東 淳樹 (AZUMA Atsuki)

写真a

所属

岩手大学  農学部  森林科学科 

職名

講師

研究室住所

〒020-8550 岩手県 盛岡市上田3-18-8

研究室

保全生物学研究室

研究室電話

019-621-6281

ホームページ

https://www.facebook.com/lab.cons.biol.iware.univ

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

保全生物学 動物生態学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    東京大学  農学生命科学研究科  生産・環境生物学  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(農学)  2003年01月01日

    学位の分野 : 園芸科学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2007年03月

    岩手大学   岩手大学 農学部 助手   [兼務]

  • 2007年04月
    -
    継続中

    岩手大学   農学部   講師   [本務]

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 緑地生態学

  • 保全生物学

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 里山で繁殖するタカ-サシバ-の生態と保全 [一般・高校生向け]

    講義の概要

    サシバは南国で越冬し,春に日本の里山に渡ってきて繁殖します。岩手県と秋田県が繁殖の北限域となっています。なぜ,わざわざ北国まで渡ってくるのか?なぜ,里山で繁殖するのか?などについて,その生態と保全についてお話しします。

  • 田んぼからメダカを絶滅させないために [一般・高校生向け]

    講義の概要

    全国の田んぼからメダカが消えていっています。それは生産効率を重視したこれまでの水田の整備がメダカの生息場所を奪ってきたからなのです。農業とメダカが共生できる水田整備の岩手大学の取り組みについてお話します。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2005年度

    地域生態系保全論

  • 2004年度

    ランドスケープエコロジー

  • 2004年度

    地域環境デザイン学入門

  • 2004年度

    地域環境工学技術者入門Ⅰ

  • 2004年度

    地域生態系保全論

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    卒業研究指導(学部):4人

    大学院研究生(修士・専門職学位課程):1人

    研究指導(修士・主任指導):2人

  • 2005年度

    卒業研究指導(学部):5人

    研究指導(修士・主任指導):2人

    学位授与者数(修士・主任指導):2人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):3人

  • 2006年度

    卒業研究指導(学部):6人

    学位論文審査(学部・副査):2人

    研究指導(修士・主任指導):2人

  • 2007年度

    卒業研究指導(学部):3人

    研究指導(修士・主任指導):3人

    学位授与者数(修士・主任指導):2人

  • 2009年度

    卒業研究指導(学部):5人

    副研究指導(学部):1人

    学部研究生:5人

    研究指導(修士・主任指導):7人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):2人

全件表示 >>

FD 研修・教育研究会における発表 【 表示 / 非表示

  • 野鳥と地域の生態系の保全

    教育研究会名 : 岩手連大合宿ゼミナール

    開催年月 : 2004年08月

  • 冬期湛水田はほんとうに生物多様性が高いのか?-1年目の検証について-

    教育研究会名 : NPO法人シナイモツゴ郷の会

    開催年月 : 2006年11月

  • 水田の生物の危機と保全への課題

    教育研究会名 : 岩手県高等学校教育研究会理科部会

    開催年月 : 2006年11月

  • メダカの生息できる水田生態系をめざして

    教育研究会名 : イーハトーブ里山水棲生物保存会

    開催年月 : 2007年01月

  • 田んぼのメダカを守るために

    教育研究会名 : いちのへ町民セミナー

    開催年月 : 2007年10月

全件表示 >>

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 測量学実習Ⅱ

    教材種類:教材

    教材年度 : 2006年度

  • 測量学実習Ⅱ

    教材種類:教材

    教材年度 : 2007年度

  • 測量学実習Ⅱ

    教材種類:教材

    教材年度 : 2008年度

  • 測量学フィールド実習

    教材種類:教材

    教材年度 : 2009年度

  • 動物と環境

    教材種類:教材

    教材年度 : 2009年度

全件表示 >>

学生課外活動の指導(サークル等の顧問等)の実施 【 表示 / 非表示

  • 2010年度

    岩手大学野鳥の会

  • 2010年度

    Nature circle けらけら

  • 2010年度

    岩手大学山岳部

  • 2011年度

    岩手大学山岳部

  • 2011年度

    岩手大学野鳥の会

全件表示 >>

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2006年度

    進路指導業務

    進路懇談会(三者面談)

  • 2007年度

    進路指導業務

    進路懇談会(三者面談)

  • 2008年度

    進路指導業務

    進路懇談会(三者面談)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 里地里山における野生動物の保全と管理

    研究期間:

    9999年01月
     
     

    研究課題キーワード : 里地里山、野生生物

    研究態様: 個人研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    環境技術・環境負荷低減 , 

論文 【 表示 / 非表示

  • 谷津環境におけるサシバの行動と生息条件.

