坂田 和実 (SAKATA Kazumi)

写真a

所属

岩手大学  理工学部  化学・生命理工学科  生命コース 

職名

助教

研究室

生体高分子講座

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

システム・バイオロジー, シミュレーション, 神経科学

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年03月

    東北大学   理学部   物理学科   その他

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年03月

    京都大学  理学研究科  生物物理学専攻  博士課程  その他

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(理学)  1992年11月

    学位の分野 : 構造生物化学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    2001年03月

    岩手大学   ■廃止組織■   情報工学科   助教   [本務]

  • 2001年04月
    -
    2009年03月

    岩手大学   工学部   福祉システム工学科   福祉生体工学   助教   [本務]

  • 2009年04月
    -
    2016年03月

    岩手大学   工学部   応用化学・生命工学科   助教   [本務]

  • 2016年04月
    -
    継続中

    岩手大学   理工学部   化学・生命理工学科   生命コース   助教   [本務]

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物物理学

  • 生命・健康・医療情報学

  • 電気生理学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    プログラミング実習Ⅱ

  • 2004年度

    プログラミング実習Ⅰ

  • 2005年度

    プログラミング実習Ⅱ

  • 2005年度

    プログラミング実習Ⅰ

  • 2008年度

    プログラミング実習Ⅱ

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2010年度

    補助教員(修士・助教):1人

  • 2011年度

    補助教員(修士・助教):1人

  • 2012年度

    補助研究指導(学部):5人

    補助教員(修士・助教):1人

    補助教員(助教)(博士):1人

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    教育改革における特記すべき事項

    理工学部FD研修「理工系分野におけるPBL型教育の意義と課題」参加

  • 2016年度

    学生生活指導活動

    生命コース平成28年度入学学生副担任

  • 2017年度

    その他

    卒業研究指導業務(講義1回あたりの時間90分、担当週数30週)

  • 2017年度

    教育改革における特記すべき事項

    理工学部FD研修「学生による授業アンケートと教育改善」参加

  • 2017年度

    教育改革における特記すべき事項

    いわて高等教育コンソーシアムFD・SD研修会「学生への学修・研究指導に役立つコーチング技法(入門)」参加

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 神経伝達物質受容体の電気生理学的研究

    研究期間:

    1994年01月
    -
    2001年03月

    研究課題キーワード : 電気生理、受容体、神経

    研究態様: 個人研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    薬理学一般 ,  医化学一般 ,  生物機能・バイオプロセス

論文 【 表示 / 非表示

  • 線虫におけるリボーソムRNAプロセッシングでの小型核RNAの機能

    Yusuke Hokii, Yumi Sasano, Mayu Sato, Hiroshi Sakamoto, Kazumi Sakata, Ryuzo Shingai, Akito Taneda, Shigenori Oka, Hyouta Himeno, Akira Muto, Toshinobu Fujiwara, Chisato Ushida

    Nucleic Acids Research   38 ( 17 ) 5909 - 5918   2010年05月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • 覚醒状態マウスを使った酸素代謝の新規光学的測定と血行動態変化の同時測定法の開発

    田桑弘之、松浦哲也、西野明日香、坂田和実、田島祐介、伊藤浩

    J Neurosci Methods   237   9 - 15   2014年11月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • 線虫C. elegansのR13A5.9遺伝子は、シナプス小胞の開口分泌に関係する働きを持つ

    小栗栖太郎、坂田和実、 若林篤光、清水悠太朗、新貝鉚蔵

    Biochem Biophys Res Commun   463 ( 4 ) 994 - 998   2015年08月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • C. elegansの酸pHからの忌避行動における後退とカーブの運動方法の選択

    若林篤光、坂田和実、冨樫拓也、糸井寛明、四戸清花、渡辺美和、新貝鉚蔵

    BMC Neurosci   16   79   2015年11月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

  • 慢性的飢餓状態下での Caenorhabditis elegans の食物探索戦略の変化

    漆畑拓弥, 田桑弘之, 西野明日香, 菊池貴妃, 一條晃慶, 小原千恵, 若林篤光, 坂田和実, 松浦哲也

    J Exp Zool A Ecol Genet Physiol.   325 ( 7 ) 409 - 414   2016年08月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • A Solution of the Missing Cone Problem for Purple Membrane by Cryo-Electron Microscopy

    ポスター(一般)  K. Sakata, Y. Fujiyoshi, K. Morikawa

    Protein Engineering '89. 2nd International Conference  (Kobe) 

    1989年08月
     
     

  • Functional Expression of rat GABA receptor rho3 subunit.

