若林 篤光 (WAKABAYASHI Tokumitsu)

写真a

所属

岩手大学  理工学部  化学・生命理工学科  生命コース 

職名

助教

生年

1971年

研究室電話

019-621-6366

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

感覚応答, 線虫 C. elegans, 神経回路, 生体情報処理, 走化性行動, 化学感覚, 味覚

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1993年03月

    広島大学   理学部   生物学科・動物学専攻   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    大阪大学  理学研究科  生物科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 -  博士(理学)  1999年03月25日

    学位の分野 : 機能生物化学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年11月
    -
    2007年03月

    岩手大学   工学部   福祉システム工学科   福祉生体工学   助手   [本務]

  • 2007年04月
    -
    継続中

    岩手大学   ■廃止組織■   工学部   助教   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

      大阪大学 産業科学研究所 生体膜分子学研究分野   日本学術振興会特別研究員

  • 2000年04月
    -
    2000年10月

      JST科学技術振興事業団 CREST 研究補助員(阪大・産研)   大学等非常勤研究員

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経生理学・神経科学一般

  • 動物生理・行動

  • 機能生物化学

  • 分子生物学

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 味やにおいを感じるしくみ [一般・高校生向け]

    講義の概要

    動物が味やにおいを感じる仕組みについて解説する。

  • モデル生物を用いた生命科学研究 [一般・高校生向け]

    講義の概要

    様々なモデル生物を用いた生命科学研究の例を示し、生命科学研究にいてモデル生物が果たしてきた役割の重要性、意義を解説する。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    福祉工学実験Ⅱ

  • 2004年度

    福祉工学実験Ⅰ

  • 2003年度

    福祉工学実験Ⅱ

  • 2003年度

    福祉工学実験Ⅰ

  • 2005年度

    福祉工学実験Ⅱ

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    卒業研究指導(学部):2人

    研究指導(修士・主任指導):1人

  • 2005年度

    卒業研究指導(学部):4人

    研究指導(修士・主任指導):2人

  • 2006年度

    卒業研究指導(学部):3人

  • 2007年度

    卒業研究指導(学部):4人

    副研究指導(学部):4人

  • 2008年度

    卒業研究指導(学部):5人

    副研究指導(学部):1人

    補助研究指導(学部):6人

全件表示 >>

FD 研修・教育研究会における発表 【 表示 / 非表示

  • PBL教育の実践

    教育研究会名 : 岩手大学 全学共通教育 生物の世界 分科会

    開催年月 : 2012年03月

学生課外活動の指導(サークル等の顧問等)の実施 【 表示 / 非表示

  • 2014年度

    競技舞踏部 顧問

  • 2015年度

    競技舞踏部 顧問

  • 2016年度

    競技舞踏部 顧問

  • 2017年度

    競技舞踏部 顧問

  • 2018年度

    競技舞踏部 顧問

全件表示 >>

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    その他

    岩手大学サイエンスパートナーシッププログラム事業
    生物コース 担当
    県内の4校からの高校生約25名に対し、1泊2日の日程で岩手大学内での生物学の実習を行った。本事業は県内高校と連携しつつ,大学の講義室・実験室で,高校生に対して大学レベルの実験・実習を体験させることにより,生徒に理科に関する興味・関心と知的探究心を一層高める機会を提供し,もって生徒自身が理科学習を進める上で新たな自己啓発を与えることを目的とするものである。

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 線虫の感覚情報入力と前進運動調節の神経機構の研究

    研究期間:

    2005年04月
    -
    2009年03月

    研究課題キーワード : 神経回路、感覚情報処理、線虫

    研究態様: 機関内共同研究

    研究制度: 科学研究費補助金  

    専門分野(科研費分類)

    神経生理学・神経科学一般 ,  分子生物学 , 

論文 【 表示 / 非表示

  • Analysis of functional domains of Wilson disease protein (ATP7B) in Saccharomyces cerevisiae. (共著)

    Masatake Iida, Kunihiko Terada, Yoshihiro Sambongi, Tokumitsu Wakabayashi, Naoyuki Miura, Kenji Koyama, Masamitsu Futai, Toshihiro Sugiyama

    FEBS letters   428 ( 3 ) 281 - 285   1998年05月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Essential Cys-Pro-Cys motif of Caenorhabditis elegans copper transport ATPase. (共著)

    Takao Yoshimizu, Hiroshi Omote, Tokumitsu Wakabayashi, Yoshihiro Sambongi, Masamitsu Futai.

