大坊 真洋 (DAIBO Masahiro)

写真a

所属

岩手大学  理工学部  システム創成工学科  電気電子通信コース 

職名

准教授

研究室電話

019-621-6983

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

磁気計測, ホログラフィー

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年03月

    東北学院大学   工学部   電気工学   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年03月

    東北学院大学  工学研究科  電気工学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    1999年03月

    岩手大学  工学研究科  電子情報工学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学 -  博士(工学)  1999年01月01日

    学位の分野 : 制御・システム工学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2005年03月

    岩手大学   工学部   電気電子工学科   電子システム工学   講師   [本務]

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    岩手大学   助教授   [本務]

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    岩手大学   工学部   電気電子工学科   電子システム工学   国際交流センター教員   [兼務]

  • 2007年04月
    -
    継続中

    岩手大学   ■廃止組織■   工学部   准教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1994年03月

      新日本無線株式会社   新日本無線株式会社

  • 1992年04月
    -
    1993年03月

      レイセオン(米国出向)   レイセオン社(米国) 出向

  • 1994年04月
    -
    2002年03月

      岩手県工業技術センター    専門研究員

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 計測工学

  • 応用物理学一般

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 日常生活のなかでの、電気・磁気・光の不思議 [一般・高校生向け]

    講義の概要

  • 電子回路 [専門家(企業・研究者等)向け]

    講義の概要

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    卒業研究

  • 2004年度

    電気電子工学英語研修Ⅱ

  • 2004年度

    電気電子工学英語研修Ⅰ

  • 2004年度

    電気電子工学専門実験

  • 2004年度

    メディア処理工学

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2002年度

    卒業研究指導(学部):3人

    研究指導(修士・主任指導):2人

    研究指導(博士・主任指導):2人

  • 2003年度

    卒業研究指導(学部):5人

    研究指導(修士・主任指導):5人

    学位授与者数(修士・主任指導):3人

  • 2004年度

    卒業研究指導(学部):5人

    研究指導(修士・主任指導):3人

    研究指導(博士・主任指導):1人

    学位授与者数(修士・主任指導):2人

  • 2005年度

    卒業研究指導(学部):4人

    研究指導(修士・主任指導):3人

    研究指導(博士・主任指導):1人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

  • 2006年度

    卒業研究指導(学部):6人

    研究指導(修士・主任指導):7人

    研究指導(博士・主任指導):1人

全件表示 >>

FD 研修・教育研究会における発表 【 表示 / 非表示

  • PBL

    教育研究会名 : PBL、アクティブラーニング

    開催年月 : 2015年09月

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 電気電子工学英語研修I教材

    教材種類:メディア教材

    教材年度 : 2008年度

  • 情報基礎教材

    教材種類:メディア教材

    教材年度 : 2008年度

  • 電気電子工学応用実験(レーザー)

    教材種類:その他

    教材年度 : 2012年度

  • 情報基礎

    教材種類:教材

    教材年度 : 2014年度

学生向けの課外活動・セミナーの実施 【 表示 / 非表示

  • 2014年度

    学内カンパニー アノナスライティングの指導

  • 2015年度

    学内カンパニー アノナスライティングの指導

  • 2016年度

    学内カンパニー(Anonas Lighting)の指導

  • 2016年度

    学内カンパニー(Anonas Lighting)のアドバイザー

  • 2017年度

    学内カンパニー(Anonas Lighting)の指導

全件表示 >>

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    学生生活指導活動

    1年生担任

  • 2005年度

    その他

    1年生岩手山青年の家研修実施(分担)

  • 2005年度

    学生生活指導活動

    2年生担任
    1年生副担任

  • 2006年度

    学生生活指導活動

    3年生担任

  • 2007年度

    学生生活指導活動

    4年生担任

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 原子磁力計の開発

    研究期間:

    2005年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : レーザー、電子スピン、磁気計測

    研究制度: 科学研究費補助金  

    専門分野(科研費分類)

    光工学・光量子科学 ,  計測工学 , 

  • ベクトルポテンシャルコイルおよびトランス

    研究期間:

    2013年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 非破破壊検査、通信

    研究態様: 個人研究

    研究制度: 科学研究費補助金  

    専門分野(科研費分類)

    計測工学 ,  応用物理学一般 , 

  • 計算機ホログラム

    研究期間:

    9999年01月
     
     

