塚本 知玄 (TSUKAMOTO Chigen)

写真a

所属

岩手大学  農学部  応用生物化学科 

職名

教授

研究室

食品化学

研究分野・キーワード

大豆, 食品, 味, 遺伝, サポニン, イソフラボン

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1980年03月

    岩手大学   農学部   農芸化学   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1982年03月

    岩手大学  農学研究科  農芸化学  修士課程  修了

  •  
    -
    1994年03月

    東北大学  農学研究科  食糧化学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学 -  農学修士  1982年01月01日

    学位の分野 : 応用微生物学

  • 東北大学 -  博士(農学)  1994年01月01日

    学位の分野 : 食品科学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年01月
    -
    2000年03月

    岩手大学   農学部   応用生物学科   助教授   [本務]

  • 2000年04月
    -
    2007年03月

    岩手大学   農学部   農業生命科学科   助教授   [本務]

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    岩手大学   農学部   応用生物化学課程   准教授   [本務]

  • 2009年04月
    -
    2016年03月

    岩手大学   農学部   応用生物化学課程   准教授   [本務]

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    岩手大学   農学部   応用生物化学科   准教授   [本務]

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 食品科学

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 大豆と健康 [一般・高校生向け]

    講義の概要

    人間の寿命は,普段の食生活と深く関わっています。日本は世界一の長寿国なので,西欧諸国の中には,日本型食生活で長生きになろうとする動きもあります。特に大豆には,ガン・心臓病・骨粗鬆症などの病気を予防する成分が多く含まれ,「長寿の秘訣は大豆を毎日食べること」という研究者もいるほどです。皆さんご存知のように,盛岡市は全国一の豆腐消費量を誇っています。それだけ多くの豆腐を食べているのなら日本一の長寿地域であって欲しいものですが,残念ながら短命です。これには何か訳がありそうですね。大豆加工食品が人々の健康にどのように関係しているのか,どのような大豆加工食品なら長寿と健康増進につながるのか・・・。興味のある方はお呼びください。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    食品衛生学

  • 2005年度

    食品衛生学

  • 2006年度

    食品衛生学

  • 2007年度

    食品衛生学

  • 2008年度

    食品衛生学

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    卒業研究指導(学部):4人

    学位論文審査(学部・副査):2人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

  • 2005年度

    卒業研究指導(学部):3人

    学位論文審査(学部・副査):3人

    研究指導(修士・主任指導):3人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):4人

  • 2006年度

    卒業研究指導(学部):4人

    学位論文審査(学部・副査):1人

    研究指導(修士・主任指導):4人

    学位授与者数(修士・主任指導):2人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):4人

  • 2007年度

    卒業研究指導(学部):2人

    研究指導(修士・主任指導):3人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):1人

  • 2008年度

    卒業研究指導(学部):4人

    研究指導(修士・主任指導):3人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):4人

全件表示 >>

FD 研修・教育研究会における発表 【 表示 / 非表示

  • 博士課程教育における指導のあり方

    教育研究会名 : FD講演会

    開催年月 : 2010年10月

  • FD合宿

    教育研究会名 : FD合宿(八幡平ハイツ)

    開催年月 : 2011年08月

  • 授業改善提案

    教育研究会名 : FD講演会(ザ・ギース)

    開催年月 : 2011年09月

  • FD合宿

    教育研究会名 : FD合宿(八幡平ハイツ)

    開催年月 : 2012年08月

  • 学生指導上の留意点について

    教育研究会名 : 岩手連大FD講演会

    開催年月 : 2016年02月

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 給食ニュース「毎日とろう大豆パワー! 大豆加工食品のすべて」