    ポスター(一般)  R.Shingai, K.Yanagi, T.Fukushima, K.Sakata, T.Ogurusu

    The 26 th Anuual Meeting of the Society for Neuroscience  (Washington, D.C., USA) 

    1996年11月
     
     

    the Society for Neuroscience

  • Relationship between the structure of ligand amino acids and the activation of mouse NMDA receptor.

    ポスター(一般)  K.Sakata, T.Fukushima, R.Shingai, M.Matsumoto, T.Ogurusu

    The 28 th Anuual Meeting of the Society for Neuroscience  (ce, Los Angeles, CA, USA) 

    1998年11月
     
     

    the Society for Neuroscience

  • Relative amount of GABAA receptor r subunits in rat brain and functional properties of rho3 and rho2rho3 receptors expressed in Xenopus oocytes.

    ポスター(一般)  R.Shingai, T.Ogurusu, K.Yanagi, K.Sakata, M.Sawada

    The 28 th Anuual Meeting of the Society for Neuroscience  (Los Angeles, CA, USA) 

    1998年11月
     
     

    the Society for Neuroscience

  • Free Locomotion in Wild Type and GABAergic Mutants of C. elegaans.

    ポスター(一般)  R. Shingai, K. Sakata, M. Ichinose, T. Ogurusu

    The 30 th Anuual Meeting of the Society for Neuroscience  (New Orleans, LO, USA) 

    2000年11月
     
     

    the Society for Neuroscience

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 線虫の化学走性行動のシミュレーションによる解析

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2004年04月
    -
    2006年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2004年度・ 2,100,000円・ 630,000円

    2005年度・ 900,000円・ 270,000円

    2006年度・ 700,000円・ 210,000円

  • マウスの感覚機能補償にともなう神経活動と血流動態の適応機序に関する研究

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2013年04月
    -
    2015年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2013年度・ 100,000円・ 30,000円

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 線虫化学感覚神経回路網のシミュレーションによる解析

    学長裁量経費

    資金支給期間 :

    2010年08月
    -
    2011年03月

    研究内容 :

    線虫 Caenorhabditis elegans (以下、C. elegans)の神経細胞の数は 302 個と少なく、加えて電子顕微鏡による観測によって全ての細胞間の結合が明らかにされている。しかしながら、細胞間の結合特性―信号を送る細胞が受け取る細胞を興奮させるのか抑制するのか―の殆どは明らかにされていない。
    本研究では、簡素化した神経モデルを作成、既知である神経間の結合データを利用しコンピュータ上で神経回路を再現、シミュレーションによって実験データを再現する結合特性の組み合わせを求めることを目的とする。
    これにより、個々の神経細胞の興奮・抑制(ミクロレベルの活動)と、回路全体の応答・機能(マクロレベルの活動)との相関を具体的に明らかにすることが出来る。これは将来的には、より高等な生物の神経回路機能の詳細なモデル化・解析の重要な基礎となることが期待される。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2000年01月
    -
    継続中
     

    日本神経科学学会

  • 2000年01月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会

  • 9999年01月
     
     
     

    日本生物物理学会

  • 9999年01月
     
     
     

    日本生理学会

 

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 高等学校出前講義

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 大学で学ぶこと、研究すること
    岩手大学工学部及び応用化学・生命工学科の概要説明

    2015年05月
     
     
  • 高等学校出前講義

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 大学で学ぶこと、研究すること
    岩手大学工学部及び応用化学・生命工学科の概要説明

    2011年09月
     
     
  • 高等学校出前講義

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 大学で学ぶこと、研究すること
    岩手大学工学部及び応用化学・生命工学科の概要説明

    2013年10月
     
     
 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年度

    理工学部情報セキュリティ委員会

  • 2016年度

    教育用端末部局管理担当者

  • 2016年度

    理工学部情報メディア委員会 副委員長

  • 2017年度

    理工学部情報セキュリティ委員会

  • 2017年度

    教育用端末部局管理担当者

全件表示 >>