西館 数芽 (NISHIDATE Kazume)

写真a

所属

岩手大学  理工学部  システム創成工学科  電気電子通信コース 

職名

教授

生年

1965年

研究室住所

〒020-8551 岩手県 盛岡市上田4−3−5

研究室

西館研究室

ホームページ

https://sites.google.com/site/nisidatelab/

研究分野・キーワード

デバイス材料設計, 物性基礎論, 計算物質科学

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年03月

    弘前大学   理学部   物理学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年03月

    弘前大学  理学研究科  物理学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    1993年03月

    金沢大学  自然科学研究科  物質科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学 -  博士(理学)  1993年03月01日

    学位の分野 : デバイス関連化学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    2002年03月

    岩手大学   文部教官助手 岩手大学工学部   [兼務]

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    岩手大学   文部科学教官講師 岩手大学工学部   [兼務]

  • 2002年04月
    -
    2007年03月

    岩手大学   文部科学教官助教授 岩手大学工学部   [兼務]

  • 2007年04月
    -
    2013年07月

    岩手大学   工学研究科   フロンティア材料機能工学専攻   准教授   [本務]

  • 2013年08月
    -
    継続中

    岩手大学   ■廃止組織■   フロンティア材料機能工学専攻   教授   [本務]

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ナノマイクロシステム

  • 数理物理・物性基礎

  • デバイス関連化学

おすすめURL 【 表示 / 非表示

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • スーパーコンピュータによる物質設計 [一般・高校生向け]

    講義の概要

    半導体の電子構造、トランジスタとダイオードの仕組み、
    太陽電池、LEDのメカニズム

  • 現代社会を支える暗号技術 [一般・高校生向け]

    講義の概要

    RSA暗号方式、ソニーPS3のハッキング事件、
    楕円曲線暗号、ビットコイン、ブロックチェーン、
    70億円が塩漬けになったお話

  • 分子動力学計算法を理解する [一般・高校生向け]

    講義の概要

    分子動力学計算法について、実際にC言語によるソースコードに触れながらPCにて計算してもらいます。LinuxがインストールされたPCの使用を前提としますが、当大学の端末を使った実習も可能ですので、相談してください。

  • 第一原理電子構造計算 [専門家(企業・研究者等)向け]

    講義の概要

    ・スーパーコンピュータによる物質設計は可能か、
    ・さまざまな電子状態計算法、バンド、
    ・局所密度近似とGGA、ハイブリッド計算、
    ・計算コードについて(フリー版、有料版)

メッセージ 【 表示 / 非表示

  • 物理学と化学の最先端の理論に基づき、物質の電子構造を探っています。我々が採用している第一原理電子構造計算法は、パラメータを一切使わずに量子力学の第一の原理から電子構造を計算するため、物質の特性を予言する能力があります。人類の叡智が到達した、究極の錬金術とも言えます。

    使用計算機:
    ・東北大学サイバーセンターのスーパーコンピュータ
    ・東京大学物性研究所のスーパーコンピュータ

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    電子物性学基礎論

  • 2004年度

    プログラミング実習

  • 2004年度

    確率統計学

  • 2004年度

    物質設計学特論

  • 2005年度

    プログラミング実習

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2005年度

    卒業研究指導(学部):4人

    研究指導(修士・主任指導):6人

    学位授与者数(修士・主任指導):3人

  • 2006年度

    卒業研究指導(学部):5人

    学位論文審査(学部・副査):2人

    研究指導(修士・主任指導):3人

    学位授与者数(修士・主任指導):3人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):5人

  • 2007年度

    卒業研究指導(学部):5人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):5人

  • 2008年度

    卒業研究指導(学部):6人

    学位論文審査(学部・主査):1人

    学位論文審査(学部・副査):5人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

  • 2009年度

    卒業研究指導(学部):6人

    副研究指導(学部):3人

    学位論文審査(学部・副査):5人

    学部研究生:6人

全件表示 >>

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 公開版分子動力学計算コードの開発

    教材種類:教材

    教材年度 : 2008年度

  • 公開版分子動力学計算コードの開発

    教材種類:教材

    教材年度 : 2009年度

  • 公開版分子動力学計算コードの開発

    教材種類:その他

    教材年度 : 2010年度

  • 公開版分子動力学計算コードの開発

    教材種類:その他

    教材年度 : 2011年度

  • Arduinoを用いたPhysical Computing環境の構築

    教材種類:教材

    教材年度 : 2012年度

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 物質の第一原理電子構造計算

    研究期間:

    1999年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 密度汎関数法

    研究態様: 機関内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    物性Ⅰ ,  応用物性 ,  電子デバイス・電子機器

  • 分子動力学法による物質シミュレーション

    研究期間:

