髙田 麻美 (TAKADA Asami)

写真a

所属

岩手大学  教育学部  学校教育 

職名

准教授

研究分野・キーワード

教育史

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2009年03月

    名古屋大学   教育学部   人間発達科学科   卒業

    学校の種別:大学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    名古屋大学  教育発達科学研究科  教育科学専攻  修士課程  修了

  • 2011年04月
    -
    2017年03月

    名古屋大学  教育発達科学研究科  教育科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学 -  学士(教育学)  2009年03月25日

    学位の分野 : 教育学

  • 名古屋大学 -  修士(教育学)  2011年03月25日

    学位の分野 : 教育学

  • 名古屋大学 -  博士(教育学)  2017年03月27日

    学位の分野 : 教育学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    継続中

    岩手大学   教育学部   学校教育   准教授   [本務]

  • 2020年10月
    -
    継続中

    岩手大学   教育学研究科   准教授   [兼務]

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

      日本学術振興会特別研究員(DC2)   日本学術振興会特別研究員

  • 2014年04月
    -
    2020年09月

      帝京科学大学   教職センター   助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    教育の歴史

指導学生数 【 表示 / 非表示

  • 2021年度

    卒業研究指導(学部):2人

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 田中不二麿による教育博物館情報の摂取

    髙田麻美

    教育論叢 ( 名古屋大学大学院教育発達科学研究科 教育科学専攻 )  ( 53 ) 21 - 36   2010年02月

    その他(含・紀要)  単著

  • 愛知県立第一高等女学校実科生の「日誌」について―1916年度における学びと生活

    山下廉太郎、髙田麻美

    教育史研究室年報 ( 名古屋大学大学院教育発達科学研究科教育史研究室 )  ( 16 ) 89 - 135   2010年12月

    その他(含・紀要)  共著・分担

  • 米国百年期博覧会においてデイヴィッド・マレーが収集した海外の教育資料

    髙田麻美

    博物館学雑誌 ( 全日本博物館学会 )  37 ( 1 ) 33 - 50   2011年02月  [査読有り]

    学会誌  単著

  • 愛知県第一師範学校二部生の「日誌」― 一九二九年度における学校と生活―

    髙田麻美、エン・カンセイ、小林優太、張玉婷、宝金華、孔繁博、広川由子、ナランゲレル・ホスエルデネ、小松浩平、山下廉太郎

    教育史研究室年報 ( 名古屋大学大学院教育発達科学研究科教育史研究室 )  ( 18 ) 28 - 102   2012年12月

    その他(含・紀要)  共著・分担

  • 1880年前後における大阪府教育博物館の教育事業

    髙田麻美

    博物館学雑誌 ( 全日本博物館学会 )  38 ( 1 ) 1 - 14   2012年12月  [査読有り]

    学会誌  単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本における近代博物館の成立・展開過程に関する歴史的研究―2014~2015 年度科学研究費補助金研究成果報告書―

    髙田麻美

    帝京科学大学教職センター  2016年03月

    調査報告書

  • 近代日本における博物館機能の形成過程に関する実証的研究―2016~2019 年度科学研究費補助金研究成果報告書―

    髙田麻美

    帝京科学大学教職センター  2020年03月

    調査報告書

  • 「生きる力」を育む 総合的な学習の時間 ―自己創造・社会創造へつながる理論と実践―

    田代高章, 阿部昇 他 ( 担当範囲: 第1章「総合的な学習の時間」の成立経緯と学習指導要領上の変遷 )

    福村出版  2021年04月 ISBN: 9784571101922

    学術図書

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 米国百年期博覧会にてデイヴィッド・マレーが収集した海外の教育資料

    口頭(一般)  髙田麻美

    全日本博物館学会第37回研究大会 

    2011年06月
     
     

  • 1880年前後における大阪府教育博物館の教育事業 ―教育情報の摂取と地域の教育要求に注目して―

    口頭(一般)  髙田麻美

    教育史学会第55回大会 

    2011年10月
     
     

  • 福岡博物館の開設と廃止

    口頭(一般)  髙田麻美

    全国地方教育史学会第35回大会 

    2012年05月
     
     

  • 教育博物館における学校への教育品の貸出 ―東京府立庶民夜学校の「幻燈会」に着目して―

    口頭(一般)  髙田麻美

    全日本博物館学会第38回研究大会 

    2012年06月
     
     

  • 東京教育博物館における学術講義

    口頭(招待・特別)  髙田麻美

    旧制高等学校記念館第17回夏期教育セミナー 

    2012年08月
     
     

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 日本における近代博物館の成立・展開過程に関する比較史的研究

    特別研究員奨励費

    支払支給期間:

    2013年04月
    -
    2014年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2013年度・ 500,000円・ 0円

  • 日本における近代博物館の成立・展開過程に関する歴史的研究―北米との関わりを中心に

    研究活動スタート支援

    支払支給期間:

    2014年08月
    -
    2016年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2014年度・ 1,430,000円・ 330,000円

    2015年度・ 1,300,000円・ 300,000円

  • 近代日本における博物館機能の形成過程に関する実証的研究

    若手研究(B)

    支払支給期間:

    2016年04月
    -
    2020年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2016年度・ 1,560,000円・ 360,000円

    2017年度・ 1,300,000円・ 300,000円

    2018年度・ 1,040,000円・ 240,000円

  • 近代博物館における教育機能の形成過程に関する比較史的研究

    若手研究

    支払支給期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月

    獲得年度・受入金額(円)・間接経費(円)

    2020年度・ 1,820,000円・ 420,000円

    2021年度・ 1,300,000円・ 300,000円

    2022年度・ 1,170,000円・ 270,000円

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • トロント教育博物館の歴史に関する資料収集

    卓越した大学国際拠点に関わる大学院生の国外旅費

    資金支給期間 :

    2013年11月
    -
    2014年03月

    研究内容 :

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本教育学会

  •  
     
     
     

    教育史学会

  •  
     
     
     

    全国地方教育史学会

  •  
     
     
     

    日本教育史研究会

  •  
     
     
     

    全日本博物館学会

全件表示 >>

 

他大学等の非常勤講師 【 表示 / 非表示

  • 富士大学

    学部講義「特別活動論」の非常勤講師 (

    2021年04月
    -
    継続中

    )

 

大学運営活動履歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年度

    研究科自己点検評価委員会