五味 壮平 (GOMI Sohei)

写真a

所属

岩手大学  人文社会科学部  人間文化課程 

職名

教授

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 情報デザイン

  • ソーシャルデザイン

  • 情報科学・情報学

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年03月

    慶應義塾大学   理工学部   物理学科   その他

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年03月

    慶應義塾大学  理工学研究科  物理学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学 -  博士(理学)  1995年01月01日

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    岩手大学   人文社会科学部   教授   [本務]

  • 2007年04月
    -
    2016年03月

    岩手大学   人文社会科学部   准教授   [本務]

  • 2000年04月
    -
    2007年03月

    岩手大学   助教授   [本務]

  • 1995年04月
    -
    2000年03月

    岩手大学   助手   [本務]

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報学

  • 自然科学一般 / 数理物理、物性基礎

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 情報デザイン [一般・高校生向け]

    講義の概要

メッセージ 【 表示 / 非表示

  • 最近では、情報技術、ウェブ技術をもちいた、情報デザイン、ソーシャルデザイン、
    コミュニケーションの場のデザイン、地域情報化などに強い興味を持っています。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2004年度

    情報基礎

  • 2004年度

    人間情報科学概論Ⅰ

  • 2004年度

    コンピュータ基礎演習Ⅰ

  • 2004年度

    コンピュータ基礎演習Ⅱ

  • 2004年度

    複雑系科学論

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    卒業研究指導(学部):2人

    学位論文審査(学部・主査):2人

    学位論文審査(学部・副査):1人

    研究指導(修士・主任指導):2人

    学位授与者数(修士・主任指導):2人

    学位論文審査(修士・主査)/ 教育実践研究報告書審査(主担当):2人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):1人

  • 2020年度

    卒業研究指導(学部):4人

    学位論文審査(学部・主査):4人

    研究指導(修士・主任指導):2人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):3人

  • 2019年度

    卒業研究指導(学部):1人

    学位論文審査(学部・主査):1人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):2人

  • 2018年度

    卒業研究指導(学部):5人

    学位論文審査(学部・主査):4人

    学位論文審査(学部・副査):4人

    研究指導(修士・主任指導):2人

    学位論文審査(修士・副査)/ 教育実践研究報告書審査(副担当):2人

  • 2017年度

    卒業研究指導(学部):5人

    学位論文審査(学部・主査):5人

    学位論文審査(学部・副査):4人

    研究指導(修士・主任指導):1人

全件表示 >>

FD 研修・教育研究会における発表 【 表示 / 非表示

  • 岩大E_codeプロジェクト

    教育研究会名 : 岩手高等教育コンソーシアム FD合宿

    開催年月 : 2014年08月

  • 静岡大学人文社会科学部の改革について

    教育研究会名 : FD講演会

    開催年月 : 2013年09月

  • 分野別質保証の枠組みについて

    教育研究会名 : 日本学術会議「大学教育の分野別質保証のための教育課程j編成上の参照基準」勉強会

    開催年月 : 2013年06月

  • 大教センターFD合宿

    教育研究会名 : 大教センターFD合宿研修

    開催年月 : 2012年08月

  • 教育研究会名 : 3つのポリシー(ディプロマポリシー、カリキュラムポリシー、アド ミッションポリシー)の開発と一貫性構築手法

    開催年月 : 2011年12月

全件表示 >>

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 情報基礎(配布資料)

    教材種類:教材

    教材年度 : 2017年度

  • 情報基礎(配布資料)

    教材種類:教材

    教材年度 : 2016年度

  • 情報基礎(配布資料)

    教材種類:教材

    教材年度 : 2015年度

  • 情報基礎(配布資料)

    教材種類:教材

    教材年度 : 2014年度

  • 情報基礎(配布資料)

    教材種類:教材

    教材年度 : 2013年度

全件表示 >>

学生向けの課外活動・セミナーの実施 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    NEXT STEP工房のワークショップを中心となって企画・実施した。

  • 2019年度

    岩大E_codeプロジェクト(陸前高田応援)の展開
    (陸前高田訪問・ミーティング・各種アクティビティ)

  • 2018年度

    NEXT STEP工房のワークショップを中心となって企画・実施した。

  • 2018年度

    岩大E_codeプロジェクト(陸前高田応援)の展開
    (陸前高田訪問・ミーティング・各種アクティビティ)

