大友 展也 (OTOMO Nobuya)

写真a

所属

岩手大学  人文社会科学部  人間文化課程 

職名

教授

研究室電話

019-621-6757

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

言語干渉論・ドイツにおける新聞発達史・ホロコースト研究

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1983年03月

    獨協大学   外国語学部   ドイツ語学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年03月

    埼玉大学  文化科学研究科  言語文化論ドイツ語  修士課程  修了

  •  
    -
    1990年01月

    テュービンゲン大学大学院  文学語学学部  ドイツ語学、ドイツ学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 埼玉大学 -  文学修士  1985年03月

    学位の分野 : ヨーロッパ文学

  • ドイツ・テュービンゲン大学・文学語学学部 -  哲学博士(ドクター・デア・フィロゾフィー)  1990年01月04日

    学位の分野 : 言語学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1993年09月

    岩手大学   講師   [本務]

  • 1993年10月
    -
    2007年03月

    岩手大学   助教授   [本務]

  • 2007年04月
    -
    継続中

    岩手大学   人文社会科学部   教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1991年03月

      ドイツ連邦共和国・コンスタンツ大学・言語学学科   研究プロジェクト助手

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

      岩手医科大学・矢巾キャンパス   非常勤講師

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ドイツ語学・ドイツ学・ドイツにおける新聞発達史

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 最古の日刊新聞や週刊新聞について [一般・高校生向け]

    講義の概要

    日刊新聞は一体いつ、誰が、どこで最初に発行したのか、という新聞発達史上極めて重要な疑問があります。その答えは、1650年、ドイツのライプツィヒで発行された『新着雑報』です。この新聞が出来上がった経緯についてお話します。

  • アウシュヴィッツでおきたこと [一般・高校生向け]

    講義の概要

    アウシュヴィッツやダッハウなど、ナチスの強制収容所について

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    ドイツ語学特論Ⅰ

  • 2016年度

    初級ドイツ語(発展)

  • 2016年度

    基礎ゼミナール

  • 2016年度

    ドイツ語構造論Ⅰ

  • 2016年度

    国際文化入門

全件表示 >>

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 『アウシュヴィッツでおきたこと』(角川学芸出版)(全国学校図書館協議会選定図書)

    教材種類:教材

    教材年度 : 2009年度

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Das Verhältnis der deutschen Muttersprachler zur eigenen Umgangssprache, beobachtet im Raum Tübingen

    Nobuya OTOMO

    ノルデン刊行会   ( 27 ) 79 - 86   1990年12月

    学術誌  単著

  • Die persuasive Effektivität in der deutschen Fernsehwerbung

    Nobuya OTOMO

    アルテス リベラレス   ( 49 ) 107 - 116   1991年12月

    その他(含・紀要)  単著

  • Notizen über sprachliche Interferenzen

    大友展也

    言語と文化(岩手大学人文社会科学部欧米研究編)     39 - 61   1993年03月

    その他(含・紀要)  単著

  • Interferenzphänomene und Gesellschaft

    Nobuya OTOMO

    アルテス・リベラレス   ( 55 ) 87 - 98   1994年12月

    その他(含・紀要)  単著

  • Vorstudie zur Interferenzforschung

    Nobuya OTOMO

    言語現象の諸相:英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語と日本語の対照研究     15 - 23   1995年03月

    その他(含・紀要)  単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Interlinguale Interferenzerscheinungen im Bereich der Aussprache bei ausländischen Studenten - untersucht bei Japanern und Englischsprachlern

    Nobuya OTOMO

    Peter Lang (Frankfurt/M, Bern, New York, Paris)  1990年01月 ISBN: 3-631-42532-5

    学術著書

  • Kompetenzbezogene Interferenztheorie im Rahmen der Linguistik

    Nobuya OTOMO

    Fachgruppe Sprachwissenschaft der Universität Konstanz (Arbeitspapier Nr.20)  1990年07月

    学術著書

  • Kompetenzbezogene Interferenztheorie im Rahmen der Linguistik - Mit einem Vorwort von Eugenio Coseriu

    Nobuya Otomo

    iudicium verlag  1991年01月 ISBN: 3-89129-245-7

    学術著書

  • Lexikalische und syntaktische Struktur japanischer und koreanischer Bewegungsverben II: nach oben, nach unten, nach vorne, nach hinten - unter Mitarbeit von Yasuhisa Matsumura und Nobuya Otomo

    Götz Wienold, Chin-Do Kim, Yasuhisa Matsumura, Nobuya Otomo ( 担当範囲: 執筆協力 )

    Fachgruppe Sprachwissenschaft der Universität Konstanz (Arbeitspapier Nr.47)  1992年05月

    学術著書

  • ドイツ言語学辞典

    編集主幹:川島淳夫、執筆:大友展也 他 ( 担当範囲: 動詞(Verb)、文化形態学(Kulturmorphologie)など7項目 )

    紀伊国屋書店  1994年05月 ISBN: 4-314-00570-X

    事典・辞書

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Er ist für uns da : in ' Thema des Tages',DachauerSZ,Nr.30,6./7.Feb.2010,S.R2,Horst Köhler ua.