    1999年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : 分子動力学法、計算機実験

    研究態様: 機関内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    物性Ⅰ ,  応用物性 ,  物理化学

  • 計算機実験によるデバイス材料設計

    研究期間:

    1999年04月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : シミュレーション、デバイス設計

    研究態様: 機関内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    電子デバイス・電子機器 ,  応用物性 ,  物性Ⅰ

論文 【 表示 / 非表示

  • Magnetic States and Bandgaps of B-Site Substituted Double-Perovskite Ba₂Pr(Bi, Sb)O

    H. Taniguchi, M. Matsukawa, K. Onodera, K. Nishidate, and A. Matsushita

    IEEE Transactions on Magnetics   55   2019年02月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Electronic properties and crystal structures of double-perovskites, Ba2BiIIIBiVO6,Ba2PrBiO6, and Ba2PrSbO6: First-principles study

    Kazume Nishidate, Achy Adiko, Michiaki Matsukawa, Haruka Taniguchi, Arisa Sato, Akiyuki Matsushita, Satoru Tanibayashi and Masayuki Hasegawa

    Mater. Res. Express   7   065505   2020年07月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Hybridization versus sublattice symmetry breaking in the band gap opening in graphene on Ni(111): A first-principles study

    Kazume Nishidate, Satoru Tanibayashi, Michiaki Matsukawa, Masayuki Hasegawa

    Surface Science   700   121651.   2020年10月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Oxygen reduction reaction of FeN4 center embedded in graphene and carbon nanotube: Density functional calculations

    S. Aoyama, J. Kaiwa, P. Chantngarm, S. Tanibayashi, H. Saito, M. Hasegawa, and K. Nishidate

    AIP Advances   8   115113   2018年10月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • 第一原理電子構造計算コードVASPのSX-ACE向け最適化

    山下毅、長谷川正之、青山修也、千葉貴則、西館数芽

    東北大学サイバーサイエンスセンター、大規模科学計算システム広報 SENAC   1   1 - 10   2018年01月

    その他(含・紀要)  共著・分担

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Modeling Nature: Cellular Automata Simulations with Mathematica

    Richard J. Gaylord and Kazume Nishidate

    TELOS/Springer-Verlag, NY.  1996年01月

    教科書

  • 自然現象の計算モデル化 -セルラーオートマタ・シミュレーション-

    西館数芽 西川清 訳

    トッパン  1997年01月

    教科書

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Density functional calculations of the catalytic site of fuel cell and photocatalyst

    Kazume NISHIDATE

    Activity Report / Supercomputer Center, Institute for Solid State Physics ( 東京大学物性研究所 )  - 135   2019年06月

    報告  

  • Organic Molecule on Graphene: Electronic Structure at the Interface and Crystal Growth

    Kazume NISHIDATE and Masayuki HASEGAWA

    Activity Report / Supercomputer Center, Institute for Solid State Physics, The University of TokyoKazume NISHIDATE and Masayuki HASEGAWA ( 東京大学物性研究所 )  - 134   2018年05月

    報告  

  • Electronic structure calculation of the catalytic reactions on the surfaces of the metals and oxides

    K. Nishidate and M. Hasegawa

    ISSP Super Computer Center ACTIVITY REPORT 2010 ( 東京大学物性研究所 )    78 - 78   2011年04月

    報告  

  • Mathematicaによる分子・結晶のモデリング

    西館数芽

    Mathematicaユーザー会ワークショップ(東京電機大学)、コード登録 ( JMUG 日本Mathematica ユーザーグループ )    2002年06月

    その他  

  • Investigation on efficient catalysts for the reduction of nitrogen oxides, Supercomputer Center

    K. Nishidate and M. Hasegawa

    ISSP Super Computer Center ACTIVITY REPORT 2011 ( 東京大学物性研究所 )    85 - 85   2012年04月

    報告  

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ダブルペロブスカイト Ba2Pr(Bi, Sb)O6 のハイブリッド汎関数によるバンド計算

    口頭(一般)  アシィ アディコ, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行, 谷林慧, 長谷川正之, 西館数芽

    日本物理学会第75回年次大会  (オンライン) 

    2020年03月
     
     

    日本物理学会

  • Ni(111)表面に生成されたエピタキシャル・グラフェンのバンド・ギャップ:軌道混成効果か副格子対称性の破れの効果か?

