名倉 昌巳 (NAGURA Masami)

写真a

所属

岩手大学  教育学部  理科教育 

職名

特命准教授

研究室住所

岩手県 盛岡市上田3丁目18‐33

研究室

理科教育学

研究室電話

019 621 6561

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

科学的生命概念,誤概念,形成的評価,パフォーマンス評価,

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    兵庫教育大学  連合学校教育学研究科  教科教育実践学専攻 自然系教育連合講座  博士課程  修了

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    大阪教育大学  教育学研究科  実践学校教育専攻  修士課程  修了

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    放送大学  文化科学研究科  環境システム科学群  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 兵庫教育大学 -  博士(学校教育学)  2020年03月22日

    学位の分野 : 教科教育学

  • 大阪教育大学 -  修士(教育学)  2014年03月26日

    学位の分野 : 教育学

  • 放送大学 -  修士(学術)  2007年03月24日

    学位の分野 : 生命環境科学(進化生物学)

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1984年03月

      エミール学園・東大阪英数学院   非常勤講師(数学・理科)

  • 1984年04月
    -
    2021年03月

      大阪市公立中学校   教諭・進路指導主事・学年主任・健康指導部長・新任研修指導担当等

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

      兵庫教育大学連合大学院(後期博士課程のみ)   自然系 理科教育学研究室   大学院生(博士課程)

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

      京都華頂大学   現代家政学部児童学専攻   非常勤講師

  • 2020年04月
    -
    継続中

      佛教大学   教育学部教育学科   非常勤講師

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教科教育学

 

教材作成 【 表示 / 非表示

  • 東京書籍中学校理科教科書第1分野下「エネルギー」単元の評価問題作成

    教材種類:教科書等の執筆

    教材年度 : 2004年度

  • 東京書籍理科資料集(ビジュアルワイド)付録「大阪府版:大阪の自然」企画・編集

    教材種類:教材

    教材年度 : 2007年度

  • おおさか環境科(中学校版「生徒用環境教育副読本」及び「教師用指導書」)第5~10版編集・一部改訂作成

    教材種類:教材

    教材年度 : 2020年度

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 中等教育における生命科学を「進化」で統一的理解を図るカリキュラム編成に関する研究

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2022年03月

    研究課題キーワード : 生命系の統一的理解,遺伝子・種・生態系の多様性,時間的・空間的視点

    研究態様: 個人研究

    研究制度: 科学研究費補助金  

    専門分野(科研費分類)

    教科教育学 ,  進化生物学 , 

    研究活動内容

    日本学術振興会JSPS科学研究費補助金(奨励研究:21H03943)により研究を推進中。

  • 中学校理科「生物」領域における誤概念払拭に資するカリキュラム改善に関する研究

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2021年03月

    研究課題キーワード : 科学的進化概念と誤概念,生物学の統一的理解,生物領域カリキュラム

    研究態様: 機関内共同研究

    研究制度: 科学研究費補助金  

    専門分野(科研費分類)

    教科教育学 ,  進化生物学 , 

    研究活動内容

    日本学術振興会JSPS科学研究費補助金(奨励研究:20H00779)における研究実績報告書,並びに学会誌研究論文(2021年7月)「生物の階層性と系統進化による統一的理解を図る中学校理科カリキュラムの提案」によって成果を上げた。

  • 教職大学院における学習の成果としての報告書にみる教科教育学研究の現状と課題

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月

    研究課題キーワード : 授業評価,教授学習過程,授業研究,学習者(子ども)中心

    研究態様: 機関内共同研究

    研究制度: 科学研究費補助金  

    専門分野(科研費分類)

    教科教育学 ,  教育学 , 

    研究活動内容

    研究代表者(松本伸示:兵教大名誉教授)との共同研究である「形成的評価を加味したパフォーマンス課題を取り入れた授業開発」(『日本理科教育学会全国大会』2017年8月発表,『理科教育学研究』2018年7月刊)は本研究の一部である。

  • 中学校理科における生物進化の指導方略の開発に関する実践的研究

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2014年03月

    研究課題キーワード : 自然選択説,生物進化,逆向き設計,パフォーマンス評価,ポートフォリオ評価,協働的学習

    研究態様: 個人研究

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    教科教育学 , 

    研究活動内容

    下記の学会誌(査読付)原著論文5編(2018~2020年)並びに,博士論文(2020年3月)「科学的進化概念形成を基軸とした理科カリキュラムの開発とその授業実践に関する研究」に発展した。

