平塚 貞人 (HIRATSUKA Sadato)

写真a

所属

岩手大学  理工学部  物理・材料理工学科  マテリアルコース 

職名

教授

研究室電話

019-621-6319

研究室FAX

019-621-6373

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

鋳造工学

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年03月

    岩手大学   工学部   金属工学科   その他

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年03月

    東北大学  工学研究科  材料加工学  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  工学修士  1988年03月23日

    学位の分野 : 金属・資源生産工学

  • 東北大学 -  博士(工学)  1996年01月01日

    学位の分野 : スポーツ科学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年07月
    -
    2000年06月

    岩手大学   工学部   助手   [本務]

  • 2000年07月
    -
    2007年03月

    岩手大学   工学部   材料物性工学科   材料学   助教授   [本務]

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    岩手大学   工学部   准教授   [本務]

  • 2008年04月
    -
    継続中

    岩手大学   教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年05月
    -
    1992年02月

      東北大学   研究員

  • 1993年03月
    -
    1994年01月

      米国アラバマ大学   研究員

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 溶接工学

  • 粉体工学

  • 金属・資源生産工学

  • 鋳造工学

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 鋳造工学 [専門家(企業・研究者等)向け]

    講義の概要

    鋳造に関する講義を行う

  • 身の回りの金属 [一般・高校生向け]

    講義の概要

    我々の身の回りには金属材料が数多くある。その金属材料の性質や特徴を分かりやすく講義する。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    材料強度学

  • 2004年度

    材料力学

  • 2004年度

    材料システム学特論

  • 2004年度

    材料システム学特論

  • 2004年度

    材料生産工学特論

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2003年度

    卒業研究指導(学部):3人

    学位論文審査(学部・副査):1人

    研究指導(修士・主任指導):2人

  • 2004年度

    卒業研究指導(学部):3人

    学位論文審査(学部・副査):1人

    研究指導(修士・主任指導):2人

  • 2005年度

    卒業研究指導(学部):2人

    学位論文審査(学部・副査):2人

    研究指導(修士・主任指導):2人

  • 2006年度

    卒業研究指導(学部):3人

    学位論文審査(学部・主査):1人

    学位論文審査(学部・副査):2人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

  • 2007年度

    卒業研究指導(学部):3人

    学位論文審査(学部・主査):1人

    学位論文審査(学部・副査):2人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

    学位授与者数(博士・主任指導):1人

全件表示 >>

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 材料物性工学科実験テキスト

    教材種類:教材

    教材年度 : 1997年度

  • 物理学実験テキスト

    教材種類:教材

    教材年度 : 1997年度

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項

    補足プリントを作成し講義の内容をさらに理解できるように努めた。また適宜VTR、OHPを用いて、実際の状況を映像や写真で紹介し学生が理解できるように努めた。

  • 2004年度

    進路指導業務

    学生の進路相談、就職相談にのっている。学生には大学院進学を勧めている。

  • 2005年度

    教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項

    補足プリントを作成し講義の内容をさらに理解できるように努めた。また適宜VTR、OHPを用いて、実際の状況を映像や写真で紹介し学生が理解できるように努めた。

  • 2005年度

    進路指導業務

    学生の進路相談、就職相談にのっている。学生には大学院進学を勧めている。

  • 2005年度

    学生生活指導活動

    レッツビギンプロジェクトの理解と応援を行っている

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 薄肉鋳物の流動性

    研究期間:

    1990年07月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 鋳鉄、アルミ合金、流動性

    研究態様: 個人研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    材料加工・組織制御工学 , 

  • 鋳鉄と軟鋼との溶接

    研究期間:

    1990年07月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 鋳鉄、軟鋼、溶接

    研究態様: 個人研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    材料加工・組織制御工学 , 

  • 高機能鋳鉄の開発

    研究期間:

    2000年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 鋳鉄、アルミ合金、流動性

    研究態様: 個人研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    材料加工・組織制御工学 , 

論文 【 表示 / 非表示

  • Solid State Reaction of La(Co1-xNix)O3 with 10 mol% Y2O3-ZrO2

    J.Echigoya, S.Hiratsuka, H.Suto

    Materials Trans.JIM   30 ( 10 ) 789 - 799   1989年10月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Structure and Low-Temperature Phase of LaCoO3

    J.Echigoya, S.Hiratsuka, H.Suto

    Phys. stat. sol. (a)   118 ( 1 ) 371 - 378   1990年01月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Effect of Eight Individual Rare-earth Elements on the Graphite Nodule Count of a Thin-section of Spheroidal-graphite Cast Iron

    H.Horie, S.Hiratsuka, T.Kowate, Y.Iwabuchi, Y.Shobuzawa, M.Nakamura

    Cast Metals   3 ( 2 ) 73 - 81   1990年02月

    学術誌  共著・分担

  • 片状黒鉛鋳鉄のチル化傾向及び引張強さに及ぼす希土類元素並びに硫黄の影響

    堀江皓,楊忠亮,小綿利憲,平塚貞人,袁錫爵,勝負沢善行

    鋳物   63 ( 2 ) 143 - 148   1991年02月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • 球状黒鉛鋳鉄とオーステナイト系ステンレス鋼との拡散接合