    教材種類:教材

    教材年度 : 2009年度

  • 給食ニュース大百科2011「毎日とろう大豆パワー! ~大豆と健康~」

    教材種類:教材

    教材年度 : 2010年度

  • 給食ニュース大2013年2月号「日本人の食卓に欠かせない大豆・大豆製品」

    教材種類:教材

    教材年度 : 2012年度

  • 給食ニュース大百科2014「日本人の食卓に欠かせない大豆・大豆製品」

    教材種類:教材

    教材年度 : 2013年度

  • 給食ニュース2015年2月号「大豆・大豆加工食品と「和食」について考える」

    教材種類:教材

    教材年度 : 2014年度

全件表示 >>

学生向けの課外活動・セミナーの実施 【 表示 / 非表示

  • 2014年度

    平成26年度 岩手大学公開講座 第19回農学部実験講座 コース④「ヒトに見えなくても,そこには物質がある -化学の目で,見えないものをみてみよう-」

  • 2017年度

    平成29年度 水沢高校SSH第2回岩手大学研修「ヒトに見えなくても,そこには物質がある -化学の目で,見えないものを見てみよう-」

  • 2019年度

    公開講座「農学部5学科実験講座」コース4「健康機能性成分大豆サポニンの分析 -見えないものをどうやって見るのか-」

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2001年度

    学生生活指導活動

    スキューバダイビング部・顧問

  • 2002年度

    学生生活指導活動

    スキューバダイビング部・顧問

  • 2003年度

    学生生活指導活動

    スキューバダイビング部・顧問

  • 2004年度

    学生生活指導活動

    スキューバダイビング部・顧問

  • 2008年度

    その他

    第14回技術部農学系技術室技術職員等研修講義Ⅰ「食品の安全性 安心・安全とは何か?」(2009年1月8日,農学部2号会議室)

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 大豆加工食品の呈味性並びに機能性に影響をおよぼす低分子成分の食品科学的研究

    研究期間:

    1982年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 大豆、リポキシゲナーゼ、サポニン,イソフラボン、フィチン、機能性、味、遺伝

    研究態様: 個人研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    食品科学 ,  遺伝育種科学 , 

  • リポキシゲナーゼ欠失大豆の育成と食品科学的研究

    研究期間:

    1983年04月
    -
    1988年03月

    研究課題キーワード : 大豆、リポキシゲナーゼ、遺伝、食品

    研究態様: 国際共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    食品科学 ,  遺伝育種科学 , 

  • 大豆機能性成分の遺伝育種的改変ならびに食品科学的研究

    研究期間:

    1989年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 大豆、サポニン、イソフラボン、フィチン、機能性、味、遺伝

    研究態様: 個人研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    食品科学 ,  遺伝育種科学 , 

  • 液体食品の新輸送システム構築に関する食品科学的研究

    研究期間:

    2000年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 輸送、液体食品、品質

    研究態様: 国内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    食品科学 , 

論文 【 表示 / 非表示

  • Purification and some properties of isocitrate lyase from the pollen of Pinus(/)- densiflora(/)- Sieb. et Zucc.

    Tsukamoto, C., Ejiri, S. and Katsumata, T.

    Agricultural and Biological Chemistry   50 ( 2 ) 409 - 416   1986年02月  [査読有り]

    学会誌  共著・分担

  • 国産大豆の品質(第15報)納豆用小粒大豆の加工適性と納豆の品質

    平 春枝・鈴木典男・塚本知玄・海沼洋一・田中弘美・斎藤昌義

    農林水産省食品総合研究所報告書   51   48 - 58   1987年04月

    学術誌  共著・分担

  • A process for the removal of glycosides during tofu production and an evaluation of the marketability of the final product

    Tsukamoto, C., Kawasaki, Y., Iwasaki, T. and Okubo, K.

    Proceedings of International Conference on Soybean Processing and Utilization, Gongzhuling, China, 25 to 29 June, 1990.     47 - 51   1991年10月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Isolation and structural elucidation of the major genuine soybean saponin

    Kudou, S., Tonomura, M. Tsukamoto, C., Shimoyamada, M., Uchida, T. and Okubo, K.

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   56 ( 1 ) 142 - 143   1992年01月  [査読有り]

    学会誌  共著・分担

  • Group A acetyl saponin-deficient mutant from the wild soybean

    Tsukamoto, C., Kikuchi, A., Kudou, S., Harada, K., Kitamura, K. and Okubo, K.

    Phytochemistry   31 ( 12 ) 4139 - 4142   1992年12月  [査読有り]

    学会誌  共著・分担

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Chapter 12 Saponins. In: Toxic Substances in Crop Plants

    Fenwick, G. R., Price, K. R., Tsukamoto, C. and Okubo, K.