  • 2017年度

    岩大E_codeプロジェクト(陸前高田応援)の展開
    (陸前高田訪問・ミーティング・各種アクティビティ)

全件表示 >>

学生課外活動の指導(サークル等の顧問等)の実施 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    落語研究会顧問

  • 2021年度

    まちづくりサークルNPCN顧問

  • 2021年度

    もちょこい久慈顧問

  • 2020年度

    落語研究会顧問

  • 2020年度

    もちょこい久慈顧問

全件表示 >>

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    その他

    「ボランティアとリーダーシップ」の授業へのボランティアニーズとのつなぎと当日参加

  • 2021年度

    学生生活指導活動

    ポートフォリオ担当

  • 2020年度

    学生生活指導活動

    ポートフォリオ担当

  • 2020年度

    その他

    顧問をつとめるまちづくりサークルNPCNが、上田商店街と連携したクーポン券「うえだらけ」の発行など地域づくりでかなりの注目を集める活躍をした。

  • 2020年度

    教育改革における特記すべき事項

    岩手大学生の地域に関わる活動を支援するプラットフォームNEXT STEP工房の運営チームの代表として運営に携わった。

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 生命情報データの特徴解析

    研究期間:

    1997年04月
    -
    2009年03月

    研究課題キーワード : 生命情報、統計解析

    研究態様: 国内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

  • 情報デザイン・ソーシャルデザイン

    研究期間:

    2007年11月
    -
    継続中

    研究課題キーワード : ウェブ、地域情報化、地域SNS、コミュニティ、情報デザイン

    研究態様: 国内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

論文 【 表示 / 非表示

  • 拡大コミュニティの可能性と災害被災地の持続可能性に関する研究

    五味壮平 広田純一

    国際防災・危機管理研究 岩手会議会議録     80 - 85   2018年07月

    その他(含・紀要)  共著・分担

  • どこでもドアとしての陸前高田グローバルキャンパス

    五味壮平

    陸前高田グローバルキャンパス 大学シンポジウム2018 要旨集     111 - 113   2018年03月

    その他(含・紀要)  単著

  • 拡大コミュニティと「思民」についての考察~陸前高田での実践をふまえて~

    五味壮平

    地域デザイン学会第6回全国大会 予稿集     64 - 67   2017年09月

    学会誌  単著

  • 岩大E_codeプロジェクトについて

    五味壮平 越戸浩貴他

    陸前高田大学シンポジウム2017発表論文集     79 - 82   2017年01月

    その他(含・紀要)  共著・分担

  • なぜ陸前高田に通いたくなってしまうのか

    五味壮栄

    2016年度人工知能学会全国大会講演論文集     2016年06月

    学会誌  単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 東日本大震災で大学はどう動いたか 1

    五味壮平 吉田等明 ( 担当範囲: pp.132-135 第2章 第8節 救援物資の調達と配布 ①教員からの呼びかけ:学び応援プロジェクト )

    古今書院  2019年10月

    学術図書

  • 東日本大震災で大学はどう動いたか 1

    八代仁 五味壮平 ( 担当範囲: pp.257-259 第5章 第5節 陸前高田グローバルキャンパス )

    古今書院  2019年10月

    学術図書

  • 東日本大震災で大学はどう動いたか 2

    五味壮平 ( 担当範囲: pp.86-94 第3章 第2節 ①陸前高田市における岩大E_codeの活動と拡大コミュニティ、そして「思民」について )

    古今書院  2019年10月

    学術図書

  • 東日本大震災で大学はどう動いたか 2

    八代仁 五味壮平 井上博夫 ( 担当範囲: pp.252-259 第7章 第2節 陸前高田市&立教大学:陸前高田グローバルキャンパス )

    古今書院  2019年10月

    学術図書

  • 東日本大震災で大学はどう動いたか 別冊

    五味壮平 ( 担当範囲: pp.51 陸前高田に通う理由 )

