吉田 等明 (YOSHIDA Hitoaki)

写真a

所属

岩手大学  教育学部  技術教育 

職名

教授

生年

1955年

研究室住所

〒020-8550 岩手県 盛岡市上田三丁目18-33

研究室

吉田研究室

研究室電話

019-621-6534

研究室FAX

ホームページ

http://kilkhor.cc.iwate-u.ac.jp/wordpress/

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

複雑系, 情報工学, 情報学

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1980年03月

    東北大学   理学部   化学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年03月

    東北大学  理学研究科  化学  修士課程  修了

  •  
    -
    1987年03月

    東北大学  理学研究科  化学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  理学博士  1987年01月01日

    学位の分野 : 有機化学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年12月
    -
    1996年03月

    岩手大学   助手   [本務]

  • 1997年04月
    -
    2002年03月

    岩手大学   助教授   [本務]

  • 2002年04月
    -
    2007年03月

    岩手大学   助教授   [本務]

  • 2007年04月
    -
    2014年03月

    岩手大学   情報メディアセンター   准教授   [本務]

  • 2014年04月
    -
    継続中

    岩手大学   教育学部   技術教育   教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    1989年03月

      筑波大学   筑波大学 化学系 技官

  • 1989年04月
    -
    1991年11月

      筑波大学   助手

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 知能情報学

  • 計算機システム

  • 計算科学

おすすめURL 【 表示 / 非表示

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 情報セキュリティ [一般・高校生向け]

    講義の概要

  • 基礎情報工学 [専門家(企業・研究者等)向け]

    講義の概要

  • 情報セキュリティ [専門家(企業・研究者等)向け]

    講義の概要

  • 複雑系概論 [一般・高校生向け]

    講義の概要

  • 複雑系概論 [専門家(企業・研究者等)向け]

    講義の概要

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2002年度

    シミュレーション工学特論

  • 2002年度

    情報基礎

  • 2002年度

    専門英語セミナー

  • 2003年度

    シミュレーション工学特論

  • 2003年度

    情報基礎

全件表示 >>

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2003年度

    卒業研究指導(学部):1人

  • 2004年度

    卒業研究指導(学部):3人

  • 2005年度

    卒業研究指導(学部):2人

    研究指導(修士・主任指導):1人

  • 2006年度

    卒業研究指導(学部):2人

    研究指導(修士・主任指導):2人

  • 2007年度

    研究指導(修士・主任指導):1人

全件表示 >>

FD 研修・教育研究会における発表 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学でのセキュリティ教育と新入生のセキュリティ意識

    教育研究会名 : 平成16年度情報処理教育研究集会

    開催年月 : 2004年11月

  • 岩手大学における遠隔教育の現状とこれから

    教育研究会名 : 平成16年度情報処理教育研究集会

    開催年月 : 2004年11月

  • オンラインコミュニティの未来を考える

    教育研究会名 : 第18回SPERng研究会(教育と地域の情報化を考える研究会)

    開催年月 : 2009年08月

  • 再考・情報倫理

    教育研究会名 : 平成22年度TOPICネットワーク担当職員研修会

    開催年月 : 2010年09月

  • 地域に貢献できる人材を育成する教育プログラムの考案,地域と連携した授業科目の考案

    教育研究会名 : 平成26年度岩手大学・いわて高等教育コンソーシアムFD

    開催年月 : 2014年08月

全件表示 >>

教材作成 【 表示 / 非表示

  • ウィルス対策講習会

    教材種類:メディア教材

    教材年度 : 2003年度

  • セキュリティ講習会

    教材種類:メディア教材

    教材年度 : 2003年度

  • ホームページ講習会

    教材種類:メディア教材

    教材年度 : 2003年度

  • セキュリティ講習会[法律編]

    教材種類:メディア教材

    教材年度 : 2005年度

  • セキュリティ・セミナー[入門編]

    教材種類:メディア教材

    教材年度 : 2005年度

全件表示 >>

学生向けの課外活動・セミナーの実施 【 表示 / 非表示

  • 2014年度

    セミナー,輪読,個別ディスカッションなど。1回3~4時間程度。3月に2回実施。

  • 2015年度

    セミナー,輪読,個別ディスカッションなど。1回60分~3時間程度。4月7回,5月8回,6月9回,7月3回,8月7回,9月3回,10月5回,11月4回,12月7回,1月4回,2月6回。合計63回。