  • 戦後中等教育における遺伝・進化教育の変遷と,進化論争・教育言説などの時代思潮の影響について

    研究期間:

    2005年04月
    -
    2007年03月

    研究課題キーワード : 進化論,優生学,科学論争,優生保護法・母体保護法,学習指導要領

    研究制度: (選択しない)  

    専門分野(科研費分類)

    進化生物学 , 

    研究活動内容

    放大院生物学研究室(石川統⇒松本忠夫:共に東大名誉教授)における教育史及び進化生物学史研究。その後「生物進化」に関する授業実践に進展,2021年度JSPS科研費奨励研究の一部として研究継続中(2021年8月22日:日本科学教育学会年会発表)

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 小学校理科を教えるために知っておきたいこと:初等理科内容学と指導法

    平田豊誠・小川博士(編著)他8名(分担執筆) ( 担当範囲: 第7章12頁・第14章10頁 )

    東洋館出版社  2022年01月 ISBN: 978-4-491-04722-5

    教科書

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本理科教育学会 研究奨励賞(第30号)

    2020年08月22日

    受賞者:  名倉昌巳

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    日本理科教育学会

  • 2017年07月
    -
    継続中
     

    日本科学教育学会

  • 2016年08月
    -
    継続中
     

    日本心理学会「認定心理士」の会

  • 2020年04月
    -
    継続中
     

    佛教大学教育学部学会

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2021年03月

    大阪市中学校教育研究会理科部専門委員会   専門委員

  • 2015年04月
    -
    2016年06月

    大阪市中学校教育研究会理科部専門委員会   第5ブロック代表幹事

  • 2015年04月
    -
    2016年06月

    大阪府中学校理科教育研究会   理事

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • 理科教育学研究(日本理科教育学会) [査読 (2021年10月)]

その他研究活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2002年度

    全国中学校理科教育研究大会大阪大会において,大阪市各ブロックの代表として,会計協力委員として任務にあたった。

  • 2003年度

    放送大学文化科学研究科における「情報教育論」「総合情報学」「地球環境科学」「生命環境科学Ⅰ」「生命環境科学Ⅱ」「物質環境科学Ⅰ(化学)」物質環境科学Ⅱ(物理学)」等の科目修得と,大阪府教育委員会教育職員検定による資格審査に合格し,「中学校教諭専修免許状:理科」を取得した。

  • 2006年度

    放送大学大阪学習センター修士論文ワークショップにおける副代表として,主に大学院修士課程の院生を対象に大学の教員等を招聘し,修士論文作成方法(文献検索法・先行研究レビュー・サーベイ論文法等)についての講演会を企画・運営した。

  • 2007年度

    放送大学大阪学習センター『修士全科生の集い』において,M1・M2生に論文作成の経験談を発表。論文のコンセプト・文献の調べ方・研究の進め方,特に主査(松本忠夫:東大名誉教授)から指導を受けた「修士論文として認められない判断基準(①既存の研究成果の要約・解説,②単なる事実の羅列,③客観的な事実や根拠のない主張・価値判断,④普遍性が欠ける結論,⑤資料・データの非公開性,⑥公開を前提としない論文)」等について述べた。放送大学大阪学習センター(編)(2007)『みおつくし』第26号,p.16.

  • 2011年度

    東京商工会議所環境社会eco検定試験合格し,eco-people資格取得(登録)。これを契機として,2015~2016年における「環境教育インストラクター」の登録(環境省登録人材認定事業)並びに,その後の地域の環境教育への参画につながっている。

全件表示 >>

 

国・地方自治体等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪市教育委員会

    委員会等名 : 大阪市立学校教科用図書選定委員会

    役職名 : 地区調査委員

    1986年06月
    -
    2011年07月
  • 大阪市教育委員会

    委員会等名 : 大阪市第4ブロック進路協議会

    役職名 : 進路指導主事

    2001年04月
    -
    2004年03月
  • 大阪府(高槻・茨木・摂津・吹田・大阪市)教育委員会

    委員会等名 : 大阪府第2学区(旧)進路協議会

    役職名 : 委員

    2001年04月
    -
    2004年03月
  • 大阪市立中学校教育研究会

    委員会等名 : 大阪市中学校生徒理科研究発表会

    役職名 : 審査委員

    2010年09月
    -
    2020年09月
  • 大阪市立中学校教育研究会

    委員会等名 : おおさか環境科 (環境副)教材編集部会

    役職名 : 編集部会 委員

    2015年07月
    -
    2021年03月

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2002年度 東京書籍関西支社

    指導等の内容 :