    古今書院  2019年10月

    学術図書

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ウェブ・コミュニケーションを楽しむ&活用するために

    五味壮平

    岩手大学情報処理センター報告 シグマ ( 岩手大学情報処理センター )  8   21 - 26   2009年03月

    その他  

  • 岩手大学人文社会科学部「イーハトーブ・ミニマム・プログラム」の取組

    五味壮平

    第59回東北・北海道地区大学一般教育研究会 研究収録 ( 第59回東北・北海道地区大学一般教育研究会 )    53 - 57   2009年12月

    その他  

  • ソーシャルメディアのアーキテクチャとコミュニケーションのあり方の関係に関する考察

    五味壮平

    人工知能学会全国大会論文集 ( 人工知能学会 )    2012年06月

    論文に準じたプロシーディング  

  • 岩大E_codeプロジェクトと拡大コミュニティについて

    五味壮平

    現代行動科学会誌 ( 現代行動科学会 )  31   62 - 63   2015年09月

    報告  

  • パネルディスカッション「岩手復興モデルの構築」

    村上清、近藤哲生、南正昭、岩渕明、五味壮平

    第17回地域防災フォーラム 岩手復興モデルの構築 ( 岩手大学地域防災研究センター )  17   34 - 78   2017年03月

    報告  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 特別分科会 「住民・移住者・外部者による主体の再編~災害復興のオルタナティブ?~陸前高田の復興プロセスから」

    口頭(一般)  五味壮平

    日本災害復興学会 岩手大会  (オンライン(陸前高田市から変更)) 

    2021年09月
     
     

    日本災害復興学会

  • テーマセッション「東日本大震災から10年、そして、これから・・・」「陸前高田思民になりたい」

    口頭(一般)  五味壮平

    第38回 現代行動科学会 

    2021年12月
     
     

    現代行動科学会

  • 「岩手県内における地域おこし協力隊の現状と課題」

    口頭(一般)  宮寺翔

    地域活性学会 東日本大震災後10年特別大会  (オンライン) 

    2021年05月
     
     

    地域活性学会

  • 「地元の食を通じて住民の地域創り参入を促す試み」

    口頭(一般)  佐々木伊織

    地域活性学会 東日本大震災後10年特別大会  (オンライン) 

    2021年05月
     
     

    地域活性学会

  • 拡大コミュニティの可能性と災害被災地の持続可能性に関する研究

    口頭(一般)  五味壮平 広田純一

    国際防災・危機管理研究 岩手会議  (いわて県民情報交流センター) 

    2018年07月
     
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 宮沢賢治の文理融合的総合研究 -いのち(生命)・こころ(心象)・うた(詩歌)-

    萌芽研究

    支払支給期間:

    2004年04月
    -
    2006年03月

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 人文社会科学部・五味研究室の「盛岡さんさ踊り」活性化に関する 研究「笑顔の街角プロジェクト」実施支援のため

    寄附金区分:奨学寄附金

    寄附者名称:盛岡さんさ踊り実行委員会  1900年01月

    寄附金額:300,000円

  • 人文社会科学部・五味研究室の「盛岡さんさ踊り」活性化に関する 研究「笑顔の街角プロジェクト」実施支援のため

    寄附金区分:奨学寄附金

    寄附者名称:盛岡さんさ踊り実行委員会  1900年01月

    寄附金額:300,000円

  • 人文社会科学部・五味研究室の「盛岡さんさ踊り」活性化に関する 研究「笑顔の街角プロジェクト」実施支援のため

    寄附金区分:奨学寄附金

    寄附者名称:盛岡さんさ踊り実行委員会  1900年01月

    寄附金額:300,000円

  • 人文社会科学部・五味研究室の「盛岡さんさ踊り」活性化に関する 研究「笑顔の街角プロジェクト」実施支援のため

    寄附金区分:奨学寄附金

    寄附者名称:盛岡さんさ踊り実行委員会  1900年01月

    寄附金額:300,000円

  • 人文社会科学部・五味研究室の「盛岡さんさ踊り」活性化に関する 研究「笑顔の街角プロジェクト」実施支援のため

    寄附金区分:奨学寄附金

    寄附者名称:盛岡さんさ踊り実行委員会  1900年01月

    寄附金額:0円

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 保護猫を新しい飼い主につなぐ取組の推進について ~譲渡希望者を増やす効果的な手法の検討~

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2020年06月
    -
    2021年02月

    研究内容 :

  • 関係デザインによる釜石大観音仲見世商店街の再興

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2020年06月
    -
    2021年02月

    研究内容 :

  • グロキャン・ゼミナール

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2019年04月
    -
    2020年03月

    研究内容 :

    陸前高田グローバルキャンパスで市民と大学関係者による研究をテーマにしたコミュニティを形成する。

  • ソーシャルデザインの実践的教育

    部局経費

    資金支給期間 :