  • 2016年度

    セミナー,輪読,個別ディスカッション,ロボット製作など。1回1~3時間程度。4年生に対して30回実施。3年生に対して20回実施

  • 2017年度

    セミナー,輪読,個別ディスカッション,専門英語演習など。1回2~3時間程度。4年生に対して50回実施。3年生に対して10回実施

  • 2018年度

    セミナー,輪読,個別ディスカッション,専門英語演習など。1回2~3時間程度。4年生に対して50回実施。3年生に対して10回実施

その他教育活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2001年度

    その他

    教養講座の実施「情報技術の4半世紀を振り返って」講師:秋田大学玉本英夫氏

  • 2003年度

    その他

    教養講座の実施「身の回りの不思議と科学」講師:山形大学 田中敦氏

  • 2006年度

    教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項

    社会人の多様な学習スタイルに対応できるように,また,学内の学生のメンタルケアや,ボトムアップ的な学習の為に,教育用SNS(Asster)を立ち上げ,運用・管理を行っている。

  • 2007年度

    教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項

    社会人の多様な学習スタイルに対応できるように,また,学内の学生のメンタルケアや,ボトムアップ的な学習の為に,教育用SNS(Asster)を立ち上げ,運用・管理を行っている。

  • 2008年度

    教材及び授業等で取り入れた特記すべき事項

    (1)アイアシスタントによる履修申告の説明を 情報処理センターの主催する講習会に取り入れ,5回に渡り講習会を実施した。
    また,情報基礎科目の中で,アイアシスタントの利用方法について取り上げた。

    (2)社会人の多様な学習スタイルに対応できるように,また,学内の学生のメンタルケアや,ボトムアップ的な学習の為に,教育用SNS(Asster)を立ち上げ,運用・管理を行っている。

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • カオス・ニューラルネットワークを用いた暗号システム

    研究期間:

    9999年01月
     
     

    研究課題キーワード : 暗号システム、カオス、ニューラルネットワーク

    研究態様: 国内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    計算機システム , 

  • 地域の情報化

    研究期間:

    9999年01月
     
     

    研究課題キーワード : e-地域コミュニティ

    研究態様: 国内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    図書館情報学・人文社会情報学 , 

  • カオス・ニューラルネットワーク

    研究期間:

    9999年01月
     
     

    研究課題キーワード : カオス、ニューラルネットワーク、人工ニューロン

    研究態様: 国内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    知能情報学 ,  計算機システム , 

  • 複雑系

    研究期間:

    9999年01月
     
     

    研究課題キーワード : 複雑系

    研究態様: 国内共同研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    知能情報学 , 

論文 【 表示 / 非表示

  • High-Speed and Highly Secure Pseudo-Random Number Generator based on Chaos Neural Network

    Hitoaki YOSHIDA, Takeshi MURAKAMI and Zhongda LIU

    Proceedings of Papers, ICSSE 2015     224 - 237   2015年07月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

    We have continuously studied on the chaos neural network (CNN) that consists of conventional artificial neurons and generates chaotic outputs. In this paper, a high-speed (more than 300 Gbps) and highly secure novel pseudo-random number generator based on CNN has been reported. The random number generator is expected to apply to a high-speed and highly secure stream cipher.

  • Chaos Neural Network for Ultra-Long Period Pseudo- Random Number Generator

    Hitoaki YOSHIDA, Yukito KON and Takeshi MURAKAMI

    Proceedings ITISE 2017. Granada, 2017   1   102 - 113   2017年10月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

    2100 Chaos Neural Networks (CNNs) with modified 32 bits fix-point arithmetic(i-FPA) have generated the ultra-long period pseudo-random number(PRN) series; the period has reached 10^10494. The rate of PRN generation using the computer mounted the latest GPU (Tesla P100) has been 1.829 Tbps. CNN
    with small perturbation as varying external inputs ID (v-CNN) has changed CNN drastically. 901 v-CNNs have generated the ultra-long period PRN series 10^11052 at ID = 0.001275623 with double-precision floating arithmetic. The rate of PRN generation has been 4.383 Tbps. i-FPA and v-CNN are expected to
    implement a cipher application to protect personal information in a smartphone and other IoT devices.