    The Royal Society of Chemistry, Cambridge, UK  1991年01月 ISBN: 0-85186-863-0

    学術図書

  • 豆類の歴史,食用豆類,熱帯アフリカにおける豆類の利用.FAO豆類の栄養と加工(翻訳)

    塚本知玄・大久保一良

    建帛社  1993年01月 ISBN: 4-7679-6054-1

    翻訳書

  • 第8章 流通加工 1.豆腐への利用.海妻矩彦・喜多村啓介・酒井真次編:総合農業研究叢書 第44号 我が国における食用マメ類の研究

    小野伴忠・塚本知玄

    独立行政法人農業研究機構中央農業研究センター  2003年01月 ISBN: 4-931446-44-2

    学術図書

  • Chapter 9 Soy saponin. In: Soy in Health and Disease Prevention

    Tsukamoto, C. and Yoshiki, Y.

    CRC Press, Taylor & Francis Group, New York, USA  2005年01月 ISBN: 0-8493-3595-7

    学術図書

  • ダイズ機能性成分の育種的安定制御技術の開発(課題番号18063)(平成18年度先端技術を活用した農林水産研究高度化事業実績報告書)

    石本政男 ( 担当範囲: 機能性成分の高精度解析技術の開発 )

    農業研究機構 北海道農業研究センター  2007年03月

    その他

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 大豆サポニンの共優性遺伝 大豆の起源を探るマーカーとなりうるか?

    下山田 真・塚本知玄・大久保一良

    化学と生物 ( 日本農芸化学会 )  29   213 - 214   1991年04月

    学術誌  

  • 新機能豆腐の開発

    塚本知玄・西澤直行

    岩手大学地域共同研究センター年報 ( 岩手大学地域共同研究センター )  8   43 - 48   1997年06月

    報告  

  • ダイズの機能性成分が生活習慣病・ガンに効く,健康を招く

    西澤直行,塚本知玄

    現代農業 ( 農文協 )  77 ( 11 ) 88 - 93   1998年11月

    機関誌  

  • カルシウムとうふのコンセプトと開発経緯

    塚本知玄

    FOOD Style 21 ( 食品化学新聞社 )  2 ( 11 ) 52 - 55   1998年11月

    機関誌  

  • 大豆と人間の共生の歴史

    塚本知玄

    環境研究 ( 財団法人環境調査センター )  114   15 - 21   1999年08月

    機関誌  

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • アカマツ花粉の発芽時におけるイソクエン酸リアーゼ活性の変動

    口頭(一般)  塚本知玄・江尻慎一郎・勝又悌三

    日本農芸化学会東北支部第87例会  (岩手県三陸町、北里大学水産学部) 

    1980年08月
     
     

    日本農芸化学会東北支部

  • アカマツ花粉イソクエン酸リアーゼの精製と性質

    口頭(一般)  塚本知玄・江尻慎一郎・勝又悌三

    日本生化学会1981年大会  (仙台) 

    1981年10月
     
     

    日本生化学会

  • A Precess for the Removal of Glycosides during Tofu Production and an Evaluation of the Marketability of the Final Product.

    口頭(一般)  Chigen Tsukamoto, Yoshihiro Kawasaki, Tsutomu Iwasaki and Kazuyoshi Okubo

    1st International Conference of Soybean Processing and Utilization  (Gongzhuling, China) 

    1990年06月
     
     

    International Conference of Soybean Processing and Utilization

  • 野生大豆(Glycine(/)- soja(/)-)種子胚軸中のサポニン組成多型性

    口頭(一般)  塚本知玄・下山田 真・原田久也・大久保一良

    日本農芸化学会1991年度大会(京都)  (京都) 

    1991年03月
     
     

    日本農芸化学会

  • サポニン組成によるダイズの分類

    口頭(一般)  塚本知玄・杉原 圭・大久保一良

    平成3年度野生大豆検討会  (仙台市、勝山館) 

    1992年01月
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本食品科学工学会平成16年度論文賞

    2005年08月29日

    受賞者:  中里勝彦・小野伴忠・石黒貴寛・高松通光・塚本知玄・三上正幸

    Nakasato, K., Ono, T., Ishiguro, T., Takamatsu, M., Tsukamoto, C. and Mikami, M. (2004). Rapid quantitative analysis of the major components in soymilk using fourier-transform infrared spectroscopy (FT-IR). Food Science and Technology Resesarch, 10: 137-142.