    2018年04月
    -
    2019年03月

    研究内容 :

    岩大E_code(陸前高田応援チーム)の運営
    2012年に活動を始めてから地域の内外のつなぎめになることを目指し、情報誌の作成、コミュニケーションの場づくりなどを展開してきたが、今年度は、地域住民との交流をさらに広げ、深めつつ、陸前高田訪問者を増やすために何ができるかを検討・実践する。

  • 「高田松原津波復興祈念公園」を活用した防災のまちづくりの企画

    全学経費(学長裁量経費を除く)

    資金支給期間 :

    2018年04月
    -
    2019年03月

    研究内容 :

    大学院授業のソーシャルデザイン特論において、高田松原復興祈念公園内の遺構の活用方法や伝承の在り方などについて検討を行う。

    (地域創生モデル構築支援経費)

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 9999年01月
     
     
     

    日本物理学会

  • 2021年05月
    -
    継続中
     

    地域活性学会

  • 2019年08月
    -
    継続中
     

    日本災害復興学会

  • 2017年05月
    -
    継続中
     

    地域デザイン学会

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    人工知能学会

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 1999年01月
    -
    2000年01月

    日本物理学会   領域11 世話人

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • 日本災害復興学会 岩手大会 (2021年09月)

    参加者数 : 150人

  • 国際開発学会 (2019年06月)

    参加者数 : 310人

  • 国際防災・危機管理研究 岩手会議 (2018年07月)

    参加者数 : 300人

  • 陸前高田グローバルキャンパス 大学シンポジウム2018 (2018年03月)

    参加者数 : 150人

  • 陸前高田グローバルキャンパス 大学シンポジウム2017 (2017年01月)

    参加者数 : 180人

全件表示 >>

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • 地域デザイン学会誌 [査読 (2019年10月)]

  • Neural Networks [査読 (2005年12月)]

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2010年度

    「さわやファン POP大賞」プロジェクトの実施(NHK おばんですいわて 2010/10/19)

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: テレビ

  • 2010年度

    「さわやファン POP大賞」プロジェクトの実施(NHK ニュース845 2010/10/19)

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: テレビ

  • 2010年度

    「さわやファン POP大賞」プロジェクトの実施(NHK おはよう日本 2010/10/27)

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: テレビ

  • 2010年度

    「さわやファン POP大賞」プロジェクトの実施(盛岡タイムス 2010/10/13)

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2010年度

    「さわやファン POP大賞」プロジェクトの実施(岩手日報 2010/10/16)

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

全件表示 >>

その他研究活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年度

    国際防災・危機管理研究 岩手会議の実行委員として、陸前高田へのエクスカーションを企画、引率を行った。

  • 2017年度

    日本環境教育学会全国大会エクスカーションのコーディネートを行った(陸前高田市内の視察)。

 

国・地方自治体等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 盛岡市

    委員会等名 : 地域SNS運営委員会

    役職名 : 運営委員

    2007年11月
    -
    2009年03月
  • 盛岡市

    委員会等名 : 広報戦略指針アドバイザリーボード

    役職名 : 座長

    2013年06月
    -
    2014年03月
  • 国土交通省

    委員会等名 : 高田松原津波復興祈念公園 協働デザインワーキンググループ

    役職名 : メンバー

    2014年08月
    -
    2015年07月
  • 大槌町

    委員会等名 : 地方創生総合戦略検討委員会

    役職名 : 委員

    2015年06月
    -
    2016年03月
  • 国土交通省・岩手県

    委員会等名 : 高田松原津波復興祈念公園 協働体制検討ワーキンググループ(およびその関連業務)

    役職名 : 副幹事

    2015年08月
    -
    2018年03月

全件表示 >>

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2021年度 一般社団法人 SET

    指導等の内容 :

    アカデミックボード

  • 2021年度 盛岡市市民協働推進課

    指導等の内容 :

    担い手養成講座 座長

  • 2017年度 高田松原商業開発協同組合との協働プロジェクト

    指導等の内容 :

    井上博夫客員教授とともに授業科目「初年次自由ゼミナール」の一環として陸前高田中心市街地の商業施設、アバッセたかた、および市立図書館関係者へのインタビューを実施し、インターネット上での情報発信を行った。

