尾中 夏美 (ONAKA Natsumi)

写真a

所属

岩手大学  国際教育センター 

職名

教授

生年

1957年

研究室電話

019-621-6869

研究室FAX

019-621-6869

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

英語教育, 異文化理解教育

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1982年05月

    セント・マイケルズ大学  第二外国語としての英語教授法  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • セント・マイケルズカレッジ(アメリカ合衆国) -  第二外国語としての英語教授法修士(MA in TESL)  1982年05月16日

    学位の分野 : 言語学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2007年03月

    岩手大学   岩手大学留学生センター助教授   [兼務]

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

    岩手大学   国際交流センター   助教授   [本務]

  • 2007年04月
    -
    2014年03月

    岩手大学   国際交流センター   准教授   [本務]

  • 2007年04月
    -
    2018年03月

    岩手大学   准教授   [兼務]

  • 2018年04月
    -
    継続中

    岩手大学   ■廃止組織■   教育推進機構   教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    2003年09月

      盛岡大学   講師

  • 1989年08月
    -
    2002年05月

      アーラム大学サイスプログラム   講師

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 外国語教育

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 国際理解ワークショップ [一般・高校生向け]

    講義の概要

    南北の貧富の問題や異文化理解をテーマに参加型でワークショップをします。内容によって所要時間は変わります。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    日本語中級Ⅰ漢字

  • 2004年度

    日本語中級Ⅰ会話

  • 2004年度

    日本語中級Ⅰ総合A

  • 2006年度

    日本事情A

  • 2005年度

    日本語中級Ⅱ総合A

全件表示 >>

FD 研修・教育研究会における発表 【 表示 / 非表示

  • 小学校からの英語活動を考える

    教育研究会名 : 言語人文学会

    開催年月 : 2001年09月

  • 社会のグローバル化と高校英語教育

    教育研究会名 : 岩手県高等学校教育研究会英語部会

    開催年月 : 2006年06月

  • Intercultural Co-learning in Japanese Higher Education: Case studies on implementation of co-learning in Japan

    教育研究会名 : 留学生と日本人学生が共に学ぶ国際共修:ペダゴジーの確立に向けて

    開催年月 : 2016年03月

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 日本語の基礎的な語形変化習得のための練習表(てる・てく・とく、ちゃ・きゃ・じゃ、たって・だって)

    教材種類:教材

    教材年度 : 2007年度

  • 中級1漢字補助教材

    教材種類:メディア教材

    教材年度 : 2013年度

  • Academic Word List

    教材種類:教材

    教材年度 : 2018年度

学生向けの課外活動・セミナーの実施 【 表示 / 非表示

  • 2014年度

    留学オリエンテーション(5月)と国際月間(10月)開催

  • 2015年度

    TOEFLiBTスキルアップセミナー開催

  • 2015年度

    留学オリエンテーション(5月)と国際月間(10月)の開催

  • 2015年度

    ウィンター・セッションにおけるグローバル・トピックを担当。

  • 2016年度

    留学オリエンテーション(5月)と国際月間(11月)の開催

全件表示 >>

学生課外活動の指導(サークル等の顧問等)の実施 【 表示 / 非表示

  • 2014年度

    学外カンパニーECL(Enjoy Campus Life)の顧問として、企画の助言や学内での活動支援等。

  • 2015年度

    学外カンパニーECL(Enjoy Campus Life)の顧問として、企画の助言や学内での活動支援等。

  • 2016年度

    学外カンパニーECL(Enjoy Campus Life)の顧問として、企画の助言や学内での活動支援等。

  • 2017年度

    学外カンパニーECL(Enjoy Campus Life)の顧問として、企画の助言や学内での活動支援等。

  • 2018年度

    学外カンパニーECL(Enjoy Campus Life)の顧問として、企画の助言や学内での活動支援等。

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2002年度

    その他

    「話す意欲と勇気を持たせる授業の工夫」
    玉山村教育研究会英語部会主催研修会講師
    岩手大学生の国際交流に関する意識調査実施

  • 2003年度

    その他

    1.JAFSA夏期研究集会分科会「魅力ある留学環境と教育システム」講師
    2.盛岡市教育研究会中学英語研究部会「コミュニケーション能力を高める授業の工夫」講師
    3.玉山村教育研究会英語部会「コミュニケーション能力を高める授業の工夫―機械的練習から意味重視の活動へ」 講師