    東 淳樹,武内和彦,恒川篤史

    環境情報科学論文集   12   239 - 244   1998年01月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Diapause response to photoperiod and temperature in Lepisma saccharina Linnaeus (Thysanura: Lepismatidae).

    Nishizuka, M., Azuma , A. and Masaki, S.

    Entomological. Science   1   7 - 14   1998年04月  [査読有り]

    学術誌  単著

  • Wildfowl damage to agriculture in Japan.

    Lane, S. J., Azuma, A. and Higuchi, H.

    Agricultural Ecosystem and Environment   ( 70 ) 69 - 77   1998年04月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • 谷津環境におけるカエル類の個体数密度と環境要因の関係.

    ランドスケープ研究   63 ( 5 ) 573-576   1999年01月

    その他(含・紀要)  共著・分担

  • 千葉県手賀沼流域におけるサシバの生息地の土地環境条件.

    農村計画論文集   18 ( 1 ) 253-258   1999年01月

    その他(含・紀要)  共著・分担

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • カモ類,特にカルガモによる水稲直播の被害

    中村和雄編

    植物防疫  1996年01月

    学術著書

  • 里山と谷津田を利用する猛禽類.-印旛沼手賀沼のサシバを例に.

    武内和彦・鷲谷いづみ・恒川篤史編

    里山の環境学  2001年01月

    学術著書

  • Birds of Prey Living in Yatsuda and Satoyama.

    Takeuchi, K., Brown, R.D., Washitani, I., Tsunekawa, A. and Yokohari, M.

    Satoyama: The Traditional Rural Landscape of Japan.  2003年01月

    学術著書

  • 「生態学からみた里山の自然と保護」

    東 淳樹 ( 担当範囲: サシバの生息地利用からみた谷津田のある里山の重要性 )

    講談社   2005年06月

    学術著書

  • 自然の見方が変わる本

    東 淳樹 ( 担当範囲: 渡り来るタカ,サシバのなぜ? )

    山と渓谷社  2007年12月 ISBN: 9784635171755

    単行本(一般書)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • サシバとその生息地の保全に関する地域生態学的研究

    東 淳樹

    我孫子市鳥の博物館調査研究報告 ( 我孫子市鳥の博物館 )  ( 12 ) 1 - 119   2004年01月

    その他  

  • 直播栽培における鳥害回避策(共著)

    矢治幸夫,関矢博幸,鈴木祥悟,東 淳樹,渡邊寛明

    農業技術 ( 財団法人 農業技術協会 )  61 ( 12 ) 534 - 538   2006年11月

    その他  

  • 集落限界点評価手法と持続可能な流域圏の構築

    東 淳樹

    人と国土21 ( (財)国土計画協会 )  35 ( 1 ) 44   2009年05月

    その他  

  • 生きものたちにとって、「ふゆみずたんぼ」ってどうですか?

    東 淳樹

    こんな時どうする?田園自然再生活動-ステップアップのためのポイント集 ( 農村環境整備センター )    24 - 25   2010年03月

    その他  

  • 北日本におけるサシバの繁殖地利用

    東 淳樹・河端有里子・糸川拓真・金子絵理

    第6回国際アジア猛禽類会議 ( アジア猛禽類ネットワーク )    72 - 73   2010年06月

    論文に準じたプロシーディング  

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 東北地方の水田地帯におけるカルガモの生息状況とそれに及ぼす要因

    口頭(一般)  東 淳樹・辻 華織・奥山智子・佐藤太郎

    日本鳥学会2004年度大会  (奈良女子大学) 

    2004年09月
     
     

    日本鳥学会

  • Farm land consolidation of paddy field and conservation of aquatic animal in Japan.