  • 2017年度 一般社団法人・生命環境産業振興協議会理事(陸前高田)

    指導等の内容 :

    副理事長

  • 2016年度 一般社団法人・生命環境産業振興協議会理事(陸前高田)

    指導等の内容 :

    副理事長

全件表示 >>

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • いわて観光グローバル人材育成講座

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : 観光と地域社会

    2021年11月
     
     
  • いわて観光グローバル人材育成講座

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : 観光と地域社会

    2020年10月
     
     
  • 日本への留学生の陸前高田訪問時の講話

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 陸前高田グローバルキャンパスについて

    2019年02月
     
     
  • 岩手大学シニアカレッジ2018

    種類 : 公開講座

    担当部門(講演題目) : 陸前高田グローバルキャンパスの挑戦

    2018年09月
     
     
  • 岩手大学社会教育主事講習

    種類 : 講習会

    担当部門(講演題目) : 震災復興と地域づくり

    2018年07月
     
     

全件表示 >>

産学官民連携活動 【 表示 / 非表示

  • いわて沿岸とつながる交流会

    実績年度 : 2020年度

    活動区分 : プロジェクト

  • 陸前高田グローバルキャンパス 春呼び祭

    実績年度 : 2018年度

    活動区分 : プロジェクト

  • 地域課題解決プログラム(岩手県県南広域振興局)

    実績年度 : 2017年度

    活動区分 : プロジェクト

  • 地域課題解決プログラム(久慈市)

    実績年度 : 2017年度

    活動区分 : プロジェクト

  • 地域課題解決プログラム(盛岡生活文化研究室)

    実績年度 : 2017年度

    活動区分 : プロジェクト

全件表示 >>

ボランティア・寄与など 【 表示 / 非表示

  • 2015年度

    ボランティア

    陸前高田 気仙町 今泉秋祭り ボランティア

  • 2015年度

    文化の伝承、発展及び創造活動への寄与

    盛岡さんさ踊り笑顔の街角プロジェクトの実施。

    (盛岡さんさ踊り実行委員会企画業務宣伝部会との連携のもとに。)

    盛岡さんさ踊り実行委員会企画業務宣伝部会オブザーバー参加。

  • 2014年度

    ボランティア

    陸前高田 気仙町 今泉秋祭り ボランティア

  • 2014年度

    文化の伝承、発展及び創造活動への寄与

    盛岡さんさ踊り笑顔の街角プロジェクトの実施。

    (盛岡さんさ踊り実行委員会企画業務宣伝部会との連携のもとに。)

    盛岡さんさ踊り実行委員会企画業務宣伝部会オブザーバー参加。

  • 2014年度

    ボランティア

    桜ライン311植樹ボランティア

全件表示 >>

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    陸前高田グローバルキャンパス 
    陸前高田イタルトコロ大学事業 企画実施員会 代表

  • 2020年度

    陸前高田グローバルキャンパス 連続講座(オンライン講座・全12回)
    「震災後、岩手大学が取り組んできたこと」の運営

  • 2020年度

    陸前高田市の若手農家グループ「食と農の森」のことをとりあげた情報誌『たかたる。』を発行し、市内で頒布した。(「ソーシャルデザイン特講」の授業のアウトプットとして。)

  • 2020年度

    陸前高田グローバルキャンパス 
    陸前高田イタルトコロ大学事業 企画実施員会 代表

  • 2019年度

    陸前高田グローバルキャンパス 春呼びの会 2020の準備委員会代表
    (会そのものは、コロナウィルスの流行のために中止)

全件表示 >>

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    理事特別補佐・副学長特別補佐

  • 2021年度

    コンピュータネットワークシステム仕様策定委員

  • 2021年度

    岩手県陸前高田市・岩手大学及び立教大学連携推進協議会・企画運営員会

  • 2021年度

    運営委員会 (部門長)

  • 2021年度

    地域創生部門NEXT STEP工房運営チームミーティング (代表)

全件表示 >>

その他大学運営活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年度

    NEXT STEP工房 運営チーム 代表

  • 2018年度

    NEXT STEP工房 運営チーム 代表

  • 2013年度

    ・アイミニマムの運営

    ・学部ウェブサーバの管理

  • 2012年度

    学部改革推進会議でさまざまな提案を行った。

  • 2012年度

    ・アイミニマムの運営

    ・学部ウェブサーバの管理

全件表示 >>