  • Implementation of High-Speed Pseudo-Random-Number Generator with Chaotic and Random Neural Networks

    H. Yoshida, H. Fukuchi and T. Murakami

    Proceedings of Papers, HICSS53 2020     6418 - 6425   2020年01月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

    Chaotic and random time series generated from improved chaotic and random neural network (CRNN) afford statistically appropriate pseudo-random number series for information security. Randomness of outputs of CRNN is empirically validated in detail, and control methods of an appropriate ratio of chaotic character and randomness in the time series for PRNG is reported. The rate of random number generation has reached 2.8530×10^12 b/s. In future, the generator may play an important role on implementing applications for protecting personal information on the Internet.

  • Fast Stream Cipher based Chaos Neural Network for Data Security in CAN Bus

    Zhongda Liu, Takeshi Murakami, Satoshi Kawamura, Hitoaki Yoshida

    Advances in Science, Technology and Engineering Systems Journal   5 ( 5 ) 63 - 68   2020年09月  [査読有り]

    国際的学術誌  共著・分担

    The Controller Area Network (CAN) protocol is widely implemented due to its high fault tolerance. However, the CAN is a serial broadcast bus, and it has no protection against security threats. In this paper,
    we propose a fast stream cipher based on a chaos neural network (CNN) that is able to generate pseudo-random numbers at a high speed, faster than that of the Advanced Encryption Standard,
    to protect ECUs on the CAN bus by encrypting CAN messages. We discuss the chaotic orbit of the CNN and statistical properties of pseudo-random numbers from the CNN. For a stream
    cipher, it is very important to share the symmetric key. We designed a symmetric key that is shared with ID-based encryption without the need to use digital certificates. We evaluated our method's performance with embedded boards and showed that the stream cipher is efficient for the embedded software of the ECU. Further, it does not need a hardware security module to accelerate the encryption.

  • Non-Attractive Periodic Trajectory Formation Mechanism on Random and Chaotic Time Series

    Hitoaki YOSHIDA and Takeshi MURAKAMI

    Knowledge Innovation Through Intelligent Software Methodologies, Tools and Techniques ( IOS Press )  327   197 - 208   2020年09月

    学術誌  共著・分担

    Pseudo-random number series extracted from chaotic and random time series from the chaotic and random neural network (CRNN) with fixed-point arithmetic has been the focus of attention for protecting the information security of IoT devices. Pseudo-random number series generated by a computer is eventually periodic, practically. The produced closed trajectory is not a limit cycle, because which does not divide the phase space into 2 regions. The closed trajectory in this work is called a non-attractive periodic trajectory (NPT) because it hardly attracts trajectories within the neighborhood. The method of preventing the closed trajectory formation has been proposed on the basis of the NPT formation mechanism in this paper. The method has extended the period of NPT considerably. It is expected to apply security applications for IoT devices.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 情報基礎

    天木桂子,吉田等明,他14名

    (株)学術図書出版社  2006年04月 ISBN: 87361-837-1

    教科書

  • 基礎情報学

    天木桂子,吉田等明,他16名

    (株)学術図書出版社  2002年04月 ISBN: 87361-893-2

    教科書

  • コンピュータネットワーク入門

    吉田等明,梶原昌五,清水茂幸

    岩手大学生協  2000年08月

    教科書

  • 情報リテラシー

    宮本裕,吉田等明,他9名

    技報堂出版  2000年03月 ISBN: 7655-3333-6

    教科書

  • 情報基礎 [第二版] -コンピュータの基本操作と情報活用術-

    天木桂子,井上 祥史,内館道正,遠藤教昭,小野伴忠,木村彰男,白旗学,中西貴裕,原道宏,平原英俊,平山貴司,宮本裕,三好扶,武藤由子,吉田等明,加治卓磨,鈴木健之,本村健太 ( 担当範囲: 3.1,3.2,付録 )

    (株)学術図書出版社  2012年04月

    教科書

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 地震で深まる人の絆 ~盛岡市の地域SNS,モリオネットの活動から

