佐藤 宏明 (SATO Hiroaki)

写真a

所属

岩手大学  理工学部  システム創成工学科  電気電子通信コース 

職名

助教

生年

1966年

研究分野・キーワード

計測工学, 制御工学, 電子システム, 電子デバイス・電子機器

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年03月

    宇都宮大学   工学部   電子工学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年03月

    東北大学  工学研究科  電気及通信工学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(工学)  1995年03月

    学位の分野 : 計測工学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中

    岩手大学   ■廃止組織■   工学部   助教   [本務]

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 電子デバイス・電子機器

  • 制御・システム工学

  • 計測工学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    電気電子工学専門実験

  • 2004年度

    電気電子工学基礎実験

  • 2004年度

    電気電子工学応用実験

  • 2004年度

    電気電子工学英語研修Ⅱ

  • 2004年度

    マイクロコンピュータ応用実習

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2003年度

    卒業研究指導(学部):3人

    研究指導(修士・主任指導):1人

  • 2004年度

    卒業研究指導(学部):3人

    研究指導(修士・主任指導):2人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

  • 2005年度

    卒業研究指導(学部):2人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

  • 2006年度

    卒業研究指導(学部):3人

  • 2007年度

    卒業研究指導(学部):3人

    研究指導(修士・主任指導):1人

    学位授与者数(修士・主任指導):1人

全件表示 >>

FD 研修・教育研究会における発表 【 表示 / 非表示

  • 課外活動支援のあり方

    教育研究会名 : 岩手大学学生指導担当教員研修会

    開催年月 : 2010年10月

  • 全学FD研修

    教育研究会名 : 全学FD研修

    開催年月 : 2015年09月

  • 工学部FD研修

    教育研究会名 : 工学部FD研修

    開催年月 : 2015年09月

  • 教職員対象PBL研修(第3回)

    教育研究会名 : 教職員対象PBL研修(第3回)

    開催年月 : 2016年03月

  • 全学FD研修

    教育研究会名 : 全学FD研修

    開催年月 : 2016年09月

全件表示 >>

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 電気電子工学 課題実習Ⅰ

    教材種類:教材

    教材年度 : 2016年度

  • 電気電子工学 課題実習Ⅰ

    教材種類:教材

    教材年度 : 2017年度

  • 電気電子工学 課題実習Ⅰ

    教材種類:教材

    教材年度 : 2018年度

  • 電気電子工学 課題実習Ⅰ

    教材種類:教材

    教材年度 : 2019年度

  • 電気電子工学 ものづくり課題実習

    教材種類:教材

    教材年度 : 2020年度

学生課外活動の指導(サークル等の顧問等)の実施 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    ETロボコン2011参加チームの編成

  • 2012年度

    ETロボコン2012アドバイザーとして参加

  • 2013年度

    ETロボコン2013アドバイザーとして参加

  • 2014年度

    ETロボコン2014アドバイザーとして参加

  • 2015年度

    ETロボコン2015アドバイザーとして参加

全件表示 >>

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    その他

    3年次生工場見学引率,2泊3日

  • 2005年度

    その他

    1年次生(新入生)宿泊研修 企画・運営の分担

  • 2006年度

    その他

    1年次生(新入生)宿泊研修 企画・運営の分担

  • 2007年度

    その他

    1年次生(新入生)宿泊研修 企画・運営の分担
    3年次生工場見学(県内)の引率

  • 2008年度

    その他

    1年次生(新入生) 宿泊研修(基礎ゼミ) 企画・運営

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A new method to measure local vibrations in a heart using ultrasoud

    Hiroshi Kanai, Kouichi Hirose, Hiroaki Sato, Noriyoshi Chubachi.

    In Proceedings of 13th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society   13 ( 12 ) 131 - 132   1991年12月  [査読有り]

    その他(含・紀要)  共著・分担

  • A new method for measuring small local vibrations in the heart using ultrasound

    Hiroshi Kanai, Hiroaki Satoh, Kouichi Hirose, Noriyoshi Chubachi

    IEEE Transactions on Biomedical Engineering   40 ( 12 ) 1233 - 1242   1993年12月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • ダイナミックプログラミングを用いた心臓壁面運動のトラッキングによる心臓壁の微小な振動計測

    佐藤宏明, 金井浩, 中鉢憲賢

    日本音響学会誌   50 ( 1 ) 11 - 22   1994年01月  [査読有り]

    学術誌  共著・分担

  • Noninvasive measurement of local small vibrations on heart wall or arterial wall and their analysis