  • 韓国生命科学会最優秀ポスター賞

    2016年08月23日

    受賞者:  Hae Reon Son, Sun Kyung Oh, Chigen Tsukamoto, and Myeong Rak Choi

    ACE and a-Glucosidase Inhibitory Activity of the Glucosinolates in Dolsan Leaf Mustard Pickle during Storage. by Hae Reon Son, Sun Kyung Oh, Chigen Tsukamoto, and Myeong Rak Choi. Chonnam National University, Iwate University.

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • リポキシゲナーゼ欠失大豆を用いた大豆食品の製造方法

    特許

    特願 特願昭60-233419 

    出願日: 1985年10月21日

  • リポキシゲナーゼの存否の判別方法

    特許

    特願 特願昭61-109399  特許 特許第2116036号

    出願日: 1986年05月15日

    登録日: 1996年12月06日

  • 大豆食品の製造方法

    特許

    特願 特願昭62-139954  特許 特許第2544626号

    出願日: 1987年06月05日

    登録日: 1996年07月25日

  • 大豆食品の製造方法

    特許

    特願 特願昭62-143396  特許 特許第2521098号

    出願日: 1987年06月10日

    登録日: 1996年05月17日

  • 豆腐の製造方法

    特許

    特願 特願昭62-236262 

    出願日: 1987年09月22日

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • LC-MS/MS分析による大豆サポニンの化学構造推定

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2015年度・ 1,100,000円・ 330,000円

    2016年度・ 1,100,000円・ 330,000円

    2017年度・ 1,100,000円・ 330,000円

  • プロファイル解析による大豆加工食品中の各種サポニン化学構造の推定

    基盤研究(B)

    支払支給期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2018年度・ 5,590,000円・ 1,290,000円

    2019年度・ 5,070,000円・ 1,170,000円

    2020年度・ 5,330,000円・ 1,230,000円

  • プロファイル解析による大豆加工食品中の各種サポニン化学構造の推定

    基盤研究(B)

    支払支給期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2018年度・ 5,590,000円・ 1,290,000円

    2019年度・ 5,070,000円・ 1,170,000円

    2020年度・ 5,330,000円・ 1,230,000円

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 食品コロイドのゲル化機構に関する研究

    寄附金区分:奨学寄附金

    寄附者名称:(株)フランソワ  1999年07月

    寄附金額:300,000円

  • カード中脂質のタンパク質による安定化

    寄附金区分:奨学寄附金

    寄附者名称:岩手大学農学部北水会  2001年03月

    寄附金額:100,000円

  • 研究の奨励

    寄附金区分:奨学寄附金

    寄附者名称:(株)アサノ通運  2003年01月

    寄附金額:200,000円

  • Research Promotion

    寄附金区分:奨学寄附金

    寄附者名称:Gyuhwa Chung  2010年05月

    寄附金額:363,709円

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 大豆加工食品の呈味性および機能性に関与する成分の構造解析

    (財)日本化学研究会化学研究推進助成金

    資金支給期間 :

    2002年04月
    -
    2005年03月

    研究内容 :

  • 機能性飼料添加物を給与した鶏の免疫応答能と鶏肉の外観・食感評価システムの構築

    岩手大学農学部付属動物医学食品安全教育センター研究助成金

    資金支給期間 :

    2006年04月
    -
    2007年03月

    研究内容 :

  • 大豆と野生ツルマメで見い出された種子サポニン成分組成自然変異体を活用して食品用非遺伝子組換え高機能性大豆を作出するための基礎研究

    (財)不二たん白質研究振興財団研究助成金

    資金支給期間 :

    2009年04月
    -
    2010年03月

    研究内容 :

    大豆と野生ツルマメで見い出された種子サポニン成分組成自然変異体を活用して食品用非遺伝子組換え高機能性大豆を作出するための基礎研究

  • Basic Study for the Development of Ready to Eat Healthy Products for the Elderly.

    論文博士号取得希望者に対する支援事業

    資金支給期間 :

    2013年04月
    -
    2015年03月

    研究内容 :

    Basic Study for the Development of Ready to Eat Healthy Products for the Elderly.