  • 2003年度

    学生生活指導活動

    個別留学相談
    会話パートナー・チューター登録希望者のためのオリエンテーション
    の実施

  • 2004年度

    学生生活指導活動

    個別留学相談

  • 2004年度

    その他

    アーラム大学SICEプログラム受け入れ事業
     1)イングリッシュ・カフェの企画
     2)学内留学の企画
     3)SICE引率教員による英語による特別講義の企画
    中国西北農林科技大学サマースクール企画と引率
    海外留学・研修オリエンテーションの企画・運営
    スーパー・イングリッシュの企画・運営
     海外留学を将来的に視野に入れている学生のために、極めてハードルの高い英語力の強化を目的に、英語圏で実施されている集中英語コースを立ち上げた。受講者は英語能力の受講条件を満たすことを義務付け、春、秋年2回開講する1週3回の11週間コースプログラムである。
    国際ボランティアプロジェクト参加者による帰国報告会の実施
    タイ国タマサート大学生との交流会の実施

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 国際交流・国際教育担当職員の育成にかかわる大学としての取組

    尾中夏美

    留学交流   16 ( 8 ) 2 - 5   2004年08月

    学術誌  単著

  • Learning Strategies of Japanese Language Learners of English

    Catherine DUPPENTHALER, Linda VISWAT, Natsumi ONAKA

    LANGUAGE TEACHING AND LEARNING STYLES WITHIN AND ACROSS CULTURES     90-99   1989年01月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Developing Paragraph Organization Skills at the College Level

    尾中夏美

    ENGLISH TEACHING FORUM   22 ( 3 ) 14-22   1984年01月  [査読有り]

    学術誌  単著

  • サークル間交流による青少年のための国際理解教育の一例-盛岡フューチャーパートナーズ

    尾中夏美

    創友社   国際理解教育選集Ⅱ   93-117   1997年01月  [査読有り]

    全国誌  単著

  • 地域の学びにおける留学生の役割―現状と今後の課題について

    尾中夏美

    岩手大学生涯学習論集   ( 1 ) 3 - 6   2005年03月

    その他(含・紀要)  単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • グローバル社会との出会い

    尾中夏美、坂本ロビン

    金星堂  2003年01月

    その他

  • 国際共修―文化的多様性を生かした授業実践へのアプローチ

    末松和子、秋庭裕子、米澤由香子、水松巳奈、尾中夏美、黒田千晴、佐藤勢紀子、髙橋美能、島崎薫、北出慶子 ( 担当範囲: 第5章単独執筆と第10章分担執筆 )

    東信堂  2019年10月 ISBN: 978-4-7989-1576-0

    学術著書

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 留学生獲得に向けた取組

    尾中夏美

    留学交流 ( 独立行政法人日本学生支援機構 )  21 ( 6 ) 14 - 17   2008年06月

    その他  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Mission Impossible? Preparing American Students Going to Japan

    口頭(一般)  Natsumi Onaka, Mandy Brookins Blinn, Karen L. Tawarayama

    NAFSA 2007 Annual Conference & Expo  (米国ミネソタ州ミネアポリス市国際会議場) 

    2007年05月
    -
    2007年06月

    Association of International Educators (NAFSA)

  • Reinventing Youth Exchanges: Innovative Projects for Tomorrow's Leaders

    その他  Natsumi ONAKA

    47th International Conference on Educational Exchange  

    1994年01月
     
     