    Nobuya Otomo

    Dachauer SZ ( Dachauer Süddeutsche Zeitung )  ( Nr.30 ) 2 - 2   2010年02月

    その他  

  • 強制収容所の記憶ーマックス・マンハイマー、語り部としての人生

    大友展也

    「世界」 ( 岩波書店 )  ( 4月 ) 234 - 242   2010年04月

    その他  

  • 収容者番号99728番の男 ― カロリン・オットー監督来日の記録

    大友展也

    欧米言語文化論集 ( 岩手大学人文社会科学部欧米言語文化コース編 )    75 - 86   2012年03月

    学術誌  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 旧西ドイツのテレビ商業宣伝におけるPersuasionの効果について

    口頭(一般)  大友展也

    第11回総会並びに研究発表会  (岩手大学) 

    1991年04月
     
     

    岩手ドイツ文学研究会

  • 広告の言語について -ドイツ語を例として-

    口頭(招待・特別)  大友展也

    滋賀大学経済学会   (滋賀大学経済学部) 

    1993年04月
     
     

    滋賀大学経済学会

  • Curriculumentwicklung und Lehrwerkentwicklung in Asien

    その他  Nobuya OTOMO, Alfred BARTHOFER, Huidie JIA

    IDV-Regionaltagung  (Beijing(北京外国語大学)) 

    1994年08月
     
     

    Internationaler Deutschlehrerverband(国際ドイツ語教師連盟)

  • インダフェレンツ研究の理論と応用 -日独語対照研究における新展開

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 

    1996年春期研究発表会   (明治大学) 

    1996年05月
     
     

    日本独文学会

  • 『The White Raven 白いカラス』カロリン・オットー監督作品上映&討論会

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  岩崎稔、カロリン・オットー、ジエンヴィエーヴ・スーヤック、大友展也

    『The White Raven 白いカラス』カロリン・オットー監督作品上映&討論会  (東京外国語大学) 

    2010年11月
     
     

    国際基督教大学、ダッハウ収容所メモリアルサイト、駐日ドイツ大使館

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • インタフェレンツ(言語干渉)現象に関する総合的研究

    奨励研究A(代表)(個人研究)(萌芽的研究)

    支払支給期間:

    1992年04月
    -
    1993年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    1992年度・ 900,000円・ 0円

  • インタフェレンツ(言語干渉)現象に関する総合的研究

    奨励研究(A)(代表)(個人研究)(萌芽的研究)

    支払支給期間:

    1993年04月
    -
    1994年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    1993年度・ 900,000円・ 0円

  • インタフェレンツ(言語干渉)現象に関する総合的研究

    奨励研究(A)(代表)(個人研究)(萌芽的研究)

    支払支給期間:

    1994年04月
    -
    1995年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    1994年度・ 700,000円・ 0円

  • インタフェレンツ(言語干渉)現象とメディアの相関性に関する研究

    奨励研究(A)(代表)(個人研究)(萌芽的研究)

    支払支給期間:

    1995年04月
    -
    1996年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    1995年度・ 1,000,000円・ 0円

  • ドイツの新聞発達史の研究(特に16,7世紀のNewe Zeytung, Einkommende Zeitung, Intelligenzblattについて)

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2002年04月
    -
    2004年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2002年度・ 1,800,000円・ 0円

    2003年度・ 1,300,000円・ 0円

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    継続中
     

    東北ドイツ文学会

  • 1991年04月
    -
    継続中
     

    日本独文学会

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    岩手県ユネスコ協会連盟

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • 東北ドイツ文学会 (2006年11月)

    参加者数 : 30人

  • 人文学系講演会開催 (2009年10月)

    参加者数 : 30人

  • 東北ドイツ文学会 (2016年11月)

    参加者数 : 30人

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • 東北ドイツ文学研究 [査読 (2006年05月)]

  • 欧米言語文化論集Ⅱ [編集 (2015年03月)]

  • 欧米言語文化論集Ⅲ [編集 (2018年03月)]

  • 欧米言語文化論集IV [編集 (2020年03月)]

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    人文社会科学部公報委員会

  • 2006年度

    人文社会科学部入試委員会

  • 2006年度

    学科・課程等での業務分担

  • 2007年度

    財務委員会

  • 2007年度

    学科・課程等での業務分担

全件表示 >>

その他大学運営活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2010年度

    2010年度環境マネジメント内部監査員リーダー
    (農学部担当)

  • 2011年度

    2011年度環境マネジメント内部監査員リーダー