    吉田等明

    季刊「まちづくり」 ( 学芸出版社 )  24 ( 0910 ) 92 - 95   2009年09月

    その他  

  • カオスを用いた擬似乱数生成器の乱数性

    川村暁,吉田等明,三浦守

    石巻専修大学研究紀要 ( 石巻専修大学 )  ( 15 ) 7 - 15   2004年03月

    その他  

  • 組み込み向けCPUにおける数値計算の精度に関する考察

    川村暁,中西貴裕,吉田等明,大関一陽,藤巻和夫,後藤龍司

    石巻専修大学研究紀要 ( 石巻専修大学 )  ( 17 ) 1 - 8   2006年02月

    その他  

  • 人材の宝庫ネットコミュニティ

    吉田等明

    いわて経済同友 ( 岩手経済同友会 )  ( 501 ) 10 - 11   2010年09月

    機関誌  

  • ソーシャルメディアによる東日本大震災時の緊急対応

    吉田等明

    JPNIC News & Views ( 日本インターネットインフォーメーションセンター(JPNIC) )  ( 942 )   2012年03月

    機関誌  

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 頻度検定およびdiehard検定による乱数性の評価-カオスを用いた擬似乱数生成法の乱数性-

    口頭(一般)  川村暁,青柳宏太,村上武,吉田等明,三浦守,丸岡章

    計測自動制御学会東北支部45周年記念学術講演会 

    2009年09月
     
     

  • 新規カオス発生法に関する研究

    口頭(一般)  水野友人,川村 暁,村上 武,吉田等明

    非線形問題研究会 

    2009年12月
     
     

  • 非線形関数の単純化によるカオス・ニューラルネットの挙動の解析

    口頭(一般)  小毛利 徹,衣 海波,中西貴裕,村上 武,吉田等明

    非線形問題研究会 

    2009年12月
     
     

  • アクティブなSNSへ ~活性と活用にむけて~

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  村上文洋,和崎宏,吉田等明,田中美乃里,早瀬公夫

    第7回地域SNS全国フォーラム  (静岡県掛川市 掛川城) 

    2010年09月
     
     

  • 「モリオネットの事例紹介と地域SNSの将来の展望」

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  田中秀幸,牧慎太,中垣篤,吉田等明,小松正明,畑仲哲雄

    第7回地域SNS全国フォーラム  (静岡県掛川市 大日本報徳社大講堂) 

    2010年09月
     
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 最優秀論文賞(システムサイエンスと工学に関する国際会議 (ICSSE-2015))

    2015年08月08日

    受賞者:  吉田等明,村上武,劉 忠達

    カオス・ニューラルネットワークを基にした高速かつ堅牢な疑似乱数発生器に関する研究に対する表彰

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 暗号化システム

    特許

    特願 特願2005-262581  特許 特許第4586163号

    出願日: 2005年09月09日

    登録日: 2010年09月17日

  • カオス生成装置および生成方法並びに暗号作成システム

    特許

    特願 特願2000-209969  特開 特開2002-026897 

    出願日: 2011年07月11日

    公開日: 2002年01月01日

  • カオス・ニューラルネットワークを用いた暗号化システム及び復号システム

    特許

    特願 特願平11-321444  特開 特開2001-144746 

    出願日: 1999年11月11日

    公開日: 2001年05月25日

  • カオス・ニューラルネットワークを用いた乱数生成システム

    特許

    特願 特願2001-272113  特開 特開2003-076272 

    出願日: 2001年09月07日

    公開日: 2003年01月01日

  • カオス・ニューラルネットワークを用いた暗号化システム及び復号システム

    特許

    特願 特願2006-170667  特開 特開2006-259775 

    出願日: 2006年06月20日

    公開日: 2006年09月28日

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 幻の化学結合を有する有機ケイ素化合物の合成

    奨励研究(A)

    支払支給期間:

    1990年04月
    -
    1991年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    1990年度・ 1,000,000円・ 0円

  • GPGPUを用いた超高速疑似乱数発生法に関する研究

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2016年10月
    -
    2019年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2016年度・ 900,000円・ 270,000円

    2017年度・ 1,300,000円・ 390,000円

    2018年度・ 100,000円・ 30,000円

  • 楽譜の音符列から,人間が演奏時に付加する感性情報を推量し演奏テンポを推定する

    基盤研究(C)

    支払支給期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2018年度・ 520,000円・ 120,000円