    Hiroshi Kanai, Hiroaki Sato, Noriyoshi Chubachi, Yoshiro Koiwa, Motonao Tanaka

    In Proceedings of the 7th Congress of World Federation for Ultrasound in Medicine and Biology   7   1994年08月  [査読有り]

    その他(含・紀要)  共著・分担

  • Noninvasive measurement of local small vibrations in heart wall or arterial wall and their analysis

    Hiroshi Kanai, Hiroaki Satoh, Noriyoshi Chubachi and Yoshiro Koiwa

    Engineering in Medicine and Biology Society, 1994. Engineering Advances: New Opportunities for Biomedical Engineers. Proceedings of the 16th Annual International Conference of the IEEE   1   73 - 74   1994年11月  [査読有り]

    その他(含・紀要)  共著・分担

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 化学シフトを識別する産業用MRIの画像化シミュレーション

    秋田敏宏,渡辺裕典,二田祐一,栗田宏明,佐藤宏明,田山典男

    計測自動制御学会東北支部第221回研究集会資料 ( 計測自動制御学会東北支部 )  ( 221 )   2005年05月

    その他  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • MIMOチャネルを用いたヒト心臓拍動の検出

    シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  佐藤宏明,今 日向,南湖政輝,本間尚樹,恒川佳隆,西森健太郎

    電子情報通信学会ソサイエティ大会  (北海道大学(北海道)) 

    2011年09月
     
     

    電子情報通信学会

  • システム同定による倒立二輪ロボットの制御設計

    口頭(一般)  佐藤宏明, 佐藤幸太, 恒川佳隆, 長田 洋, 本間尚樹

    FIT2010 第9回情報科学技術フォーラム  (九州大学伊都キャンパス) 

    2010年09月
     
     

    (社)電子情報通信学会, (社)情報処理学会 共催

  • ETロボコンの概要について

    口頭(一般)  佐藤宏明

    インテリジェントシステム・シンポジウム  (盛岡市産学官連携研究センター) 

    2008年11月
     
     

    いわてインテリジェントシステム研究会

  • マルチボディモデルによる多関節ロボットアームのシミュレーション設計法

    口頭(一般)  佐藤宏明,高津戸稔,池田千恵,柏葉安兵衛,田山典男

    第4回情報科学技術フォーラム 

    2005年09月
     
     

  • シミュレーションによるシステム制御装置の最適設計

    口頭(一般)  池田千恵,石田新太郎,高津戸稔,佐藤宏明,柏葉安兵衛

    電気関係学会東北支部連合大会 

    2003年08月
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本音響学会佐藤論文賞

    1995年03月

    受賞者:  佐藤宏明, 金井浩, 中鉢憲賢

  • 日本超音波医学会論文賞(菊池賞)

    1996年05月

    受賞者:  佐藤宏明, 金井浩, 中鉢憲賢, 小岩喜郎

  • ETロボコン2008 北海道・東北地区大会入賞

    2008年08月31日

    受賞者:  佐藤幸太,吉田亮太,佐藤宏明,平山貴司

    ETロボコン2008 北海道・東北地区大会出場“がんちゃんETドリーム”チーム,競技部門3位入賞(総合成績10位),(社)組込みシステム技術協会主催,岩手県立大学,2008.8.31

  • ETロボコン2018 東北地区大会優勝

    2018年09月23日

    受賞者:  佐藤宏明,平山貴司,学生,個人(社会人)

    ETロボコン2018 東北地区大会出場,デベロッパー部門アドバンストクラス“がんちゃん+One”チーム,(総合成績優勝),(社)組込みシステム技術協会主催,岩手県民情報交流センター(アイーナ) 小田島組☆ほ~る,2018.9.23

  • ETロボコン2018 チャンピオンシップ大会準優勝

    2018年11月14日

    受賞者:  佐藤宏明,平山貴司,学生,個人(社会人)

    ETロボコン2018 チャンピオンシップ大会出場,デベロッパー部門アドバンストクラス“がんちゃん+One”チーム,総合成績準優勝),(社)組込みシステム技術協会主催,パシフィコ横浜,2018.11.14

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • アレーアンテナ空間信号処理を用いたヒト循環器の運動の非接触計測

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2011年04月
    -
    2014年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2011年度・ 3,500,000円・ 1,080,000円

    2012年度・ 150,000円・ 90,000円

    2013年度・ 250,000円・ 120,000円

  • MIMOアレーアンテナ空間信号処理を用いたヒト心臓活動の非接触計測

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2015年度・ 3,100,000円・ 930,000円