    口頭(一般)  西館数芽, 谷林慧A, 松川倫明, ○長谷川正之

    日本物理学会 2019年秋季大会 

    2019年09月
     
     

  • ZnO中のLiの挙動:ハイブリッド汎関数による第一原理計算

    口頭(一般)  三田宙知, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行, 谷林慧, 長谷川正之, 西館数芽

    日本物理学会第75回年次大会  (オンライン) 

    2020年03月
     
     

    日本物理学会

  • ダブルペロブスカイト系Ba2Pr(Bi1-xSbx)O6の置換効果とバンドギャップ制御

    口頭(一般)  伊藤豊、小野寺勘、松川倫明、谷口晴香、西館数芽、松下明行

    日本物理学会 2018秋季大会 

    2018年09月
     
     

  • Bサイトを置換したダブルペロブスカイト Ba2Pr(Bi, Sb)O6 の電子状態計算

    口頭(一般)  西館数芽, 松川倫明, 谷口晴香, 松下明行, 谷林慧, 長谷川正之

    日本物理学会 2019年秋季大会 

    2019年09月
     
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 災害文化展開の現状と課題に関する研究~レジリアントな地域社会確立のために

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月

  • 「災害文化」の概念の深化と確立~減災の扉の鍵を提供するものとして

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月

  • ナノ構造体の変形ダイナミクスと電子物性に関する理論的研究

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2008年04月
    -
    2010年03月

  • 地域と協働した津波防災教育のモデル開発研究

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2011年度・ 300,000円・ 0円

  • 可視光応答型ダブルペロブスカイト半導体薄膜の高機能化と光触媒物性の解明

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2019年度・ 1,820,000円・ 420,000円

    2020年度・ 1,560,000円・ 360,000円

    2021年度・ 910,000円・ 210,000円

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • カーボンナノチューブの変形挙動と電子物性変化の解明

    池谷科学技術振興財団研究助成

    資金支給期間 :

    2008年05月
    -
    2009年03月

    研究内容 :

    カーボンナノチューブの電子物性を解明する。

  • 省エネルギーを目指したエネルギー変換材料・超伝導材料の探究

    北東北国立3大学連携推進研究プロジェクト

    資金支給期間 :

    2010年04月
    -
    2012年03月

    研究内容 :

    3大学の研究者でプロジェクトチームを組み,省エネルギーを目指したエネルギー変換材料・超伝導材料の探究を行った.

  • ハイブリッド触媒の電子理論による設計

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2011年04月
    -
    2012年03月

    研究内容 :

    ハイブリッド触媒の電子理論による設計

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 触媒系の電子状態を考慮した高精度シミュレーション

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 9999年01月
     
     
     

    日本物理学会

  • 2005年01月
    -
    継続中
     

    日本表面真空学会

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    分子シミュレーション研究会

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2008年10月

    日本物理学会   日本物理学会2008年秋季大会実行委員

  • 2017年04月
    -
    2017年09月

    日本物理学会   日本物理学会秋季大会実行委員

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • Physical Review [査読 (2007年04月)]

  • Physical Review [査読 (2008年04月)]

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 物質の電子構造計算

  • 分子動力学計算

  • 科学技術計算環境の整備についてノウハウを提供

その他研究活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2010年度

    分子動力学計算パッケージの開発と公開

  • 2011年度

    分子動力学計算パッケージの開発と公開

  • 2012年度

    分子動力学計算パッケージの開発と公開

  • 2013年度

    分子動力学計算パッケージの開発と公開

  • 2014年度

    分子動力学計算パッケージの開発と公開

全件表示 >>

 

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • インキュナブラ講演会

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : 世話人

    2006年04月
    -
    2008年03月
  • 物質の電子構造

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 盛岡市立高等学校にて.

    2010年10月
     
     
  • 物質の電子構造

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 盛岡市立高等学校にて.

    2011年10月
     
     
  • 電子構造

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 物質の電子構造について

    2013年10月
     
     

ボランティア・寄与など 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    ボランティア

    被災地におけるボランティア活動.
    教育支援.

  • 2012年度

    ボランティア

    被災地におけるボランティア活動.
    教育支援.

  • 2013年度

    ボランティア

    被災地におけるボランティア活動.
    教育支援.

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    成分献血 合計10回(1回1時間ほど)
    (日本赤十字社からの依頼)

  • 1996年度

    「リフレッシュ理科教室第2回盛岡教室」、応用物理学会主催、実行委員、平成12年4月~

  • 1996年度

    Associate Editor/MiER (TELOS/Springer-Verlag), 1995-.

  • 1999年度

    Springer-Verlag, Mathematics Editorial IV, Reviewer 平成10年4月~平成10年8月.

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年度

    工学部財務委員会

  • 2011年度

    男女共同参画推進室企画会議 (男女共同参画推進室企画会議)

  • 2011年度

    クラス担任・コース長(但し学科長を除く) (1年担任)

  • 2012年度

    クラス担任・コース長(但し学科長を除く) (2年担任)

  • 2012年度

    男女共同参画推進室企画会議 (男女共同参画推進室企画会議)

全件表示 >>

その他大学運営活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    情報基盤センターコンピュータシステム仕様策定委員会

  • 2020年度

    情報基盤センターコンピュータシステム仕様策定委員会