    口頭(一般)  AZUMA, A.

    International collaboration research seminar between Japan and China  (China Agricultural University, Beijing) 

    2005年08月
     
     

    China Agricultural University, Beijing

  • 水田地帯における繁殖期のカルガモの昼夜別の生息数と行動の違い

    口頭(一般)  東 淳樹・熊谷 徹

    日本鳥学会2005年度大会  (信州大学) 

    2005年09月
     
     

    日本鳥学会

  • トウキョウダルマガエルの季節的消長と水田環境との関係

    口頭(一般)  佐藤太郎・佐藤次郎・東淳樹

    平成18年度 農業土木学会大会講演会  (宇都宮大学) 

    2006年08月
     
     

    農業土木学会

  • 個体識別法によるメダカの成長と移動分散につい

    口頭(一般)  渡部憲吾・東 淳樹

    平成18年度 農業土木学会大会講演会  (宇都宮大学) 

    2006年08月
     
     

    農業土木学会

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 里地自然の保全を意図したサシバの生息可能性地域の解析と土地利用計画への応用

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2001年07月
    -
    2002年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2001年度・ 1,800,000円・ 0円

    2002年度・ 500,000円・ 0円

  • 水田生態系の生物多様性維持機構からみた生態系配慮型圃場整備の効果と限界

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2004年06月
    -
    2007年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2004年度・ 3,000,000円・ 0円

    2005年度・ 600,000円・ 0円

    2006年度・ 300,000円・ 0円

  • 比較地域生態学を基礎とした農村生態系保全研究の新展開

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2006年06月
    -
    2007年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2006年度・ 250,000円・ 0円

  • 希少猛禽類の保全を意図した繁殖北限域におけるサシバの繁殖規定要因の解明

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2007年06月
    -
    2008年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2007年度・ 3,510,000円・ 810,000円

  • 希少猛禽類の保全を意図した繁殖北限域におけるサシバの繁殖規定要因の解明

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2008年06月
    -
    2009年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2008年度・ 650,000円・ 150,000円

全件表示 >>

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • PRO NATURA FUND

    寄附金区分:奨学寄附金

    寄附者名称:財団法人日本自然保護協会  2006年10月

    寄附金額:980,000円

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • GPS送信機を装着したカラスの行動追跡による被害実態の解明と被害対策の検討

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2012年04月
    -
    2013年03月

    研究内容 :

    GPS送信機を装着したカラスの行動追跡による被害実態の解明と被害対策の検討

  • ミサゴの生息数が内陸部で増えているのはなぜか? -生息地としての内陸部のダム湖や河川の適性評価-

    財団等からの助成金

    資金支給期間 :

    2017年05月
    -
    2019年03月

    研究内容 :

    ミサゴの生息数が内陸部で増えている原因の解明

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2019年03月
     

    造園学会

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    応用生態工学会

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    農業農村工学会

  • 9999年01月
    -
    継続中
     

    農村計画学会

  • 9999年01月
    -
    継続中
     

    野生生物保護学会

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2005年09月
    -
    継続中

    農村計画学会   学術交流委員

  • 2005年11月
     
     

    農業農村工学会   東北支部賞審査委員会委員

  • 2006年04月
    -
    継続中

    農業農村工学会   農業土木学会東北支部幹事

  • 2008年04月
    -
    2012年03月

    農村計画学会   評議委員

  • 2008年04月
    -
    継続中

    農業農村工学会   農業農村工学会東北支部幹事

全件表示 >>

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • 農村計画学会 (2005年12月)

    参加者数 : 200人

  • 日本鳥学会2006年度大会 (2006年09月)

    参加者数 : 600人

  • 2013年度造園学会東北支部会 (2013年10月)

    参加者数 : 150人

  • 第5回東北野生動物管理研究交流会 (2018年12月)

    参加者数 : 200人

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • 農村計画論文集 [査読 (2004年12月)]

  • 日本造園学会研究発表論文集 [査読 (2005年05月)]

  • 日本造園学会研究発表論文集 [査読 (2005年05月)]