    2019年度・ 780,000円・ 180,000円

    2020年度・ 260,000円・ 60,000円

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 奨学寄附金

    寄附金区分:奨学寄附金

    寄附者名称:(株)P&Aテクノロジーズ  2012年04月

    寄附金額:750,000円

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 含ケイ素プロペランの合成と構造

    筑波大学学内プロジェクト研究費

    資金支給期間 :

    1991年04月
    -
    1992年03月

    研究内容 :

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • CRNNを用いた暗号化装置の製品への実装

    共同研究実施形態 : 産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態 : その他

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2014年03月
     

    東北大学サイバーサイエンスセンター大規模科学計算システム全国共同利用連絡会議

  • 1985年01月
    -
    2005年01月
     

    米国化学会

  • 1998年02月
    -
    継続中
     

    情報処理学会

  • 2000年06月
    -
    継続中
     

    計測制御学会

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    コンピュータ利用教育協議会

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2014年03月

    東北大学サイバーサイエンスセンター大規模科学計算システム全国共同利用連絡会議   委員

学会活動 1(学会・シンポジウムの主催) 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会非線形問題研究会(NLP) (2009年12月)

    参加者数 : 0人

  • 教育と地域の情報化を考えるシンポジウム SPER99 in Hanamaki (1999年11月)

    参加者数 : 0人

  • 教育と地域の情報化を考えるシンポジウム SPER2000 in Akita (2000年06月)

    参加者数 : 0人

  • 教育と地域の情報化を考えるシンポジウム SPER2001 in Miyagi (2000年11月)

    参加者数 : 0人

  • 教育と地域の情報化を考えるシンポジウム SPER2001 in Yamagata (2001年11月)

    参加者数 : 0人

全件表示 >>

学会活動 2(国際会議などの座長) 【 表示 / 非表示

  • 座長 [日本産業技術教育学会第33回東北支部大会 (2015年12月)]

  • Chair of "Evolutionary Algorithms and Heuristic Search" [The 29th International Conference on Industrial, Engineering & Other Applications of Applied Intelligent Systems (2016年08月)]

  • Chair of "Applied Neural Networks" [The 29th International Conference on Industrial, Engineering & Other Applications of Applied Intelligent Systems (2016年08月)]

  • Chairman of "Advanced mathematical methodology in Time Series" [International Work-Conference on Time Series Analysis (ITISE2017, Granada Spain) (2017年09月)]

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • Proceedings of IEA/AIE 2016 [査読 (2016年08月)]

  • Proceedings of ITISE2017 [査読 (2017年09月)]

  • Proceedings of NOLTA2018 [査読 (2018年09月)]

  • Journal of Advanced Simulation in Science and Engineering [査読 (2019年04月)]

  • Proceedings of NOLTA2019 [査読 (2019年12月)]

全件表示 >>

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 情報倫理を家庭で学ぶための「日めくりカレンダー」です。
    以下から,ダウンロードして利用できるようにしてあります。

    http://kilkhor.cc.iwate-u.ac.jp/sperng/isac/himekuri1.htm

    JAVAスクリプト版や,パワーポイント版もあります。

  • 「楽しくネットを使いましょう」保護者と子どもが一緒に学び,安全に楽しく使うための「約束」を,一緒に話し合って決めてください。

  • 「楽しく活用,安全に活用 インターネット・携帯電話・パソコン・ゲーム機 (利用のヒントと注意)」保護者と子どもが一緒に学び,安全に楽しく使うための「約束」を,一緒に話し合って決めてください。

研究員(受入れ) 【 表示 / 非表示

  • 劉 忠達 氏(中国籍)を客員研究員として受け入れた (

    1人 
    2010年04月
    -
    2011年03月

    )