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1979年04月
    -
    継続中
     

    日本農芸化学会

  • 1982年04月
    -
    継続中
     

    日本食品科学工学会

  • 1983年04月
    -
    継続中
     

    種子生理生化学研究会

  • 1997年04月
    -
    継続中
     

    日本栄養・食糧学会

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    日本食品衛生学会

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2002年05月
    -
    2003年10月

    日本食品衛生学会   第86回日本食品衛生学会世話人

  • 2003年11月
    -
    2004年09月

    日本食品科学工学会   日本食品科学工学会第51回大会役員

  • 2003年11月
    -
    2005年11月

    日本食品科学工学会   東北支部幹事

  • 2006年11月
    -
    2008年01月

    種子生理生化学研究会   第28回種子生理生化学研究会実行委員

  • 2010年06月
     
     

    日本農芸化学会   平成22年度東北支部シンポジウム実行委員

全件表示 >>

学会活動 2(国際会議などの座長) 【 表示 / 非表示

  • Session 4: Traditional Products [The Third International Soybean Processing and Utilization Conference (2000年10月)]

  • F3-1 Processing and Value-added Utilization of Special Soybeans [World Soybean Research Conference VIII (2009年08月)]

  • Technical Session-5 (Hall-1) [International Conference on Ethnic Fermented Foods and Beverages: Microbiology and Health Benefits. (2015年11月)]

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry [査読 (1999年06月)]

  • Journal of Agricultural and Food Chemistry [査読 (2001年11月)]

  • Journal of Agricultural and Food Chemistry [査読 (2002年07月)]

  • Journal of Agricultural and Food Chemistry [査読 (2002年12月)]

  • Journal of Agricultural and Food Chemistry [査読 (2003年05月)]

全件表示 >>

研究員(受入れ) 【 表示 / 非表示

  • Ph.D. student, Paneerselvam of Chonnam National University, Korea(LC-MS/MS analysis of saponin components in the seeds of wild soybean (Glycine soja).)
    (

    1人 
    2011年11月
    -
    2011年12月

    )

  • JSPS論博プログラムWanida Tewaruth (LC-MS/MS analysis of saponin components in Food Materials.) (

    1人 
    2012年05月
     
     

    )

  • Ph.D. student, Paneerselvam of Chonnam National University, Korea(LC-MS/MS analysis of saponin components in the seeds of wild soybean (Glycine soja).)
    (

    1人 
    2012年09月
    -
    2012年10月

    )

  • JSPS論博プログラムWanida Tewaruth (LC-MS/MS analysis of saponin components in Food Materials.) (

    1人 
    2012年10月
    -
    2012年12月

    )

  • JSPS論博プログラムWanida Tewaruth (LC-MS/MS analysis of saponin components in Food Materials.) (

    1人 
    2013年09月
    -
    2013年10月

    )

全件表示 >>

その他研究活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 1991年度

    種苗登録第2575号 大豆「味太子」(1991年2月21日登録)
    育成者:喜多村啓介,塚本知玄,塚田義弘

    種苗登録第2576号 大豆「喜多姫」(1991年2月21日登録)
    育成者:喜多村啓介,塚本知玄,塚田義弘

    種苗登録第2577号 大豆「味小粒」(1991年2月21日登録)
    育成者:喜多村啓介,塚本知玄,塚田義弘

 

国・地方自治体等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 岩手県

    委員会等名 : 岩手県技術アドバイザー

    役職名 :

    1998年10月
    -
    2002年09月
  • 岩手県

    委員会等名 : いわての大豆普及推進協議会

    役職名 : 顧問

    2001年04月
    -
    2006年05月
  • 岩手県

    委員会等名 : 岩手県農業研究センター農産物加工指導・研究推進連絡会議

    役職名 : 委員

    2006年04月
    -
    2007年03月
  • 岩手県

    委員会等名 : 農政審議会生産流通部会

    役職名 : 副部会長

    2019年01月
    -
    2021年01月

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2009年度 Amorepacific Corporation (South Korea)

    指導等の内容 :

    English lecture entitled "The chemical structures, genetics and functional properties of soybean
    saponin components for human health"
    at Hanbang Application Research, Skin Research Institute, AMOREPACIFIC CORPORATION (South Korea)(May 12, 2010)

  • 2010年度 (株)アサノ通運

    指導等の内容 :

    食品衛生講習会(毎月1回)

  • 2010年度 佐藤政行種苗

    指導等の内容 :

    大豆加工食品開発

  • 2011年度 (株)アサノ通運

    指導等の内容 :

    食品衛生講習会(毎月1回)