    2016年度・ 300,000円・ 90,000円

    2017年度・ 400,000円・ 120,000円

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • (財)実吉奨学会研究助成金

    寄附金区分:奨学寄附金

    寄附者名称:(財)実吉奨学会  2003年09月

    寄附金額:1,000,000円

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • MIMOアレーアンテナ空間信号処理を非接触な生体計測

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2014年07月
    -
    2015年03月

    研究内容 :

    本研究室では非接触な生体情報の計測法として,マイクロ波を用いた呼吸・心拍計測法を提案してきた.人体の表面は呼吸や心拍などの生体活動により振動しているため,マイクロ波を生体に照射し反射波の振幅や位相の変化を解析することで生体情報の検出を行うことができる.
    計測信号の中に隠されている要因を明らかにするための,統計学的および計算の手法である独立成分分析(ICA : Independent Component Analysis)の原理について述べる.最後に計測波形から呼吸・心拍成分を見出すためにICAを適用し,計測波形からの所望信号の分離に関して検討を行う.

  • MIMOアレーアンテナ空間信号処理を非接触な生体計測

    部局経費

    資金支給期間 :

    2014年10月
    -
    2015年03月

    研究内容 :

    本研究室では非接触な生体情報の計測法として,マイクロ波を用いた呼吸・心拍計測法を提案してきた.人体の表面は呼吸や心拍などの生体活動により振動しているため,マイクロ波を生体に照射し反射波の振幅や位相の変化を解析することで生体情報の検出を行うことができる.
    計測信号の中に隠されている要因を明らかにするための,統計学的および計算の手法である独立成分分析(ICA : Independent Component Analysis)の原理について述べる.最後に計測波形から呼吸・心拍成分を見出すためにICAを適用し,計測波形からの所望信号の分離に関して検討を行う.

  • MIMOアレーアンテナ空間信号処理を用いたヒト循環器の非接触計測

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2019年08月
    -
    2020年03月

    研究内容 :

    本研究室では非接触な生体情報の計測法として,マイクロ波を用いた呼吸・心拍計測法を提案してきた.人体の表面は呼吸や心拍などの生体活動により振動しているため,マイクロ波を生体に照射し反射波の振幅や位相の変化を解析することで生体情報の検出を行うことができる.
    計測信号の中に隠されている要因を明らかにするため,ディープラーニングによる機械学習による計算の手法を計測波形から呼吸・心拍成分を見出すために適用し,計測波形からの所望信号の分離に関して検討を行う.

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1990年06月
    -
    継続中
     

    日本音響学会

  • 1999年01月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • 電気関係学会東北支部連合大会 (2005年08月)

    参加者数 : 800人

  • 電気関係学会東北支部連合大会 (2018年09月)

    参加者数 : 800人

その他研究活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2013年度

    産業情報出版日経BP社より研究の取材を受けて,雑誌記事に掲載された.
    “日経エレクトロニクス”,no.1112, pp.45-52, (2013/7-8)

 

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2005年度 (株)麦屋酒造

    指導等の内容 :

    (地域連携推進センター経由)
    (技術相談)酒樽の液面をmm単位で測定するシステムを作りたい。
    > > ・市販の超音波センサーでは面白くない。
    > > ・部品を組み合わせて、自分でソフトを組んで作りたい。

    に対しアドバイスを行った.

  • 2006年度 富士通ゼネラルエレクトロニクス

    指導等の内容 :

    車載カメラの画像処理,DSPボードの評価などについての共同研究提案の検討

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • 平成21年度岩手県立釜石高等学校大学出前講座

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : リアルタイムシミュレータの開発とロボット制御への応用

    2009年10月
     
     
  • 平成23年度宮城県仙台向山高等学校

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 組み込みコンピュータ技術 ―システム設計,ロボット制御ほか―

    2011年11月
     
     
  • 平成26年度秋田市立御所野学院高校

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 組み込みコンピュータ技術 ―システム設計,ロボット制御ほか―

    2014年11月
     
     

産学官民連携活動 【 表示 / 非表示

  • 平成20年度盛岡広域人材養成等事業

    実績年度 : 2008年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2015年度

    アカデミックインターンシップ(高校生受入)

  • 2016年度

    アカデミックインターンシップ(高校生受入)

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年度

    学科・課程等での業務分担

  • 2003年度

    学科・課程等での業務分担

  • 2004年度

    学科・課程等での業務分担

  • 2005年度

    学科・課程等での業務分担

  • 2005年度

    学科・課程等での業務分担

全件表示 >>