マスメディアによる報道 【 表示 / 非表示

  • 2010年度

    12月19日付岩手日報
    「会員の輪千人を突破」盛岡市運営の「モリオネット」

    研究として取り組んでいる地域SNS「モリオネット」の成果が報道された。

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2011年度

    4月1日付岩手日報
    「未使用学用品送ろう」SNS会員が活動

    研究として取り組んでいる地域SNS「モリオネット」の成果が報道された。

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

  • 2011年度

    3月27日付Yahoo!ニュース
    トップ記事
    地域SNS活用,学用品支援の輪が全国に

    研究として取り組んでいる地域SNS「モリオネット」の成果が報道された。

    報道区分: 全国報道

    メディア区分: インターネット

  • 2011年度

    3月27日付読売新聞
    被災地へ学用品を

    研究として取り組んでいる地域SNS「モリオネット」の成果が報道された。

    報道区分: 全国報道

    メディア区分: 新聞

  • 2011年度

    3月25日付 洛南タイムス
    被災地の児童に文具品を

    研究として取り組んでいる地域SNS「モリオネット」の成果が報道された。

    報道区分: 国内報道(全国報道を除く)

    メディア区分: 新聞

全件表示 >>

その他研究活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2010年度

    東北大学サイバーサイエンスセンター大規模科学計算システム全国共同利用連絡会に委員として参加し,大型科学計算機の研究利用について討議した。

  • 2010年度

    (株)アドテックシステムサイエンス及び大井電気株式会社と,暗号に関する研究会を7回実施した。

  • 2010年度

    TOPIC盛岡NOC参加組織(岩手医科大学,富士大学,盛岡大学,産業技術大学校,看護短期大学)との間で,コンピュータネットワークに関する共同研究を行った。

  • 2010年度

    SPERng研究会を主宰し,地域の情報化と教育に関する研究を行い,研究会を実施するなどした。

  • 2010年度

    モリオネット(もりおか地域SNS)に関して人文社会科学部 五味准教授らとともに共同で研究を行った。

全件表示 >>

 

国・地方自治体等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 総務省

    委員会等名 : 地域情報化アドバイザ

    役職名 : アドバイザー

    2008年04月
    -
    2016年03月
  • 盛岡市

    委員会等名 : 盛岡市こども科学館協議会

    役職名 : 委員

    2005年04月
    -
    2009年03月
  • 岩手県

    委員会等名 : 情報通信インフラの活用と整備に関する研究会

    役職名 :

    2005年06月
    -
    2005年10月
  • 岩手県関連

    委員会等名 : Wisdom of Iwate Information Super Highway (WISH) 研究会

    役職名 : 会長

    2005年11月
    -
    2006年03月
  • 岩手県

    委員会等名 : 岩手県職員(任期付職員)の選考採用に係わる一次選考論文審査委員及び二次選考面接員(専門知識)

    役職名 :

    2006年02月
    -
    2006年03月

全件表示 >>

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2006年度 アルプスシステムインテグレーション(株)

    指導等の内容 :

    eラーニングについての講演

    セミナー名:ALSI エデュケーションセミナー
    http://www.alsi.co.jp/event/es1.html
    日時:5月19日 12:30開場 17:00終了予定
    来場者:60名
    会場名:イズミティ21 (地下鉄泉中央駅)

  • 2001年度 盛岡市

    指導等の内容 :

    盛岡市情報化基本計画策定ワーキンググループ会議で講演した。「地域情報化の基本的な考え方」

  • 2004年度 CAUA

    指導等の内容 :

    CAUAシンポジウム仙台にパネリストとして参加した

  • 2005年度 (株)ミクニ

    指導等の内容 :

    講演「情報セキュリティと最近のトッピックス」を行なうと共に,IT一般に関する議論を行なった

  • 2008年度 宮古市

    指導等の内容 :

    三陸沿岸地域情報化セミナーにて講演を行った。
    2008年11月28日

生涯学習支援実績 【 表示 / 非表示

  • えさし車座研究会

    種類 : 講演会

    担当部門(講演題目) : 「ITを活用した生涯学習システムの構築」に関する講演及び,議論を行なった。

    2005年01月
     
     
  • 盛岡三高での研究へのアドバイス

    種類 : 出前講義(高校・一般向け)

    担当部門(講演題目) : 数学分野(暗号について)

    2015年07月
    -
    2015年12月

産学官民連携活動 【 表示 / 非表示

  • SPERng研究会第15回研究会

    実績年度 : 2006年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • ふるさと文学ふれあい巡り協議会