    中学校理科教科書編集方針大阪市部会において,新しい理科教科書の在り方についての指導・助言。

  • 2004年度 東京書籍

    指導等の内容 :

    東京書籍編纂の理科教師用指導書における評価問題(エネルギー単元)の作成

  • 2007年度 東京書籍関西支社

    指導等の内容 :

    東京書籍理科資料集付録:「大阪府版:大阪の自然」の企画・編集

産学官民連携活動 【 表示 / 非表示

  • 博学連携ワークショップ(大阪市立自然史博物館)

    実績年度 : 2013年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • 大阪市中学校教育研究会第5ブロック理科部研修会(大阪科学技術館)

    実績年度 : 2015年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • 大阪市中学校教育研究会第5ブロック理科部研修会(ケニス株式会社)

    実績年度 : 2016年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

  • 海遊館連携授業(大阪市環境事業局)

    実績年度 : 2020年度

    活動区分 : 研究会・セミナー等

他大学等の非常勤講師 【 表示 / 非表示

  • 佛教大学

    総合的な学習の時間の指導法(小学校) (

    2020年04月
    -
    継続中

    )

  • 華頂短期大学

    初等科教育法(理科) (

    2020年09月
    -
    2021年03月

    )

ボランティア・寄与など 【 表示 / 非表示

  • 1990年度

    ボランティア

    1992年度まで3年間にわたり大阪市なにわ地区の識字学級へ参加し,毎週1回午後8時から9時まで,地域の在日外国人・未就学の高齢者などに対し,読み書きや算数などを教える活動に従事した。この経験を「人権教育」や「道徳」授業として活用した。

  • 2001年度

    ボランティア

    大阪府豊中市消防団(中部方面隊上新田分団)に再入団し,2003年3月までの2年間(通算8年),市民の生命と財産を守る諸活動(歳末警戒などの地域防犯・防災活動・消防訓練)に参加し,退団にあたっては豊中市長より表彰を受けた。この経験を,佛教大学の「総合的な学習の時間の指導法(小学校)」における「防災学習」として活用している。

  • 2017年度

    ボランティア

    大阪府豊中市の地元自治会役員として2年間にわたり,上新田公民分館運営委員・地域防犯協会上新田支部委員・同会計監査・社会福祉協議会運営委員等も兼務し,秋祭り神輿巡行等の地域の伝統行事,自治会の会計運営等に幅広く関わった。この経験を,佛教大学の「総合的な学習の時間の指導法(小学校)」における「地域や学校の特色に応じた課題」として活用している。

  • 2019年度

    文化の伝承、発展及び創造活動への寄与

    大阪府千里天神社氏子総代会役員(総代)として,春季・秋季例大祭・とんど祭(豊中市無形文化財)等における地域の伝統行事の運営に2年間関わった。この経験を,佛教大学の「総合的な学習の時間の指導法(小学校)」において「地域や学校の特色に応じた課題」として活用している。

  • 2020年度

    ボランティア

    大阪南港野鳥園における海洋プラスチックごみの回収作業に,中学生を引率・参加し,区画限定した種数調査も行った。佛教大学の「総合的な学習の時間の指導法(小学校)」において「横断的・総合的な課題」かつ「地域や学校の特色に応じた課題」の優れた実践事例として紹介している。

全件表示 >>

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2003年度

    大阪府旧第2学区の高等学校と連携し,進学説明会・出前講座等の渉外・企画・運営を担当した。

  • 2010年度

    中学校の学年主任・校内委員会委員長として,近隣地域内における事業所と学・社連携し,「特別活動(職場体験活動・キャリア教育)」・「総合的な学習の時間」の指導を行った。

  • 2015年度

    大阪市立北巽小学校への理科出前授業(紫キャベツ抽出液による酸・アルカリ水溶液の性質調査)を実施。