  • 国境を越えたサークル交流による国際理解の推進

    口頭(一般)  尾中夏美

    日本国際理解教育学会大会  (東京) 

    1994年02月
     
     

    日本国際理解教育学会

  • 多文化クラスの受講経験と、意識・言語行動に関する一考察

    ポスター(一般)  小山宣子、尾中夏美、松岡洋子、宮本律子

    第28回日本語教育方法研究会  (早稲田大学) 

    2007年03月
     
     

    日本語教育方法研究会

  • From the Years of Over-Managed Learning to Autonomy: the Challenge for EFL College Students and Their Teachers

    口頭(一般)  Yoko Kobayashi, Natsumi Onaka

    2009 International Conference on Applied Linguistics & Language Teaching  (国立台湾科技大学(台北)) 

    2009年04月
     
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 多読教材とウェブ支援による多段ユニット式英語トレーニング法の実験評価研究

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2009年04月
    -
    2012年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2009年度・ 1,690,000円・ 390,000円

    2010年度・ 1,000,000円・ 0円

    2011年度・ 700,000円・ 0円

  • グローバル人材に求められる基礎技能養成の為の中大連携によるプログラムの実証的研究

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2014年度・ 600,000円・ 180,000円

    2015年度・ 800,000円・ 240,000円

    2016年度・ 500,000円・ 150,000円

  • グローバル人材育成における国際共修:教授法の確立にむけて

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2015年04月
    -
    2016年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2015年度・ 200,000円・ 0円

  • アジアの高等教育を牽引する「内なる国際化モデル」の開発

    基盤研究(B)

    支払支給期間:

    2018年04月
    -
    継続中

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2018年度・ 200,000円・ 60,000円

    2019年度・ 100,000円・ 30,000円

  • 学習者の英語スピーキング能力評価方法の開発と実証実験

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2020年度・ 600,000円・ 180,000円

    2021年度・ 800,000円・ 240,000円

    2022年度・ 1,800,000円・ 540,000円

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • グローバル化社会において中等教育過程の海外研修体験が与える影響に関する研究:自己成長と意識変化を中心に

    文部科学省 ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)

    資金支給期間 :

    2016年09月
    -
    継続中

    研究内容 :

    本研究は、八戸市海外派遣事業でアメリカ、中国、仏領ニューカレドニアに派遣された市内在学中の中学生を事例に、中等教育課程における海外研修が与える影響について、自己成長と意識変化を中心に明らかにする。対象中学生(約50名)にアンケート調査及びインタビュー調査を実施する。研究項目は、『グローバル人材育成推進会議 中間まとめ』(2011)の定義する「グローバル人材」の3要素を参照しつつ、①自分自身の内面変化:積極性、挑戦する気持ち、自信、学習意欲、将来の夢ややりたいこと等、②自分を取り巻く環境・社会についての意識変化:世界情勢や異文化への関心の広がり、国際協力への関心、日本・地域への関心、家族に対する思い、友人・ネットワークの広がり、③海外研修プログラムについて:最も印象に残ったこと等、とする。これらを通じて、13歳から15歳という比較的低学年層における海外研修体験が、自己成長や価値観・意識の変容及びグローバル人材基礎力醸成の有無等を検証する。

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 英語速読力育成のための英語教育法

    共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態 : 共同研究

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2003年05月
    -
    継続中
     

    NAFSA

  • 2003年06月
    -
    継続中
     

    日本教育交流協議会(JAFSA)

  • 2005年06月
    -
    継続中
     

    欧州国際教育学会(EAIE)

  • 2006年01月
    -
    2007年12月
     

    米国日本語教育学会(The Association of Teachers of Japanese)

  • 2009年07月
    -
    継続中
     

    全国語学教育学会

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2006年03月
    -
    2008年03月

    日本教育交流協議会(JAFSA)   企画委員

  • 2006年06月
    -
    2010年05月

    日本教育交流協議会(JAFSA)   理事

  • 2006年06月
    -
    2011年05月

    NAFSA   Co-Chair of Japan SIG

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • JAFSA月例会 (2007年08月)

