船越 亮佑 (FUNAKOSHI Ryosuke)

写真a

所属

岩手大学  教育学部  国語教育 

職名

准教授

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 教科書

  • 国語

  • 古典教育

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学

メッセージ 【 表示 / 非表示

  • 本学に所属する前、公私立の中学校・高等学校、また特別支援学校や国際バカロレア認定校など、多種多様な現場で教育経験を積みました。本学では、それを生かしながら、国語科教育や日本古典文学に関する研究に取り組んでいます。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2022年度

    国語科特別演習

  • 2022年度

    国語科教育法Ⅲ

  • 2022年度

    国語科教育法Ⅲ

  • 2022年度

    卒業研究

  • 2022年度

    国文学実地研究

全件表示 >>

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 高等学校国語教科書『古典探究 古文編』教師用指導書

    教材種類:教科書等の執筆

    教材年度 : 2023年度

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 戦後の小学校国語教科書におけるアイヌの言語文化

    船越亮佑

    学芸国語国文学 ( 東京学芸大学国語国文学会 )  ( 55 ) 200 - 208   2023年03月

    学術誌  単著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 北川知子著『日本統治時代・朝鮮の「国語」教科書が教えてくれること』

    船越亮佑

    植民地教育史研究年報   ( 25 ) 132 - 135   2023年03月

    学術誌  

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 宮沢賢治「やまなし」の視覚化について―教科書・絵本・漫画を例に―

    口頭(一般)  船越亮佑

    宮沢賢治いわて学センター第22回研究会  (岩手大学(オンライン)) 

    2023年09月
     
     

    宮沢賢治いわて学センター

  • 「植民地と国語教育」検討会

    口頭(招待・特別)  船越亮佑

    第47回日本植民地教育史研究会定例研究会  (オンライン) 

    2022年06月
     
     

    日本植民地教育史研究会

  • 昭和33年告示の小学校学習指導要領と「説話教材」

    口頭(一般)  船越亮佑

    第142回全国大学国語教育学会春期大会  (東京学芸大学(オンライン)) 

    2022年05月
     
     

    全国大学国語教育学会

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 芳賀矢一が編纂した中等教育の国語教科書に関する基礎的研究

    研究活動スタート支援

    代表者:  船越 亮佑  

    支払支給期間:

    2022年08月
    -
    2024年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2022年度・ 260,000円・ 60,000円

    2023年度・ 650,000円・ 150,000円

 

他大学等の非常勤講師 【 表示 / 非表示

  • 武蔵野大学

    通信教育部「日本文学史Ⅰ(古典)」「古代・中古文学研究」「中世文学」 ( 2023年04月 ~ 2024年03月 )

  • 武蔵野大学

    通信教育部「日本文学史Ⅰ(古典)」「古代・中古文学研究」「中世文学」 ( 2022年04月 ~ 2023年03月 )

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2023年度

    盛岡市教育研究会中学校国語部会 講演者

  • 2023年度

    岩手県高等学校教育研究会国語部会秋季大会 講演者

  • 2022年度

    岩手大学教育学部附属中学校 学校公開教育研究発表会 共同研究者

  • 2022年度

    岩手大学教育学部附属小学校 学校公開研究会 共同研究者