  • 2011年度 佐藤政行種苗

    指導等の内容 :

    大豆加工食品開発

全件表示 >>

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 秋田県産大豆加工フォーラム講演会

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 「大豆の機能性を生かした商品開発 ~これからの大豆加工食品~」2006年2月23日)

    2006年02月
     
     
  • 盛岡市見前地区公民館 健康教養講座

    種類 : 講習会

    担当部門(講演題目) : 「歩いてふるさと盛岡の魅力を学ぶ」
    第1回「大豆加工食品(豆腐・納豆)と健康」
    平成18 (2006) 年5月17日

    2006年05月
     
     
  • 岩手日報社主催 第21回「肥満と生活習慣病を防ぐ健康セミナー」

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 「大豆食健康法とバランス食健康法」2006年5月19日

    2006年05月
     
     
  • 平成18年度生涯学習推進「ひろの町民大学」大野コース専門課程第3回講座

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : 「大豆加工食品(豆腐と納豆)と健康」2006年9月12日

    2006年09月
     
     
  • 第4回とうふ祭り「豆腐と美人のうるわしき関係」

    種類 : 対談

    担当部門(講演題目) : 「盛岡美人とお豆腐の栄養学的関係について考えるのだ!」(2006年10月2日)

    2006年10月
     
     

全件表示 >>

産学官民連携活動 【 表示 / 非表示

  • (財)中小企業異業種交流財団

    実績年度 : 2004年度

    活動区分 : 技術支援及び技術相談

  • (財)中小企業異業種交流財団

    実績年度 : 2005年度

    活動区分 : 技術支援及び技術相談

  • エダマメサミット秋田県大会(2006年9月9日,秋田県大仙市)(秋田県農林水産部農産振興課、秋田県農業試験場、大仙市、仙北市、美郷町、全農秋田県本部、JA秋田おばこ、エダマメ研究会主催)パネルディスカッション「美味しいエダマメが日本を元気にする」パネリスト

    実績年度 : 2006年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • IBC岩手放送

    実績年度 : 2006年度

    活動区分 : 技術支援及び技術相談

  • (株)イソップアグリシステム

    実績年度 : 2006年度

    活動区分 : 技術支援及び技術相談

全件表示 >>

国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • 2006年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :韓国全南大学

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :韓国全南大学・岩手大学 大学間学術交流

  • 2007年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :韓国全南大学

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :韓国全南大学・岩手大学 大学間学術交流

  • 2008年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :韓国全南大学

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :韓国全南大学・岩手大学 大学間学術交流

  • 2008年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :中国農業科学院作物科学研究所

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :中国農業科学院作物科学研究所王克晶教授への大豆サポニン成分分析技術の指導(北京訪問2008年9月16日~9月30日)

  • 2009年度

    学術交流

    交流機関・事業等名 :韓国全南大学

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :韓国全南大学・岩手大学 大学間学術交流(崔明洛教授来日2009年2月26日;韓国訪問3月11日~18日)

全件表示 >>

ボランティア・寄与など 【 表示 / 非表示

  • 2009年度

    ボランティア

    食育NPO「おむすび」
    大豆に関する連載コラム(ちげん先生,「おしえて! 大豆のこと」)執筆

  • 2009年度

    文化の伝承、発展及び創造活動への寄与

    テレビ番組「所さんの目がテン!節分の科学」への取材協力・出演

  • 2010年度

    ボランティア

    食育NPO「おむすび」
    大豆に関する連載コラム執筆

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年度

    学生協議会

  • 1999年度

    学園だより編集委員会

  • 2000年度

    学科・課程等での業務分担

  • 2000年度

    学寮改善委員会

  • 2000年度

    岩手大学交通対策委員会

全件表示 >>

その他大学運営活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2008年度

    ハラスメント窓口相談員
    食品衛生管理者及び食品衛生監視員養成施設窓口

  • 2009年度

    ハラスメント窓口相談員
    食品衛生管理者及び食品衛生監視員養成施設の窓口

  • 2010年度

    食品衛生管理者及び食品衛生監視員養成施設の窓口

  • 2011年度

    食品衛生管理者及び食品衛生監視員養成施設の窓口

  • 2012年度

    仕様策定委員「高分解能マイクロフォーカスX線CT装置」

全件表示 >>