    研究課題キーワード : ホログラム、情報圧縮

    研究態様: 個人研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    光工学・光量子科学 , 

  • レーザーSQUID顕微鏡

    研究期間:

    9999年01月
     
     

    研究課題キーワード : SQUID、非破壊検査、半導体

    研究態様: 国内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    制御・システム工学 ,  応用物理学一般 , 

論文 【 表示 / 非表示

  • 薄膜光電トランス

    宮腰宣樹,佐藤雄一,大坊真洋,木村光照

    日本応用磁気学会誌   15 ( 2 ) 575-578   1991年01月

    学術誌  共著・分担

  • A Miniture Opto-Electric Transformer

    Mitsuteru Kimura, Nobuki Miyakoshi and Masahiro Daibou

    Proc. IEEE Micro Electro Mechanical Systems MEMS '91     227 - 232   1991年01月

    その他(含・紀要)  共著・分担

  • 2次元標本化モデルと特異値分解によるX線CT画像再構成アルゴリズム

    大坊真洋,田山典男,長谷川辰雄,南幅留男

    計測自動制御学会論文集   34 ( 12 ) 1937-1944   1998年01月

    その他(含・紀要)  共著・分担

  • Visualization of x-ray computer tomography using computer generated holography

    Masahiro Daibo, Norio Tayama

    SPIE proc.   3457   134 - 145   1998年01月

    その他(含・紀要)  共著・分担

  • A Computed Imaging System Using Wavelets Sampling Model

    Haiqing Du, Norio Tayama, Masahiro Daibo, Tatuo Hasegawa, Kyosiro Seki

    MVA'98 Machine Vision Applications     115 - 118   1998年01月

    その他(含・紀要)  共著・分担

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 入門 磁気活用技術(共著)

    能登 宏七 監修

    工業調査会  2005年01月 ISBN: 4-7693-1240-7

    学術著書

  • ホログラフィック原子磁力計の研究

    大坊真洋

    科研費報告書  2008年06月

    調査報告書

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • レーザーSQUID顕微鏡による半導体検査

    大坊真洋

    高温超伝導SQUID応用技術の動向調査 ( 未踏科学技術協会 )    2003年01月

    その他  

  • レーザーSQUID顕微鏡による半導体検査

    大坊真洋

    日本応用磁気学会誌 ( 日本応用磁気学会 )    2005年01月

    その他  

  • レーザーSQUID顕微鏡

    大坊真洋

    光学 ( 日本光学学会 )  36 ( 7 ) 34 - 36   2007年08月

    その他  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Developments of CT System Using Singular Value Decomposition Method

    ポスター(一般)  (2)Masahiro Daibo, Tomeo Minamihaba, Tatsuo Hasegawa, Takami Kumagai, Mitsuru Fujisawa, Norio Tayama

    S/CAR96 Computer Applications to Assist Radiology  (DENVER) 

    1996年01月
     
     

  • Visualization of x-ray computer tomography using computer generated holography

    口頭(一般)  Masahiro Daibo, Norio Tayama

    SPIE  (San Diego) 

    1998年01月
     
     

    SPIE

  • Novel Laser SQUID Microscope for High-resolution Magnetic Imaging

    ポスター(一般)  Masahiro Daibo, Tadashi Kotaka, Arimitsu Shikoda

    The 13th International Symposium on Superconductivity (ISS2000)  (Tokyo) 

    2000年01月
     
     

  • Non-contact evaluation of semiconductors using a laser SQUID microscope

    ポスター(一般)  Masahiro Daibo, Arimitu Shikoda, Masahito Yoshizawa

    5th European Conference on Applied Superconductivity (EUCAS2001)  (Copenhagen) 

    2001年01月
     
     

  • Minority carrier diffusion length measurements of semiconductors using a multi-wavelength laser SQUID microscope

    ポスター(一般)  Masahiro Daibo, Toshio Kikuchi, Masahito Yoshizawa

    Applied Superconductivity Conference (ASC2002)  (Houston) 

    2002年01月
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第5回(1998年秋季)応用物理学会「講演奨励賞」