    参加者数 : 9人

  • JAFSA月例会 (2008年02月)

    参加者数 : 12人

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2015年度

    NAFSA(ボストン)における協定校教員との共同ポスター発表について

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

その他研究活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2015年度

    科研 基盤研究(C)課題:グローバル人材育成における国際共修:教授法の確立に向けて(平成27年度~29年度 代表者:末松和子)分担

  • 2020年度

    国際教育夏季研究大会において、分担者として関わる科研テーマに関するワークショップの講師を務めた。

 

国・地方自治体等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手県

    委員会等名 : (財)岩手県国際交流協会評議委員会

    役職名 : 評議委員

    1999年05月
    -
    2011年03月
  • 盛岡国際交流協会

    委員会等名 : 盛岡国際交流協会理事会

    役職名 : 理事

    2009年04月
    -
    継続中
  • 盛岡市

    委員会等名 : (財)盛岡国際交流協会運営委員会

    役職名 : 副委員長

    1992年11月
    -
    1999年07月
  • 岩手県

    委員会等名 : (財)岩手県国際交流協会企画委員会

    役職名 : 副委員長

    1995年04月
    -
    1996年03月
  • 岩手県

    委員会等名 : 岩手県自然環境保全審議会

    役職名 : 委員

    1997年07月
    -
    2002年03月

全件表示 >>

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2010年度 岩手県教育委員会

    指導等の内容 :

    平成22年度中学校ALT/JTL研修講座 講師

  • 2004年度 岩手県立盛岡第一高等学校

    指導等の内容 :

    評議委員会委員として提言

  • 2005年度 岩手県立盛岡第一高等学校

    指導等の内容 :

    評議委員会委員として提言

  • 2003年度 国立岩手山青年の家

    指導等の内容 :

    施設業務運営委員会委員として提言

  • 2003年度 岩手県立盛岡第一高等学校

    指導等の内容 :

    評議委員会評議委員として提言

全件表示 >>

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 海外留学&海外ボランティアセミナー

    種類 : 講習会

    担当部門(講演題目) : 海外で学ぶ・働く・生活する!

    2002年02月
     
     
  • 地域連携と国際化を視野に入れた教師教育の探究

    種類 : 岩手大学教育学部共感研究集会

    担当部門(講演題目) : 第3分科会「世界を視野に入れた学校づくりを目指して」コーディネータ

    2002年12月
     
     
  • いわて地球市民フェスタ2002

    種類 : パネル討議

    担当部門(講演題目) : 私たちが作る日・中・韓新時代
    コーディネータ

    2002年10月
     
     
  • 食と文化と国際理解

    種類 : パネルディスカッション

    担当部門(講演題目) : コーディネータ

    2006年01月
     
     
  • 社会教育特講

    種類 : 講習会

    担当部門(講演題目) : 国際理解教育と生涯学習

    2006年07月
     
     

全件表示 >>

国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • 2005年度

    外国人受入れ(私費留学生を除く)

    交流機関・事業等名 :

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :韓国の群山大学生10名の日本語・日本文化体験のための短期研修プログラムの企画・運営(新規事業)

  • 2011年度

    国際交流事業

    交流機関・事業等名 :English Camp 2011

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :東日本大震災被災地の宮古、田野畑、釜石地域の中学生22名対象に、岩手大学の大学生と協定校のアーラム大学サイスプログラム参加学生が1泊2日のEnglish Campを実施するためのコーディネートを行った。

  • 2001年度

    国際交流事業

    交流機関・事業等名 :中学生ビクトリア派遣事業研修アドバイザー

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :盛岡市が毎年姉妹都市であるカナダ、ビクトリア市に中学生派遣を実施するにあたって、(財)盛岡国際交流協会より依頼を受けて事前・事後研修を実施した。