  • 日本生態学会 保全生態学研究 [査読 (2005年08月)]

  • 日本鳥学会誌 [査読 (2005年12月)]

全件表示 >>

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    ゴイサギ被害困った 岩手日報

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2011年度

    サシバ保護に止まり木作戦

    報道区分: 全国報道

    メディア区分: 新聞

  • 2011年度

    カラスの位置刻々把握 読売新聞

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2011年度

    GPSでカラス生態調査岩手大が7羽放鳥

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2012年度

    カラスの被害防ぐ生態調査 毎日新聞

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

全件表示 >>

 

国・地方自治体等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手県

    委員会等名 : 鷹生ダム(自然との共生)検討会議委員(2000年度~)

    役職名 :

    2000年04月
    -
    2007年03月
  • 東北農政局いさわ南部農地整備事業所

    委員会等名 : いさわ南部地区生態系保全調査検討委員会

    役職名 : いさわ南部地区生態系保全調査検討委員

    2000年04月
    -
    2011年03月
  • 岩手県

    委員会等名 : 岩手県農業農村整備事業環境情報協議会委員

    役職名 :

    2002年04月
    -
    2006年03月
  • 岩手県

    委員会等名 : 岩手県内水面漁業管理委員会

    役職名 : 委員

    2004年12月
    -
    2014年03月
  • 日本オオタカネットワーク

    委員会等名 : 環境省オオタカ保護指針策定調査検討委員会

    役職名 : 委員

    2005年02月
    -
    2009年03月

全件表示 >>

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2004年度 東北電力株式会社

    指導等の内容 :

    イヌワシ調査アドバイザー

  • 2005年度 東北電力株式会社

    指導等の内容 :

    イヌワシ調査アドバイザー

  • 2006年度 東北電力株式会社

    指導等の内容 :

    イヌワシ調査アドバイザー

  • 2007年度 東北電力株式会社

    指導等の内容 :

    イヌワシ調査アドバイザー

  • 2008年度 東北電力株式会社

    指導等の内容 :

    イヌワシ調査アドバイザー

全件表示 >>

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 出前講義(盛岡中央高校)

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 高校PR訪問報告

    1. 訪問学校名:岩手県盛岡中央高等学校
    2. 訪問日時:平成30年7月5日(木) 13:30~15:00
    3. 訪問教員とタイトル名:
    東 淳樹 「身近な野生動物を守る:メダカやサシバを例として-岩手大学での取り組み」

    2018年07月
     
     
  • 宮城県古川高等学校

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 田んぼでメダカを守るということ

    2014年11月
     
     
  • ユースフォーラムinテンパーク

    種類 : 講習会

    担当部門(講演題目) : 水田地帯における小動物の生態と保全

    2004年11月
     
     
  • 外来魚と環境を考えるフォーラムin御所湖

    種類 : フォーラム

    担当部門(講演題目) : 座談会講師

    2006年02月
     
     
  • SPERng研究会

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 田んぼの生きもの-その保全と課題-

    2004年12月
     
     

全件表示 >>

産学官民連携活動 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学農学部気仙地域生態系研究報告会

    実績年度 : 2009年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • 岩手大学農学部気仙地域生態系研究報告会

    実績年度 : 2010年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • 岩手大学農学部気仙地域生態系研究報告会

    実績年度 : 2012年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

ボランティア・寄与など 【 表示 / 非表示

  • 2006年度

    ボランティア

    平成18年度門崎地区「メダカの学校」講師

  • 2006年度

    ボランティア

    門崎地区ほ場整備事業に係る地区説明会 講師

  • 2006年度

    ボランティア

    ゼニタナゴ生息池環境整備事業実施に伴う生物移動 講師

  • 2006年度

    ボランティア

    平成18年度門崎地区「メダカの引越し」講師

  • 2007年度

    ボランティア

    一関市川崎町門崎地区におけるメダカの引越しイベント

全件表示 >>

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年度

    学生委員会

  • 2006年度

    大学教育総合センター学生生活支援部門会議

  • 2008年度

    教務委員

  • 2009年度

    ミュージアム部門会議

  • 2010年度

    広報委員会

全件表示 >>