    Bioscience, Biotechnology, Biochemistry   62 ( 6 ) 1258 - 1260   1998年06月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Caenorhabditis elegans cDNA for a Menkes/Wilson disease gene homologue and its function in a yeast CCC2 deletion mutant.

    Yoshihiro Sambongi, Tokumitsu Wakabayashi, Takao Yoshimizu, Hiroshi Omote, Toshihiko Oka, Masamitsu Futai.

    Journal of Biochemistry   121 ( 6 ) 1169 - 1175   1998年06月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Identification of the copper chaperone, CUC-1, in Caenorhabditis elegans : tissue specific co-expression with the copper transporting ATPase, CUA-1. (共著)

    Tokumitsu Wakabayashi, Norihiro Nakamura, Yoshihiro Sambongi, Yoh Wada, Toshihiko Oka, Masamitsu Futai.

    FEBS letters   440 ( 1 ) 141 - 146   1998年11月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Caenorhabditis eleganssenses protons through amphid chemosensory neurons: proton signals elicit avoidance behavior. (共著)

    Yoshihiro Sambongi, Kenji Takeda, Tokumitsu Wakabayashi, Ikuo Ueda, Yoh Wada, Masamitsu Futai

    Neuroreport   11 ( 10 ) 2229 - 2232   2000年07月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 生体の銅イオン恒常性の調節機構 - 細胞内の銅イオン輸送を担う分子装置と神経系の働き -

    三本木至宏, 若林篤光

    化学と生物 ( 学会出版センター )  37 ( 7 ) 427 - 429   1999年07月

    その他  

  • 線虫 C. elegans の神経系における感覚-運動変換機構

    若林篤光

    生化学 ( 日本生化学会 )  81 ( 10 ) 899 - 904   2009年10月

    その他  

  • 定量的観察から見える線虫行動調節の神経メカニズム

    若林篤光、坂田和実

    生物物理 ( 日本生物物理学会 )  57 ( 2 )   2017年02月

    その他  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 匂い刺激に対する線虫AWCニューロン内カルシウムイオン濃度変動モデル

    ポスター(一般)  宇壽山 衛、若林 篤光、佐々木 和彦、新貝 鉚蔵

    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会  (神戸) 

    2008年12月
     
     

    日本分子生物学会・日本生化学会

  • 線虫C. elegans のASK感覚神経細胞のカルシウムイメージング

    ポスター(一般)  若林 篤光、木村 由紀裕、安達 良太、佐藤 洋一、新貝 鉚蔵

    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会  (神戸) 

    2008年12月
     
     

    日本分子生物学会・日本生化学会

  • 線虫C. elegans のR13A5.9遺伝子の機能に関する研究

    口頭(一般)  松岡 弘、舘澤孝昌、坂田和実、若林篤光、新貝鉚蔵、小栗栖太郎

    日本農芸化学学会2009年度大会 

    2009年03月
     
     

    日本農芸化学会

  • Behavioral decision-making during acidic pH avoidance in C. elegans.

    ポスター(一般)  Tokumitsu Wakabayashi, Takuya Togashi and Ryuzo Shingai

    International C. elegans Meeting  (UCLA) 

    2009年06月
    -
    2009年07月

    Genetics Society of America

  • Behavioral decision-making during acidic pH avoidance in C. elegans.

    口頭(一般)  Tokumitsu Wakabayashi

    Japanese Biochemical Society Biofrontier Symposium on Biochemistry of pH Homeostasis and proton Circuit.  (盛岡) 

    2009年07月
     
     

    Japanese Biochemical Society

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 線虫の感覚神経回路網における情報処理と行動制御に関する研究

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2005年04月
    -
    2007年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2005年度・ 1,600,000円・ 0円

    2006年度・ 1,500,000円・ 0円

  • 複数感覚入力に対する行動選択の神経回路

    文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究

    支払支給期間:

    2008年12月
    -
    2011年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2008年度・ 0円・ 0円