    堀江皓,平塚貞人,小綿利憲,栗田和幸,中村満

    鋳物   63 ( 5 ) 449 - 454   1991年05月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 鋳鉄の材質

    中江秀雄 他

    日本鋳造工学会  2012年05月 ISBN: 4-9902781-7-8

    学術著書

  • 鋳鉄の生産技術

    木口昭二 他 ( 担当範囲: 第4章溶湯処理 )

    素形材センター  2012年10月

    学術図書

  • トコトンやさしい鋳造の本

    西直美、平塚貞人

    日刊工業新聞社  2015年02月

    学術著書

  • 基礎から学ぶ鋳造工学

    平塚貞人 他

    日本鋳造工学会  2015年11月

    学術図書

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 鋳鉄の諸性質に及ぼす合金元素の影響

    中江秀雄、平塚貞人

    鋳造工学 ( 日本鋳造工学会 )  92 ( 11 ) 595 - 605   2020年11月

    学術誌  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 微細パーライト球状黒鉛鋳鉄の機械的性質に及ぼす黒鉛粒数とパーライト間隔の影響

    口頭(一般)  晴山巧、山田享、堀江皓、小綿利憲、平塚貞人

    日本鋳造工学会全国講演大会  (東京工業大学) 

    2005年05月
     
     

    日本鋳造工学会

  • ごみ溶融メタルを用いた鋳鉄の組織と機械的性質

    口頭(一般)  平塚貞人

    日本鋳造工学会全国講演大会  (東京工業大学) 

    2005年05月
     
     

    日本鋳造工学会

  • 希土類元素を含む鋳放し高強度球状黒鉛鋳鉄の開発

    口頭(一般)  晴山巧、山田享、堀江皓、小綿利憲、平塚貞人

    日本鋳造工学会全国講演大会  (東京工業大学) 

    2005年05月
     
     

    日本鋳造工学会

  • 高マンガン鋼板くずをリサイクルした球状黒鉛鋳鉄の材質特性間隔の影響

    口頭(一般)  小綿利憲、堀江皓、平塚貞人、崔洋鎮、金昌圭

    日本鋳造工学会全国講演大会  (東京工業大学) 

    2005年05月
     
     

    日本鋳造工学会

  • 鋳鉄の溶接部チル深さに及ぼす各種要因の影響

    口頭(一般)  水木徹、菅野利猛、堀江皓、平塚貞人

    日本鋳造工学会全国講演大会  (東京工業大学) 

    2005年05月
     
     

    日本鋳造工学会

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 原田研究奨励賞

    1998年11月06日

    受賞者:  平塚貞人

  • (社)日本鋳造工学会 日下賞

    1999年05月29日

    受賞者:  平塚貞人

  • 素形材センター会長賞(コラボ賞)

    2002年11月07日

    受賞者:  堀江皓,平塚貞人,小綿利憲

  • (社)日本鋳造工学会 小林賞

    2004年05月24日

    受賞者:  小池勝美、相馬宏之、石島健治、堀江皓、平塚貞人、小綿利憲

  • (社)日本鋳造工学会 論文賞

    2005年05月28日

    受賞者:  晴山巧、堀江皓、小綿利憲、山田享、平塚貞人

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 次世代硫黄フリー"バイオコークス"キュポラ溶解による低コスト鋳造法確立と高機能鋳鉄部材製造技術の開発

    資金支給期間 :

    2010年04月
    -
    2011年03月

    研究内容 :

    次世代硫黄フリーであるバイオコークスをキュポラ溶解に用いて低コスト鋳造法確立と高機能鋳鉄部材製造技術の開発を行った

  • カスタムフィット医療機器の開発

    資金支給期間 :

    2010年08月
    -
    2011年03月

    研究内容 :

    CCM合金を用いたカスタムフィット医療機器の開発を行う

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 高強度鋳鉄の開発

    共同研究実施形態 : 大学等の研究機関との共同研究を希望する

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1987年10月
    -
    継続中
     

    日本金属学会

  • 1990年07月
    -
    継続中
     

    日本鋳造工学会

  • 1990年10月
    -
    継続中
     

    軽金属学会

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

    日本鋳造工学会   理事

  • 2013年06月
    -
    2014年05月

    日本鋳造工学会   論文編集委員

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    日本鋳造工学会   理事

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    日本鋳造工学会   広報委員

  • 2014年06月
    -
    継続中

    日本鋳造工学会   論文編集委員

全件表示 >>

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • 日本鋳造工学会全国講演大会 (2012年10月)

    参加者数 : 600人

  • 日本鋳造工学会東北支部大会 (2017年04月)

    参加者数 : 70人

  • 日本鋳造工学会全国講演大会 (2017年09月)