    実績年度 : 2009年度

    活動区分 : プロジェクト

  • TOPIC研修会

    実績年度 : 2002年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • SPERng研究会

    実績年度 : 2002年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • ネットワーク連絡会

    実績年度 : 2002年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

全件表示 >>

国際交流活動 【 表示 / 非表示

  • 2005年度

    国際交流事業

    交流機関・事業等名 :留学生支援

    交流内容・受入れ目的・事業の担当内容 :Wikiによる留学生支援
    http://pub.cozmixng.org/~hiki/

ボランティア・寄与など 【 表示 / 非表示

  • 2005年度

    ボランティア

    市教研(盛岡市教育研究会小学校情報教育部会)にCOMMET盛岡の有志と共に講師として参加し、地域情報化に貢献した。

  • 2007年度

    ボランティア

    もりおか地域SNSを活性化させるボランティア組織,ブドリーズを人文社会科学部の五味准教授と共に立ち上げ,月に1回のペースでボランティアの会合を開いている。

  • 2008年度

    ボランティア

    もりおか地域SNSを活性化させるボランティア組織,ブドリーズを人文社会科学部の五味准教授と共に立ち上げ,月に1回のペースでボランティアの会合を開いている。

  • 2009年度

    文化の伝承、発展及び創造活動への寄与

    三陸沿岸地域情報化セミナーを宮古振興局及び岩手県立大学と共催
    平成20年11月28日 キャトル(宮古市)

  • 2009年度

    ボランティア

    もりおか地域SNSを活性化させるボランティア組織,ブドリーズを人文社会科学部の五味准教授と共に立ち上げ,月に1回のペースでボランティアの会合を開いている。

全件表示 >>

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2011年度

    東日本大震災復興支援活動
    学び応援プロジェクト

    人文社会科学部 五味先生,教育学部 梶原先生と協力して進めている。義援物資として学用品を全国から提供を受け,岩手大学へ集積し,仕分け後に県を通じて避難所に送り届けた。かなり大きいサイズの段ボール箱で400箱以上。
    「文部科学省・子どもの学び支援ポータルサイト」に登録し,文部科学省生涯学習政策局政策課と連絡を取りながら配布先を捜した。

  • 2011年度

    東日本大震災復興支援活動
    岩手震災IT支援プロジェクト

    県立大学の村山教授らと協力して,避難所へインターネット接続を提供するなどの復興支援を行うとともに,各組織とのインタフェースの役割を担った。

  • 2011年度

    東日本大震災復興支援活動
    被災地への552台のパソコンの提供

    8月にリース切れとなったPCをIBM社から無償提供を受け,清掃・部品交換・初期設定などを行ったうえで送付した。
    多くの職員の方々の協力の元,1月ほどの作業を要する大プロジェクトでした。


  • 2012年度

    東日本大震災時の被災地の子どもたちへの学び支援に対して,文部科学省生涯学習政策局から感謝状を授与された。

    これは,もりおか地域SNS「モリオネット」での活動の代表として授与されたもので,被災地の子どもたちに対して,ポータルサイト「東日本大震災」を通じて多数の文房具を寄贈し,学びの環境の確保に尽くしたことに対する感謝状である。

  • 2012年度

    学談話会にて市民向けの講演を行った。
    演題:市民の情報を守る暗号アルゴリズム

全件表示 >>

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年度

    教育研究支援施設等業務

  • 2002年度

    教育研究支援施設等業務

  • 2002年度

    教育研究支援施設等業務

  • 2003年度

    教育研究支援施設等業務

  • 2003年度

    教育研究支援施設等業務

全件表示 >>

その他大学運営活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2007年度

    学術情報基盤作業部会(第14回)でのプレゼンテーション
    会議日時 : 3月17日(月) 15:00~17:00
    場 所  : 文部科学省3F2特別会議室 (東館3階)
    発表題名 : 岩手大学 総合情報処理センター
    発表者  : 齋藤 徳美,吉田 等明

  • 2002年度

    IT遠隔地連携システム報告「岩手大学・釜石市 IT遠隔地連携システム」

  • 2003年度

    IT遠隔地連携システム報告「いわて情報ハイウェイを利用したIT遠隔地連携システムの構築」

  • 2004年度

    IT遠隔地連携システム報告「本格的な活用期に入ったIT遠隔地連携システム」

  • 2008年度

    いわて5大学学長会議 事業検討委員会へ委員として参加

全件表示 >>