    1998年01月

    受賞者:  大坊 真洋

  • 2000年度計測自動制御学会「学術奨励賞(技術奨励賞)」

    2001年01月

    受賞者:  大坊 真洋

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • CTシステム

    特許

    特願 特許願1999-324847  特許 3768371

    出願日: 1999年11月16日

    登録日: 2006年02月10日

  • 近接場光励起スクイド顕微鏡装置

    特許

    特願 2002-89341  特許 3647818

    出願日: 2002年03月27日

    登録日: 2005年02月18日

  • (16) 照明器具

    意匠

    特願 意願2012-21730 

    出願日: 2012年09月10日

  • ベクトルポテンシャル発生装置、ベクトルポテンシャルトランス、シールド透過装置、非接触空間電界発生装置、ヌル回路、およびベクトルポテンシャル発生装置用の構造体

    特許

    特願 特願2013-273557 

    出願日: 2013年12月27日

  • ベクトルポテンシャル発生装置、ベクトルポテンシャルトランス、シールド透過装置、非接触空間電界発生装置、ヌル回路、およびベクトルポテンシャル発生装置用の構造体

    特許

    特願 PCT/JP2014/084594 

    出願日: 2014年12月26日

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 直線状ベクトルポテンシャル生成のための二重コイルとその応用

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    1900年
    -
    継続中

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2013年度・ 5,200,000円・ 1,200,000円

  • ホログラフィック原子磁力計の研究

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2005年04月
    -
    2007年03月

  • 画像原子磁力計のためのMEMSサブミリセルの作製と評価

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2009年04月
    -
    2011年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2011年度・ 500,000円・ 150,000円

  • ベクトルポテンシャルトモグラフィーの開発

    基盤研究(B)

    支払支給期間:

    2016年04月
    -
    2018年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2016年度・ 7,700,000円・ 2,310,000円

    2017年度・ 4,550,000円・ 1,050,000円

    2018年度・ 2,340,000円・ 540,000円

  • 光ポンピングスピン偏極原子のベクトルポテンシャル変調

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2021年04月
    -
    2024年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2021年度・ 2,990,000円・ 690,000円

    2022年度・ 780,000円・ 180,000円

    2023年度・ 520,000円・ 120,000円

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ベクトル・ポテンシャルにより細胞刺激および生体計測

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2014年08月
    -
    2016年03月

    研究内容 :

    ベクトルポテンシャルコイルにより電界を生体組織に発生させ、その効果や計測方法を開発する。

  • 量産型海中・海底ステーションの構築

    財団等からの助成金

    資金支給期間 :

    1900年
    -
    継続中

    研究内容 :

    ベクトルポテンシャルに基づく、新しい海底地層探査および海中通信技術を開発する。

  • 緊急告知防災ラジオの機能を拡張し広域に緊急情報を伝達する手段の研究

    財団等からの助成金

    資金支給期間 :

    1900年
    -
    継続中

    研究内容 :

    防災ラジオに接続する無線家電機器を開発して、より早く確実に危険を周知することができるシステムを開発する。

  • 山岳観光地のクマ対策について

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2020年09月
    -
    2021年03月

    研究内容 :

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 微弱磁気測定による非破壊検査

  • 医療機器

    共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態 : 共同研究

  • 非破壊検査

    共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態 : 共同研究

  • ホログラム

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1988年01月
    -
    継続中
     

    応用物理学会

  • 1990年01月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会

  • 1996年01月
    -
    継続中
     

    IEEE

  • 1997年01月
    -
    継続中
     

    計測自動制御学会

  • 2012年01月
    -
    継続中
     

    SPIE

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2004年03月

    応用物理学会   2003東北支部大会現地実行委員

  • 2005年04月
    -
    2006年03月

    電子情報通信学会   2005年電気関係東北支部大会現地実行委員

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    電子情報通信学会   平成30年度電気関係学会東北支部大会現地実行委員

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • The 1st Joint International Symposium of Iwate University (IU) and King Mongkut's Institute of Technology Ladkrabang (KMITL) (2017年06月)

    参加者数 : 80人

学会活動 2(国際会議などの座長) 【 表示 / 非表示

  • Parallel session III [The 1st Joint International Symposium of Iwate University (IU) and King Mongkut's Institute of Technology Ladkrabang (KMITL) (2017年06月)]

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会 [査読 (2009年03月)]

  • APEX [査読 (2010年06月)]

  • APEX [査読 (2011年11月)]

  • 電気学会論文誌E [査読 (2017年07月)]

研究員(受入れ) 【 表示 / 非表示

  • 国際インターンシップ (

    1人 
    2017年06月
    -
    2017年07月

    )

