010年度・ 450,000円・ 540,000円

    2011年度・ 380,000円・ 450,000円

  • 水中放電を利用した養液再生利用手法の検討

    萌芽研究

    支払支給期間:

    2009年04月
    -
    2011年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2009年度・ 850,000円・ 0円

    2010年度・ 150,000円・ 0円

  • 灌漑水由来の栽培リスク早期検知手法の検討

    萌芽研究

    支払支給期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2011年度・ 250,000円・ 75,000円

    2013年度・ 200,000円・ 60,000円

    2012年度・ 200,000円・ 60,000円

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 担子菌Coprinus sp.の窒素利用特性を利用した土壌中の過剰窒素の不動化のための微生物資材の開発

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2006年08月
    -
    2007年03月

    研究内容 :

  • 寒冷地の土壌生態系における土壌微生物群集の構造解析および特定微生物種検出のための分子生物学的手法の導入

    平成21年度CRC学内融合研究

    資金支給期間 :

    2009年07月
    -
    2010年03月

    研究内容 :

  • 家畜ふん尿を利用した堆肥の窒素肥効性向上に向けた微生物資材の開発

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2009年07月
    -
    2010年03月

    研究内容 :

  • 微生物の成長制御に対するパルス加印の効果の検証とその作用機序の解明

    平成22年度教育支援経費(萌芽的研究支援費)

    資金支給期間 :

    2010年07月
    -
    2011年03月

    研究内容 :

  • 黒ボク土農耕地に残存するリン資源量の新評価法の確立とリンの適正施用に関する研究

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2011年07月
    -
    2012年03月

    研究内容 :

    黒ボク土中に含まるが、従来の方法では検出できない未利用リン資源量を生化学的な手法を用いて新たな定量法を確立することを目指す。

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    2016年12月
     

    日本農芸化学会

  • 1986年04月
    -
    継続中
     

    日本微生物生態学会

  • 1986年04月
    -
    継続中
     

    日本土壌肥料学会

  • 1995年04月
    -
    2014年12月
     

    日本生態学会

  • 1997年04月
    -
    継続中
     

    日本菌学会

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    日本土壌肥料学会   東北支部会事務局(会計)

  • 2016年05月
    -
    継続中

    日本土壌肥料学会   日本土壌肥料学会東北支部評議員

  • 2020年10月
    -
    継続中

    土木学会   2021年度環境工学研究フォーラム実行委員会

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • 日本土壌肥料学会東北支部会大会事務局 (2006年08月)

    参加者数 : 0人

  • 日本土壌肥料学会東北支部会大会事務局 (2007年07月)

    参加者数 : 0人

  • 環境微生物系学会合同大会2017 (2017年08月)

    参加者数 : 1,000人

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • Ecological Research [査読 (2004年12月)]

  • Soil Science and Plant Nutrition [査読 (2005年01月)]

  • Soil Science and Plant Nutrition [査読 (2005年09月)]

  • Soil Science and Plant Nutrition [編集 (2005年12月)]

  • Soil Science and Plant Nutrition [査読 (2007年03月)]

全件表示 >>

 

国・地方自治体等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手県

    委員会等名 : 岩手県地球温暖化防止活動推進員

    役職名 : 岩手県地球温暖化防止活動推進員

    2003年04月
    -
    2007年03月

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2010年度 株式会社ミクニ

    指導等の内容 :

    農業ビジネスへの新規取り組みに関する技術的相談。特に土壌学の観点からのアドバイス。2010年3月2日実施。

  • 2011年度 株式会社ミクニ

    指導等の内容 :

    植物工場における培土に関する基礎知識および管理法についての相談(2011年5月10日)

  • 2011年度 岩手県工業技術センター

    指導等の内容 :

    『いわて発戦略的地産地消型リン資源循環システムの研究」への研究参加にむけた検討(2011年6月20日)

