佐藤 寿仁 (SATO Toshihito)

写真a

所属

岩手大学  教育学部  数学教育 

職名

准教授

研究分野・キーワード

数学教育

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    岩手大学  教育学研究科  学校教育  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学 -  修士(教育学)  2004年03月31日

    学位の分野 : 教育学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    岩手大学   教育学部   数学教育   准教授   [本務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2005年03月

      岩手町立沼宮内中学校   教諭

  • 2005年04月
    -
    2008年03月

      盛岡市立北陵中学校   教諭

  • 2008年04月
    -
    2014年03月

      岩手大学教育学部附属中学校   教諭

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

      宮古教育事務所(岩泉町教育委員会)   指導主事

  • 2016年04月
    -
    2021年03月

      国立教育政策研究所   教育課程研究センター   学力調査官(教育課程調査官)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 数学教育

可能な出前講義 【 表示 / 非表示

  • 数学科教育 [専門家(企業・研究者等)向け]

    講義の概要

    中等教育前期における数学科教育について教育法をお伝えします。特に中学校数学を担当される先生のための教授法や研究方法などを内容としています。学習指導要領を踏まえ明日から使える授業づくりについても紹介します。

  • 初等数学科教育 [専門家(企業・研究者等)向け]

    講義の概要

    初等数学科教育である算数科の教育方法について,実践的な講義をさせていただきます。特に,小学校における教科研究,校内研究に役立つ内容です。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 中学校「資料の活用」の 学習指導の開発研究

    佐藤寿仁

    日本数学教育学会数学教育論文発表会論文集     2009年11月  [査読有り]

    学会誌  単著

    本論文は,平成20年に告示された中学校学習指導要領数学において,新しく追加された「資料の活用」領域におけるカリキュラム開発について研究し,提案したものである。これまでの学習指導要領においては,統計的な処理を主としたカリキュラムであった。しかし,統計的に活用する力を求める学習指導要領(平成20年告示)が告示されたことから,生徒が統計的に問題解決をすることを重視した,思考力を育むための指導過程を開発し,実践からのそのあり方について検証を進め,カリキュラム開発に取り組んだ。新領域「資料の活用」について,数学教育における可能性について考察し,提案した論文である。

  • 中学校数学「資料の活 用」における指導のあり方

    佐藤寿仁

    日本科学教育学会年会論文集     2010年10月

    学会誌  単著

  • 問題解決場面における “傾き”の活用に関する 教材開発

    佐藤寿仁

    日本科学教育学会研究会研究報告     2011年12月

    学会誌  単著

  • 資料の活用「標本調査」 における単元のデザインと実践について

    佐藤寿仁

    統計数理研究所共同研究リポート 260 統計教育実践研究第3巻     2012年03月

    学会誌  単著

  • 「資料の活用」における 自ら判断し,表現する力の育成に関する教材開発

    佐藤寿仁

    日本科学教育学会研究会研究報告     2013年10月

    学会誌  単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 資料の散らばりと代表 値「代表値からどんなことが言えるかな?」

    佐藤寿仁 他

    明治図書  2010年07月

  • 無作為に抽出すること

    佐藤寿仁

    明治図書  2012年06月

    学術著書

  • 資料の活用領域

    佐藤寿仁

    明治図書  2014年03月

    学術著書

  • 中学校 数学 反応率や解答類型を分析しながら理解度を把握し、授業改善に生かす (特集 小学校 国語・算数 中学校 国語・数学 「全国学力調査」を生かした思考・判断・表現力の深め方)

    佐藤寿仁

    総合教育技術  2017年03月

    一般雑誌・新聞への寄稿

  • 数学 解答類型を分析して発問を工夫し生徒が自ら考え、表現する授業へ (特集年間計画に役立つ 「全国学力調査」を生かした授業改善アドバイス)

    佐藤寿仁

    総合教育技術  2018年04月

    一般雑誌・新聞への寄稿

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 東書教育賞最優秀賞

    2014年01月

    受賞者:  佐藤寿仁

    中学校数学「図形領域」領域を取り上げ,生徒が問題解決をする中で,自身の学びをどのように認め,さらに新たに考えてみるなど発展的に考えることについて,問題解決の過程を生徒の姿として具体化し,その際の指導法について,実践的な研究として進めたもの報告した。中学校における1単位時間中の授業において,生徒の数学的活動について場面化をすること,その過程について生徒が振り返ることで自身の学びの変容を自覚し,学びを深めることができることを成果として示した。