    参加者数 : 450人

  • 日本鋳造工学会全国講演大会 (2018年05月)

    参加者数 : 400人

  • 日本鋳造工学会全国講演大会 (2018年10月)

    参加者数 : 450人

全件表示 >>

学会活動 2(国際会議などの座長) 【 表示 / 非表示

  • 2nd Korea-Japan Workshop Cast Iron Session [2nd Korea-Japan Workshop (2005年05月)]

  • Asian Foundry Congress Cast Iron Session [The 10th Asian Foundry Congress (2008年05月)]

  • 座長 [日本鋳造工学会全国講演大会 (2012年05月)]

  • 座長 [日本鋳造工学会全国講演大会 (2012年10月)]

  • 座長 [日本鋳造工学会全国講演大会 (2013年05月)]

全件表示 >>

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • Materials Transaction [査読 (2005年05月)]

  • 鋳造工学 [査読 (2005年11月)]

  • 鋳造工学 [査読 (2005年12月)]

  • 鋳造工学 [査読 (2006年02月)]

  • 鋳造工学 [査読 (2006年03月)]

全件表示 >>

研究員(受入れ) 【 表示 / 非表示

  • 高強度鋳鉄の製造技術とその評価方法 (

    1人 
    2009年06月
    -
    2009年09月

    )

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    岩手大・高性能鋳鉄技術活用自動車部材を発表

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2019年度

    鋳造の技競い合い熱くを発表

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2020年度

    南部鉄器製造技術

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

 

国・地方自治体等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会

    委員会等名 : 日本学術振興会鋳物第24委員会

    役職名 : 委員

    1998年04月
    -
    継続中
  • 委員会等名 : 日本学術振興委員会

    役職名 : 運営委員

    2012年04月
    -
    2013年03月
  • 日本学術振興会

    委員会等名 : 日本学術振興会第24委員会

    役職名 : 運営委員

    2013年04月
    -
    2014年03月
  • 日本学術振興会

    委員会等名 : 鋳物24委員会

    役職名 : 運営委員

    2014年04月
    -
    2015年03月
  • 日本学術振興会

    委員会等名 : 鋳物第24委員会

    役職名 : 運営委員

    2015年04月
    -
    2016年03月

全件表示 >>

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2005年度 山形県産業技術振興機構

    指導等の内容 :

    金型用次世代鋳造材料の開発

  • 2006年度 山形県産業技術振興機構

    指導等の内容 :

    金型用次世代鋳造材料の開発

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • シニアカレッジ

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : 身の回りの金属の不思議な性質と鋳造技術

    2015年09月
     
     
  • 身の回りの金属

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 身の回りの金属

    2017年10月
     
     
  • 鉄の不思議な性質と鋳造技術

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 鉄の不思議な性質と鋳造技術

    2018年05月
     
     
  • 鉄の不思議な性質

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 第2学年進路講演会(鉄の不思議な性質)

    2019年06月
     
     
  • 短期講習会

    種類 : 講習会

    担当部門(講演題目) : 溶解・溶湯処理技術


    2019年08月
     
     

産学官民連携活動 【 表示 / 非表示

  • 鋳造関連企業

    実績年度 : 2004年度

    活動区分 : 技術支援及び技術相談

  • 鋳造関連企業

    実績年度 : 2005年度

    活動区分 : 技術支援及び技術相談

  • 鋳造関連企業

    実績年度 : 2006年度

    活動区分 : 技術支援及び技術相談

  • 鋳造関連企業

    実績年度 : 2007年度

    活動区分 : 技術支援及び技術相談

  • 鋳造関連企業

    実績年度 : 2008年度

    活動区分 : 技術支援及び技術相談

全件表示 >>

国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • 2007年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 : ハンバット大学

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :鋳造に関する学術交流

  • 2008年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 : ハンバット大学

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :鋳造に関する学術交流

  • 2009年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :大連理工大学

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :鋳造に関する学術交流

  • 2011年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :大連理工大学

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :鋳造に関する学術交流

  • 2012年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :大連理工大学

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :鋳造に関する学術交流

全件表示 >>

他大学等の非常勤講師 【 表示 / 非表示

  • 放送大学

    金属材料の関する講義を行った (

    2016年11月
     
     

    )

  • 九州大学

    鋳造プロセスを用いた材料の高機能化の講義を行った (

    2018年07月
     
     

    )

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2002年度

    (社)日本鋳造工学会 編集委員

  • 2003年度

    (社)日本鋳造工学会 編集委員

  • 2004年度

    (社)日本鋳造工学会 編集委員

  • 2005年度

    (社)日本鋳造工学会 編集委員

  • 2006年度

    (社)日本鋳造工学会 編集委員

全件表示 >>

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年度

    工学部情報システム委員会

  • 2002年度

    工学部工作センター運営委員会

  • 2002年度

    工学部技術部運営委員会

  • 2003年度

    工学部教務委員会

  • 2004年度

    工学部インターンシップ実施委員会

全件表示 >>