    2009年度・ 250,000円・ 0円

    2010年度・ 250,000円・ 0円

    2011年度・ 250,000円・ 0円

  • 希土類の生体への影響:希土類の新規機能(抗菌)材料化に向けた生物学的アプロー チ

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2014年度・ 800,000円・ 240,000円

    2015年度・ 800,000円・ 240,000円

    2016年度・ 800,000円・ 240,000円

  • 遺伝子組換え線虫を用いた哺乳動物フェロモ ン探索系の構築

    萌芽研究

    支払支給期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2014年度・ 100,000円・ 30,000円

    2015年度・ 100,000円・ 30,000円

    2016年度・ 100,000円・ 30,000円

  • "Too Much Salty" を感じる新規味覚受容体遺伝子の同定

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2020年度・ 1,560,000円・ 360,000円

    2021年度・ 1,170,000円・ 270,000円

    2022年度・ 1,560,000円・ 360,000円

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 動物における複数の感覚情報の統合メカニズムの研究

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2008年04月
    -
    2009年03月

    研究内容 :

  • 線虫をモデル生物として用いた、味覚センサー分子の探索

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2009年04月
    -
    2010年03月

    研究内容 :

  • 脳神経系の健康維持のための多層的な生命工学研究拠点形成

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2010年04月
    -
    継続中

    研究内容 :

    線虫をモデル生物として用い、動物に普遍的な化学感覚受容体分子の実体を明らかにする。

  • 線虫をモデル生物として用いた酸味受容の分子機構の解明

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2010年04月
    -
    2011年03月

    研究内容 :

    線虫をモデル生物として用い、動物に普遍的な酸味受容体の分子的実体を明らかにする。

  • 線虫をモデル生物として用いた塩味受容の分子機構の解明

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2011年04月
    -
    2012年03月

    研究内容 :

    線虫をモデル生物として用い、動物に普遍的な塩味受容体の分子的実体を明らかにする。

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    日本分子生物学会

  • 2002年04月
    -
    2010年03月
     

    日本神経科学学会

  • 2004年09月
    -
    2015年03月
     

    北米神経科学会(Sciety for Neuroscience)

  • 2005年04月
    -
    2008年03月
     

    日本生理学会

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2009年05月
    -
    2009年07月

    日本分子生物学会   日本生化学会 バイオフロンティアシンポジウム・実行委員

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • Japanese Biochemical Society Biofrontier Symposium on Biochemistry of pH Homeostasis and proton Circuit. (2009年07月)

    参加者数 : 70人

  • 日本動物学会・平成26年度東北支部大会 (2014年07月)

    参加者数 : 100人

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • 都合により非公開 [査読 (2008年04月)]

  • Journal of Experimental Biology [査読 (2014年04月)]

 

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会 東北支部会 公開講座 見えるしくみ

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : 地域の小学生を対象に、身近なテーマ-錯視-に関する工作教室を実施した。

    2014年07月
     
     
  • 宮城県富谷高等学校 出前講義

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : モデル生物を用いた生命科学研究

    2015年11月
     
     
  • 宮城県富谷高等学校 出前講義

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : モデル生物を用いた生命科学研究

    2016年11月
     
     
  • 札幌啓成高等学校 出前講義

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : モデル生物を用いた生命科学研究

    2018年10月
     
     
  • 札幌藻岩高等学校 出前講義

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : モデル生物を用いた生命科学研究

    2018年10月
     
     

全件表示 >>

ボランティア・寄与など 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    ボランティア

    東日本復興支援ボランティア活動に参加した。
    (宮古市)

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2009年度

    担当講義”細胞生物学”を公開講義とし、一般聴講生1名を受け入れた。

  • 2010年度

    県立水沢高等学校
    スーパーサイエンスハイスクール事業の受け入れ研究室として、同校1年生16名に対し、線虫を用いた化学感覚行動の実習を行った。

  • 2011年度

    県立水沢高等学校
    スーパーサイエンスハイスクール事業の受け入れ研究室として、同校1年生16名に対し、線虫を用いた化学感覚行動の実習を行った。

  • 2011年度

    県立水沢高等学校
    スーパーサイエンスハイスクール事業の協力教員として、同校2年生4名に対し、線虫を用いた実験の指導を行った。

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年度

    金属材料保全工学センター運営委員

  • 2008年度

    学科・課程等での業務分担

  • 2009年度

    学科・課程等での業務分担

  • 2014年度

    センター試験監督・警備

  • 2015年度

    センター試験監督・警備