  • 2019年度 岩手大学戦サイン技術研究センター花巻サテライト

    指導等の内容 :

    花巻サテライトの梅木和博サテライト長および梅木紳太郎技術補佐員より、農地の地力評価について相談を受けた。
    花巻サテライトでは、農業と工業の連携「農工連携」の取り組みの一環として、イネをドローンでモニタリングし、追肥時期・量、収量予測、その他収入アップ等の情報を花巻市の農家に提供する取り組みを行っている。協力農家より「地力」に関する問い合わせがあり、次年度より土壌と作物の生育の関係性を評価したいとのことだった。土壌の分析手法などについて説明し、今後の調査や分析の方針について意見交換を行った。

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 平成16年度岩手大学サイエンスパートナーシッププログラム事業「教員研修」(生物コース)

    種類 : 講習会

    担当部門(講演題目) : 基礎講義1「陸域生態系の土壌における分解者の役割」
    公開実験1 土壌の呼吸量の評価、土壌動物の観察
    公開実験2 共生微生物についての基礎知識、アーバスキュラー菌根菌の観察、プロテオミクス解析

    2004年12月
     
     
  • 平成17年度公開講座 第10回農業生命科学科公開講座

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : コース5「土」は生きているー土壌微生物と土壌動物の役割

    2005年07月
     
     
  • 第5回岩手県高等学校理数科課題研究発表会

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 高校生による研究発表に対する講評、土壌の基礎についての講演

    2006年01月
     
     
  • 宮城県立古川高等学校平成19年度大学出前講座

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 生命を支える土壌

    2007年06月
     
     
  • 岩手県立水沢高等学校SSH事業第1学年研修

    種類 : スーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)研修

    担当部門(講演題目) : 土の不思議

    2007年09月
     
     

全件表示 >>

産学官民連携活動 【 表示 / 非表示

  • IAFS環境保全型農業技術科目(土壌の基礎)講義後での受講者からの個別相談

    実績年度 : 2009年度

    活動区分 : 技術支援及び技術相談

  • INS「いわての新しい土を考えるジョイント・フォーラム」

    実績年度 : 2009年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • 岩手県リン資源地産地消研究会

    実績年度 : 2010年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • 農地復興ワークショップー耕作土壌の回復に向けてー

    実績年度 : 2011年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • 第29回岩手育種談話会

    実績年度 : 2011年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

全件表示 >>

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    溝田智俊教授最終講義の準備と開催
    平成24年3月9日(金)15:00−16:30
    図書館多目的室(図書館2階)

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年度

    教育研究支援施設等業務

  • 2006年度

    教育研究支援施設等業務

  • 2006年度

    学科・課程等での業務分担

  • 2006年度

    学科・課程等での業務分担

  • 2007年度

    教育研究支援施設等業務

全件表示 >>

その他大学運営活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2008年度

    連大機器管理委員会(スミグラフ担当)

  • 2009年度

    ICP仕様策定委員会委員長

    連大機器管理委員会(スミグラフ担当)

    平成21年度学生指導担当教職員研修会参加
    討議「留年生対策」
    ワークショップ「発達障がい」

    (1)ICP仕様策定委員会(委員長)(2)連大機器管理委員会(CN分析計担当)

  • 2010年度

    連大機器管理委員会(スミグラフ担当)

    平成22年度学生指導担当教職員研修会参加
    ワークショップ「発達障がい学生の単位認定」「課外活動支援のあり方」


    連大機器管理委員会

  • 2012年度

    共通機器のスミグラフの管理を担当した。2012年6月18日に委員会が開催された。

  • 2012年度

    京都府立桂高等学校3年生の生徒が、農学部応用生物化学課程の教育内容を知りたいということで、学務課から紹介があった。2012年8月24日に、大学まで来訪したので、課程の説明をした。学務課伊藤さんには、入試課まで同伴してもらい、選抜要項などを渡してもらった。

全件表示 >>