  • 国際インターンシップ (

    1人 
    2018年06月
    -
    2018年07月

    )

  • タイキングモンクット工科大学ラカバン校理学部物理学科から受け入れ (

    1人 
    2019年06月
    -
    2019年07月

    )

 

国・地方自治体等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 未踏科学技術協会

    委員会等名 : 高温超伝導SQUID応用技術の動向調査委員会 

    役職名 : 委員

    2002年09月
    -
    2003年03月
  • 岩手県商工会連合会

    委員会等名 : ナノテクノロジー推進委員

    役職名 :

    2003年09月
    -
    2005年03月

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 釜石地区公開講座

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : 光の不思議

    2004年09月
     
     
  • 大学公開

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : 電気工学に関するレクチャーを実施

    2004年09月
     
     
  • スーパーサイエンススクール

    種類 : 講習会

    担当部門(講演題目) : レーザーに関する実験(2件)を実施

    2005年08月
     
     
  • 高校・大学連携ウィンターセッション

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : 光伝搬に関するレクチャーを実施。

    2005年12月
     
     
  • 第9回岩手県高等学校理数科課題研究発表会

    種類 : 課題発表会

    担当部門(講演題目) : 総評、技術コメント

    2010年02月
     
     

全件表示 >>

産学官民連携活動 【 表示 / 非表示

  • 半導体LSIメーカー

    実績年度 : 2008年度

    活動区分 : 技術支援及び技術相談

  • 冷凍機械メーカー

    実績年度 : 2008年度

    活動区分 : 技術支援及び技術相談

  • 自動車メーカ

    実績年度 : 2008年度

    活動区分 : 技術支援及び技術相談

  • 自動車メーカ

    実績年度 : 2008年度

    活動区分 : 技術支援及び技術相談

国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • 2005年度

    国際交流事業

    交流機関・事業等名 :工学部国際研修

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :工学部国際研修(オーストラリア モナッシュ大学)で学生の引率

  • 2007年度

    国際交流事業

    交流機関・事業等名 :国際研修

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :提携大学との国際研修に関するアグリーメント締結

  • 2015年度

    国際交流事業

    交流機関・事業等名 :タイ王国国際インターンシップ

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :キングモンクット工科大学トンブリ校へ大学院生を研究インターンシップ留学するコーディネイト、およびキングモンクット工科大学トンブリ校から岩手大学へのインターンシップ生2名をコーディネイト

  • 2015年度

    国際交流事業

    交流機関・事業等名 :タイ王国4大学学部長表敬訪問

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :チュラロンコン大学、タマサート大学、キングモンクット工科大学ラカバン、キングモンクット大学トンブリへの学部長他教職員9名訪問の企画運営

  • 2015年度

    国際交流事業

    交流機関・事業等名 :タイ王国からの留学

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :研究生、大学院前期、大学院後期への留学希望者のマッチングコーディネイト

全件表示 >>

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2010年度

    経済産業省就職支援事業で日刊工業新聞社と仙台地区での企業見学パスツアーを1泊2日で実施。本学学生4名の他、他大学学生1名、専門学校生4名を引率した。

  • 2018年度

    キングモンクット工科大学ラカバン、キングモンクット工科大学トンブリ校へ8名の岩手大学の学生をインターンシップに3週間派遣するコーディネイトを行った。

  • 2019年度

    キングモンクット工科大学ラカバン(KMITL)、キングモンクット工科大学トンブリ校(KMUTT)へ5名の岩手大学の学生をインターンシップに3週間派遣するコーディネイトを行った。JASSO奨学金に採択。

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年度

    図書委員会

  • 2003年度

    総合情報処理センター運営委員

  • 2005年度

    工学部国際交流委員会

  • 2006年度

    工学部国際研修実施委員会

  • 2006年度

    工学部インターシップ委員会

全件表示 >>

その他大学運営活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2017年度

    国際インターンシップ受入コーディネイト(2名)

  • 2017年度

    KMUTTとの交換留学(送り出し)1名のコーディネイト、卒業単位化

  • 2017年度

    KMITLとの国際シンポジウム開催(プログラムチェア)

  • 2018年度

    キングモンクット工科大学ラカバン校工学部バイオエレクトロニクス工学科へ、1名を半年間交換留学するコーディネイトを行った。

  • 2019年度

    70周年記念における招待校(KMITL)との各種調整