  • 読売新聞社主催の教育賞論文(算数・数学部門)優秀賞

    2014年11月

    受賞者:  佐藤寿仁


    本論文は,生徒の学びについて,表面的な技能や知識などお結果のみで評価するのではなく,生徒が問題解決する際の思考やプロセスを大切にした学びを構築することの可能性について研究したものである。ここでは生徒の学びの転移を「学びの自覚化」として定義して,研究を進めた。その際に,OPPA(One Paper Portfolio Assessment)の考え方を用いて,OPPシートを開発し,授業での問題解決に関連させながら,中学校2学年における数学の図形領域「平行と合同」の指導場面での,学びの自覚化について様相について検証した。「学びの自覚化」のが,生徒の思考を深め,生徒の連続的な学びを構築することができることを述べた。

    本論文は,中学校数学において,生徒が探究的に学びを推し進めていく姿を目指し,そのための指導法について実践的に研究を進めたものである。研究のテーマとして,生徒の「学びの自覚化」を取り上げ,学習の過程において,どのように構成・構築されていくかについて具体的に取り上げた。取り上げた学習の題材については,中学校第2学年における「関数」領域の指導場面であり,「2020年の東京オリピックにおける男子100mの記録を予想すること」について,一次関数の考え方を用いて数理的に考察するための指導法について開発した。

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高等学校数学科における「授業研究コミュニティ」の形成に関する研究

    基盤研究(B)

    支払支給期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2019年度・ 6,630,000円・ 1,530,000円

    2020年度・ 4,680,000円・ 1,080,000円

    2021年度・ 6,110,000円・ 1,410,000円

  • 高等学校数学科における「授業研究コミュニティ」の形成に関する研究

    基盤研究(B)

    支払支給期間:

    2019年04月
    -
    継続中

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2021年度・ 500,000円・ 0円

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    日本数学教育学会

  • 2020年04月
    -
    継続中
     

    東北数学教育学会

学会活動 3(学会誌の編集・査読) 【 表示 / 非表示

  • 東北数学教育学会誌 [査読 (2021年11月)]

 

国・地方自治体等の委員歴 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省国立教育政策研究所

    委員会等名 : 全国学力・学習状況調査中学校数学問題作成委員会

    役職名 : 委員

    2013年01月
    -
    2016年03月
  • 公益財団法人教科書研究センター

    委員会等名 : 授業における教科書の使い方に関する調査研究委員会

    役職名 : 委員

    2020年04月
    -
    継続中
  • 文部科学省国立教育政策研究所

    委員会等名 : 全国学力・学習状況調査CBT化検討事業

    役職名 : CBTスーパーバイザー

    2021年04月
    -
    継続中

企業・団体等への指導等 【 表示 / 非表示

  • 2021年度 東京書籍

    指導等の内容 :

    中学校数学における教科書の作成検討

  • 2021年度 東京書籍

    指導等の内容 :

    小学校算数における教科書の作成及び検討

  • 2021年度 東京書籍

    指導等の内容 :

    中学校数学における学力評価問題編集への指導

ボランティア・寄与など 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    ボランティア

    「教科書を活用した深い学びのある授業づくり研究会」の企画,運営。
    教科書を活用した授業づくり研究会を主宰している。この会は,岩手県内外の若手教員数名とともに運営し,主体的・対話的で深い学びの実現のための授業力向上に資する研究である。月一回の開催。

その他社会貢献活動の特記すべき事項 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    秋田県算数数学教育研究会(鹿角大会)全体講演講師

  • 2021年度

    北海道三笠市教育研究所主催小中学校教育研究大会講演講師

  • 2021年度

    長崎県佐世保市中学校数学教育研究会講演講師

  • 2021年度

    日本数学教育学会全国大会(埼玉大会)講習会講師

  • 2021年度

    岩手県算数・数学担当指導主事連絡協議会学習会講師

全件表示 >>