小島 聡子 (KOJIMA Satoko)

写真a

所属

岩手大学  人文社会科学部  人間文化課程 

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年03月

    東京大学   文学部   国語学専修課程   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年03月

    東京大学  人文社会系研究科  日本文化研究(日本語日本文学)  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  修士(文学)  1994年01月01日

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    継続中

    岩手大学   人文社会科学部   教授   [本務]

  • 2007年04月
    -
    2022年03月

    岩手大学   人文社会科学部   准教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2004年03月

      衆議院速記者養成所   非常勤講師

  • 2001年04月
    -
    2002年03月

      駿河台大学   非常勤講師

  • 2000年04月
    -
    2005年03月

      埼玉大学   非常勤講師

  • 1999年04月
    -
    2002年03月

      青山学院大学   非常勤講師

  • 1998年04月
    -
    2005年03月

      明海大学   講師

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 日本語学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度

    言葉の世界

  • 2018年度

    総合文化学基礎

  • 2018年度

    日本学特論

  • 2018年度

    国際文化学演習Ⅱ

  • 2018年度

    日本語学演習Ⅲ

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 大正期の子供向け文章の語法―教科書と童話の関係―

    小島聡子

    コーパスによる日本語史研究 近代篇 (ひつじ書房)     93 - 114   2021年11月

    学術誌  単著

  • 方言継承と昔話の語りの活動

    杉本妙子・今村かほる・竹田晃子・小島聡子

    実践方言学講座第2巻方言の教育と継承(くろしお出版)     2020年12月

    その他(含・紀要)  共著・分担

  • 「ほしいくらゐもたないでも」という表現について―続・宮沢賢治の標準語の語法―

    小島聡子

    近代語研究第二十集     435 - 455   2018年03月  [査読有り]

    学術誌  単著

  • 標準語と宮沢賢治―方言と標準語のはざまで

    小島聡子

    賢治学第四輯     61 - 72   2017年07月

    学術誌  単著

  • 近代の東北地方出身者の文体の統計的分析―宮沢賢治・浜田広介・佐々木喜善についてー

    小島聡子

    近代語研究第19集     197 - 216   2016年09月  [査読有り]

    学術誌  単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 釜石漁火の会がおらほ弁で語る ふるさとの昔話

    作成:大野眞男・竹田晃子・小島聡子 語りの提供:釜石漁火の会

    岩手大学教育学部日本語学研究室  2020年03月

    単行本(一般書)

  • 方言の語彙―日本語を彩る地域語の世界―

    小林隆編 大野眞男・小島聡子・竹田晃子 ( 担当範囲: 12.方言語彙の継承と教育 )

    朝倉出版  2018年10月 ISBN: 978-4-254-51668-5

    学術図書

  • 岩手県における郷土教育資料の概要―方言に関する記述を中心に―

    小島聡子・竹田晃子

    岩手大学  2014年03月

    学術著書

  • 暮らしのことば 擬音・擬態語辞典

    山口仲美編 ( 担当範囲: 「うんうん」「ぽっ」など126項目 )

    講談社  2003年11月

    事典・辞書

  • 小学新国語辞典

    甲斐睦朗監修 ( 担当範囲: 編集協力及び執筆(文法項目・敬語項目など) )

    光村教育図書  2002年01月

    事典・辞書

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 宮沢賢治資料(番外編・周辺資料)/花巻の児童雑誌『子供の力』

    小島聡子

    宮沢賢治学会イーハトーブセンター会報 ( 宮沢賢治学会イーハトーブセンター )  ( 60 )   2020年03月

    機関誌  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 近代言語資料としての宮沢賢治童話

    口頭(招待・特別)  小島聡子

    宮沢賢治学会春季セミナー  (宮沢賢治イーハトーブ館) 

    2019年03月
     
     

    宮沢賢治学会

  • 大正期地方出身作家の「標準語」

    口頭(一般)  小島聡子

    「通時コーパスの構築と日本語史研究の新展開」研究発表会  (明治大学中野キャンパス) 

    2018年06月
     
     

    国立国語研究所

  • 岩手県沿岸被災地の小・中学校における 方言理解教育の支援

    その他  大野眞男・竹田晃子・小島聡子

    実践方言研究会  (明治大学) 

    2018年05月
     
     

    実践方言研究会

  • 昭和初期の郷土教育資料に見る「方言」

    口頭(一般)  小島聡子

    明治期から昭和初期の地方教育資料が語る岩手県の「国語」と「方言」-「国語」の発見と「方言」の再発見―  (岩手県立図書館) 

    2016年02月
     
     

    文化庁被災地における方言の活性化支援事業「おらほ弁で語っぺし発展編」(岩手大学)等

  • 近代の東北地方出身作家の文体―方言と話し言葉―

    ポスター(一般)  小島聡子

    「通時コーパス」国際シンポジウム  (国立国語研究所) 

    2015年10月
     
     

    国立国語研究所

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 近代の標準語の確立と受容に関する包括的研究―地方出身者の「標準語」―

    基盤研究(C)

    代表者:  小島 聡子  

    支払支給期間:

    2021年04月
    -
    2026年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2021年度・ 1,040,000円・ 240,000円

    2022年度・ 1,040,000円・ 240,000円

    2023年度・ 780,000円・ 180,000円

    2024年度・ 650,000円・ 150,000円

    2025年度・ 390,000円・ 90,000円

  • 言語生態学的視点に基づく日本語危機方言活性化のための理論と実践に関する統合的研究

    基盤研究(C)

    代表者:  大野 眞男   研究分担者:  竹田 晃子, 小島 聡子

    支払支給期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2020年度・ 1,690,000円・ 390,000円

    2021年度・ 1,040,000円・ 240,000円

    2022年度・ 1,430,000円・ 330,000円

  • 宮沢賢治文学の国際的な普遍性と受容可能性に関する包括的研究

    基盤研究(C)

    代表者:  山本 昭彦   研究分担者:  大野 眞男, 木村 直弘, 田中 成行, 小島 聡子

    支払支給期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2018年度・ 1,040,000円・ 240,000円

    2019年度・ 1,170,000円・ 270,000円

    2020年度・ 1,300,000円・ 300,000円

  • 標準語普及期の地方出身作家の言語に見る標準語受容に関する実証的研究

    基盤研究(C)

    代表者:  小島 聡子  

    支払支給期間:

    2016年04月
    -
    2021年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2016年度・ 1,040,000円・ 240,000円

    2017年度・ 1,170,000円・ 270,000円

    2018年度・ 910,000円・ 210,000円

    2019年度・ 650,000円・ 150,000円

    2020年度・ 0円・ 0円

    2021年度・ 0円・ 0円

  • 標準語普及期の地方出身作家の言語に見る標準語受容に関する実証的研究

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2016年04月
    -
    継続中

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2016年度・ 800,000円・ 240,000円

    2017年度・ 900,000円・ 270,000円

    2018年度・ 700,000円・ 210,000円

    2019年度・ 650,000円・ 150,000円

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2019年03月
     

    岩手大学宮沢賢治センター

  • 2004年10月
    -
    継続中
     

    日本言語学会

  • 2004年01月
    -
    継続中
     

    日本語文法学会

  • 1999年01月
    -
    継続中
     

    訓点語学会

  • 1992年01月
    -
    継続中
     

    日本語学会

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    岩手大学宮沢賢治センター   理事

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    広報委員会

  • 2021年度

    宮沢賢治いわて学センター兼務教員

  • 2020年度

    宮沢賢治いわて学センター兼務教員

  • 2020年度

    紀要・図書委員会

  • 2020年度

    広報委員会

全件表示 >>