  • 2002年度

    国際交流事業

    交流機関・事業等名 :中学生ビクトリア派遣事業研修アドバイザー

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :盛岡市が毎年姉妹都市であるカナダ、ビクトリア市に中学生派遣を実施するにあたって、(財)盛岡国際交流協会より依頼を受けて事前・事後研修を実施した。

  • 2002年度

    国際交流事業

    交流機関・事業等名 :北米4大学訪問

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :米国のニューヨーク州立大学バッファロー校、セントラル・ミシガン大学、アーラム大学、カナダのセント・メアリーズ大学を訪問しニューヨーク州立大学では国際教育についての情報収集、他の3大学については岩手大学との学生交流協定についての協議を実施した。

全件表示 >>

ボランティア・寄与など 【 表示 / 非表示

  • 1993年度

    ボランティア

    岩手国際理解教育研究会
     国際理解教育、参加型ワークショップをキーワードに勉強を
     しながら研修会を企画・運営する教員を中心としたグループ。
     代表世話人

  • 1996年度

    ボランティア

    世界と遊ぼう-じゃらんじゃらん
    小学校に外国人ゲストを招いての出前国際理解授業を企画・運営
     する市民団体を主宰

  • 2002年度

    ボランティア

    岩手医科大学職場保育園なかよし保育園主催の子育て講演会講師

  • 2006年度

    ボランティア

    11月15日(水)
    松園中学校主催第三回総合学習国際理解分野講演会 講師

  • 2007年度

    ボランティア

    11月9日に岩手大学教育学部付属中学校のPTA企画の講師として、2年生親子対象に「私たちの生活と世界の貧困ー私たちにできることー」と題したワークショップを実施した。

全件表示 >>

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 1989年度

    盛岡フューチャーパートナーズ
    学校枠を超えた高校生による国際交流活動主宰

  • 2002年度

    マハティール、マレーシア首相来県に係わる、岩手県知事付公式通訳

  • 2002年度

    盛岡市養護教諭研修会講師

  • 2002年度

    ロバート・G・ライト駐日カナダ大使の盛岡訪問に係わる、大使付公式通訳

  • 2010年度

    いわて国際理解教育研究会代表(1992年設立)年2回研修会開催。
    世界と遊ぼう―じゃらんじゃらん(小学校に海外ゲストを連れて行って国際理解教育の実施を支援する市民団体)代表(1997年設立)

全件表示 >>

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年度

    奨学金等各種奨励費選考小委員会

  • 2003年度

    教育研究支援施設等業務

  • 2004年度

    教育研究支援施設等業務

  • 2005年度

    入試業務

  • 2006年度

    入試業務

全件表示 >>

その他大学運営活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2003年度

    1.学内事務(部局名、各種証明書、文書)の英訳
    2.国際交流センターホームーページ全般の維持管理

  • 2004年度

    1.学内事務(部局名、各種証明書、文書)の英訳
    2.国際交流センターホームーページ全般の維持管理

  • 2005年度

    1.学内事務(部局名、各種証明書、文書)の英訳
    2.国際交流センターホームーページ全般の維持管理

  • 2006年度

    1.学内事務(部局名、各種証明書、文書)の英訳
    2.国際交流センターホームーページ全般の維持管理
    3.大学ホームページ(英語版)のリンク状況を調査、広報担当に改善を求めた。

  • 2007年度

    1.学内事務(部局名、各種証明書、文書)の英訳
    2.国際交流センターホームーページ全般の維持管理
    3.大学キャンパスの国際化の一環として全学科目名の英訳の監修
    4.日本留学フェアにおける岩手大学の紹介
    5月:NAFSA(ミネアポリス),9月:韓国(釜山・ソウル),11月:タイ(チェンマイ・バンコク)ベトナム(ハノイ・ホーチミン)

全件表示 >>